// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

バナナが絶滅の危機?林修も驚いたバナナ絶滅の真相とは?

バナナ 絶滅 林修
 

栄養価が高いことでおやつや

非常食でも重宝されるバナナですが、

実は絶滅の危機にあることを

あなたはご存知でしょうか?

 

スーパーでも常に売られており、

全く絶滅する素振りを見せないにで、

にわかに信じがたいですよね。

 

私も正直半信半疑だったのですが・・・

 

調べてみるといくつか

バナナ絶滅の情報が出てきました。

 

一体どういうことなのか?

 

今回はバナナが本当に

絶滅の危機にあるのか?について

確認していきましょう!

スポンサーリンク


バナナが絶滅の危機?林修も驚いたバナナ絶滅の真相とは?

日本国内のバナナ事情

 

まずはバナナについて見ていきましょう。

 

普段何気な〜く食べているバナナですが、

実は品種や産地など、

様々な違いがあります。

 

品種だけで言うと約300種類以上です。

 

あのバナナにこれだけの種類があるなんて、

めちゃくちゃ驚きですね。

 

また日本では生で食べることがほとんどですが、

国によっては調理して食べる所もあります。

 

実は世界で生産されているバナナのうち、

生食用は約40%、調理用は約60%と

意外と調理用のバナナが

多く生産されているのです。

 

そんなバナナですが、

日本ではあなたもご存知の通り、

生食用のバナナがほぼ全てを占めています。

 

そしてこれらのバナナのほとんどは、

フィリピンから輸入されているのです。

 

現在で約85%〜90%ほどが、

フィリピン産だと言われています。

 

だからこそあれだけのバナナを

安く買うことができるのですね。

 

しかし、今回のバナナ絶滅の危機は

このフィリピンも例外ではありません。

 

なぜバナナが絶滅の危機と

言われているのか?

 

次の項目で確認していきましょう。

 

 

バナナが絶滅の危機?林修も驚いたバナナ絶滅の真相とは?

バナナ絶滅の原因はカビ菌??

 

バナナ 絶滅 林修
 

バナナは一度「不治の病」に

かかっていたことがあります。

 

その病気の名前は「パナマ病」です。

 

パナマ病とは

カビである菌類の一種がバナナの栽培地の

土壌を犯すことで、

バナナの木を枯らせてしまう病気です。

 

この菌類の名前は

フザリウム・オキシスポラム

と呼ばれています。

 

実は昔この病気のせいで、

バナナは一度、絶滅してしまっているのです。

 

そこから人間の手によって、

この病気に強い品種を開発し、

無事にパナマ病を克服できました。

 

今日本国内に出回っているのは、

この病気を克服したバナナになります。

 

しかし、今になって

またバナナの木を枯らすカビが

世界中に大流行しています。

 

それが「新パナマ病」

呼ばれる病気です。

 

この病気も前回の「パナマ病」と同じく

バナナの木を枯らしてしまう物です。

 

一度この病気に掛ってしまうと、

治ることは二度とありません。

 

原因はパナマ病と同じ菌類なのですが、

品種改良したバナナでも

感染するほどに強くなって

再度出現しました。

 

なのでバナナの絶滅が

再度危ぶまれているのです。

スポンサーリンク



 

バナナが絶滅の危機?林修も驚いたバナナ絶滅の真相とは?

この調子だとバナナの絶滅は10年後?

 

バナナ 絶滅 林修
 

日本ではあまり話題になっていないですが、

実は「新パナマ病」は着実に

世界中に広がっています。

 

特に影響を受けているのは、

日本にバナナを多く輸出している

フィリピンです。

 

すでにある島の栽培地の

2割ほどが枯れてしまっています。

 

実際にバナナの小売価格も

少しずつ上がっています。

 

「新パナマ病」は感染力が強く、

雨が降った時の泥はねで感染していくので、

瞬く間に病気が広がってしまいます。

 

フィリピンのバナナの栽培地は

大体密集しているので、

より危険ですね。

 

現在の状況だと早くても5年後、

遅くても10年後には

バナナが絶滅すると言われています。

 

では対策法はあるのでしょうか?

 

次の項目で確認していきましょう。

 

バナナが絶滅の危機?林修も驚いたバナナ絶滅の真相とは?

「新パナマ病」は対策が難しい?

 

バナナ 絶滅 林修
 

新パナマ病の元でもある菌類ですが、

殺菌剤に対し耐性があるので、

農薬などでは予防することが困難です。

 

また感染力が強いので

あっという間に広がってしまいます。

 

現実問題、対策することが、

かなり難しい状況です。

 

では泣き寝入りして

バナナを諦めるしかないのか?

 

そこに抗うのが人類ですね。

 

食に対する追求は半端ないです。

 

実は新パナマ病が広がっているのを受けて、

またこの病気に強い品種を

開発している所です。

 

この開発が無事に進めば、

私たちはまたバナナを

食べることが出来ます。

 

しかし、今の技術力だと、

病気には強くなるが、

果実は小さくなってしまうようです。

 

いつも通りのバナナが食べられるように、

この開発が無事に終わるよう

祈るしかないですね。

 

まとめ

 

今回はテレビでも紹介されていた、

バナナの絶滅について紹介しました。

 

バナナは栄養分が豊富なので、

スポーツ界やダイエット界でも

良く食べられているフルーツです。

 

そんなフルーツが絶滅となると、、、

困る人がたくさん出てきますね。

 

今の段階だと対策が難しいようですが、

今の技術の進歩をみると、

将来的に同じようなバナナを

食べる事が出来る日がくる事でしょう。

 

私たちは信じて待つしかないですね。

スポンサーリンク



 

あなたへのオススメ記事はこちら!

夜バナナでラクラク体重減!ダイエットを成功させる方法は?

話題の炭水化物抜きダイエット!方法と気を付けておきたい事とは

食後に眠くならない方法は◯◯を食べる?【この差って何ですか?】

虫歯になりやすい人の原因と対策とは?【この差って何ですか?】

コメントを残す

サブコンテンツ