1R4

前回は、一人暮らしの部屋決め家具を置く際の注意点、レイアウトのポイントなどをお話ししました。

今回は、実際に住み始めてから心地よく、快適に、おしゃれに過ごす方法をお伝えしますね!

スポンサーリンク



 

4.いつもいる場所を快適にする

 
①部屋を3分割にする
部屋にいるいろいろな場面を居心地よく快適にしていくためには、まず、寝る・くつろぐ・食べるを三分割していきましょう。部屋で生活する基本的な場面でそれぞれのエリアが明確になると生活に張りや活力(リズム)が出てきます。

食べる時間=リラックス時間という人も多いと思います。

そのような場合は、それらのエリアを1まとめに考えましょう。仕事をする人は、仕事をする机やイスを、寝る場所とは明確に分けておきましょう。

机に向かっている間にベッドが視界に入ってこなければそれでもOKです。ベッドがくつろぐ場という人もいるかもしれません。

そんな時は、朝起きたらベッドに大きいクッションを配置したりして、大きなソファーのように使用するといいでしょう。昼間と夜との用途が明確になるようにすればOKです。

 

1R9

 
②部屋の凸凹を利用する
 

部屋の一部がへこんでいる場合などうまく家具が置けそうなスペースがある場合は、そこに大型家具を一つ置いて一つの機能をもたせるのもいいですね。

たとえば、凹んだスペースにベッドを入れて、そこを寝床にしてしまえば、他の大きなスペースをリラックスや書斎などのエリアに区切りやすくなります。小さな書斎などにしてもいいですね。

アイデア次第で部屋はいくらでも生きてきますので、工夫してみてください。

 
③間接照明で部屋を広く見せる
 

1R10

 

部屋の隅などに薄暗い部分があると、部屋全体の印象が狭く感じられます。それは、脳が明るいところを広さと認識するからです。それ故、光を部屋に行き渡らせ、狭い部屋を少しでも広く見せたいもの。

だけど、夜に強烈な照明で部屋を照らしても、今度は逆に落ち着かなくなり、夜も寝にくくなってしまいます。そこで、夜でも適度な照明で広さを演出し、眠気も妨げない一工夫が間接照明です。

一人暮らしの部屋では、大体いつもいる定位置があるはず。そこはベッドの上だったり、ソファーだったり、居心地のいいイスかもしれません。その脇に、そっと間接照明を置いてみましょう。柔らかな光が部屋全体を包み込み、空間の広がりが出てくるとともにリラックス効果もあり、なんともおしゃれな部屋を演出してくれます。

寝る前の過度な光は熟睡も妨げるので、できたら部屋の蛍光灯は消して、間接照明をいくつか置いて素敵な夜を過ごしたいものです。

スポンサーリンク



 

5.一人暮らしに便利なグッズ

 
①小さなハンディクリーナー
 

狭い1Rで普通の掃除機を使うことは、あまりないと思います。最近よくあるフローリングなんかでは、コロコロのようなもので簡単にゴミやほこりを吸着させて掃除する人が多いです。

でも、やっぱり埃を吸いたい時ってありますよね?特に床がカーペットとかだと、、、そんな時に威力を発揮するのがコレ!

FUKAI 充電式ウェット&ドライハンディークリーナー FC-800
FUKAI 充電式ウェット&ドライハンディークリーナー FC-800

 

こぼした液体も吸い取ってくれて本当に重宝します。充電式のコードレスなので、机の上や家具の隙間、車の中とかを掃除したりといろいろ使えて便利ですね。

 
②つりさげポーチ
 

よく旅行用の便利グッズで出てくるやつです。一人暮らしだと、ユニットバスの割合がとても高いと思うのですが、これさえあれば、ユニットバスの狭い洗面所でもコンパクトに楽々お化粧や朝の支度ができます!

ユニットバスの鏡の横あたりに一つフックを付けるだけなので、誰でも設置ができ、とても簡単です!

 

【Aitaka】 便利! 吊り下げ トラベル ポーチ 旅行 に 最適 洗面 用具 化粧 (ピンク)
【Aitaka】 便利! 吊り下げ トラベル ポーチ 旅行 に 最適 洗面 用具 化粧 (ピンク)

 
③ロープハンガー
 

一人暮らしの部屋だと、ベランダで洗濯物が十分干せなかったりします。また、室内乾燥がついている部屋もそんなに多くはないと思うし、そもそも自分の洗濯物を外に干したくない人もいるハズ。

そんな時はぜひコレを使ってみて下さい!ハンガーがそのままロープに掛けられるので、とっても便利です。

携帯 ハンガー セット (便利な携帯ハンガー 5個, ハンガーストップロープ 1本)
携帯 ハンガー セット (便利な携帯ハンガー 5個, ハンガーストップロープ 1本)

 

ロープも引っかけるところさえあればどこでも設置することができるので、余計な器具などは必要ありません!

 

一人暮らしの部屋のレイアウト まとめ2

 

いかがだったでしょうか?

今回は、部屋に住んでからの快適でおしゃれな過ごし方についてお伝えしました。

また、便利グッズなども必要な人はぜひ試してみてくださいね。便利グッズなどは全く紹介しきれなかったので、また、機会を見て特集しようと思います。

では、一人暮らしの生活を少しでも快適に、おしゃれに、自分らしく

過ごしてみてくださいね!(^-^)

スポンサーリンク



【こちらも合わせてどうぞ!】
一人暮らしの部屋のレイアウト おしゃれで快適に過ごすには?1