// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

リーダーシップだけじゃダメ?部下の育成方法に大事な事5選!

部下や人を育成しても皆ヤル気を見せない。

どれだけ熱心に教えてもなかなか身になっていない。

こんな経験はありませんか?

bsCL201_syoruiteisyutu320140830185428_R

 

それはあなたがリーダーシップを、発揮し
すぎているのかも?

部下や人を育てる時、リーダーシップを発
揮するのはとても大事な事です。

「誰よりも先頭に立って仕事をこなす」
この姿勢は勿論大事です。

しかし、部下や人を育てる時は、リーダー
シップ以上に大事な事があるんです!

そこで今回は部下を育成する時に、気を付け
ないといけない事を紹介!

これを取り入れてデキル上司になろう!

スポンサーリンク


部下の育成に大事な事その①

何のための仕事かキチンと伝える

121112_Pleaser_03

画像参照元:http://u0u0.net/pzog

部下の育成に大事な事その①、
「何のための仕事かキチンと伝える」です。

自分達の仕事は一体どういった仕事なのか?

一体どういう流れでお客さんを喜ばせている
のか?

その上で自分達の会社は、何のために存在
してるのかを伝えましょう。

ただ、闇雲に仕事を教えるだけではダメ
なんです。

何の為の仕事なのかを明確にしてあげましょう。

何のための仕事かを明確にしてあげる事で
部下はヤル気を持つことができます。

仕事に対してヤル気を出せれば、部下は
自然と自ら成長していきます。

 
部下の育成に大事な事その②

優先順位をはっきりさせる

0fbb009e6cc1ed6c98633358bc6e9e62

画像参照元:http://u0u0.net/pzom

部下の育成に大事な事その②
「優先順位をはっきりさせる」です。

予め、仕事に対する優先順位を決めておき
ましょう。

例えば接客業なら、1にはお客さんの笑顔を
2には礼儀正しさを、3には仕事の効率を、
と、言ったように優先順位を決めておくんです。

この優先順位を決めておく事で、もしもの
状況でも咄嗟に判断する事が出来ます。

この咄嗟の判断が部下を育てるんです!

部下にとって、ここはどうしたらいいのか?
という場面は、仕事の初めにかなり出てきます。

しかし、咄嗟に正しい判断ができると、そ
れが自信につながります。

自信が出てくると、あなたの予想を遥かに
超えるくらい部下は成長していきます。

部下に自信を持たせる為にも、判断基準を
作ってあげましょう。

スポンサーリンク


部下の育成に大事な事その③

結果ばかりに執着しない

main_R

画像参照元:http://u0u0.net/pzoK

部下の育成に大事な事その③は、
「結果ばかりに執着しない」です。

仕事はどうしても、結果が第一です。

部下に対してもどうしても結果が気になっ
てしまいます。

しかし、それは良くないんです。

結果ばかりに執着しすぎると、部下は仕事
に委縮してしまいます。

勿論、結果を評価する事も大事ですが、その
過程の頑張る姿勢も評価してあげましょう。

 
部下の育成に大事な事その④

どうして?ではなくどうしたら?

maxresdefault_R

画像参照元:http://u0u0.net/pzoS

部下の育成に大事な事その④は、
「どうして?ではなくどうしたら?」です。

部下が何か失敗をした時、「どうしてこう
なったの?」と聞いていませんか?

これ実は、良くない聞き方なんです。

部下は、「どうしてこうなったの?」と、
聞かれると「追い詰められている」と、
感じてしまいます。

結果、「何故こうなったのか?」という
質問に対して言い訳しか言わなくなるんです。

言い訳をしないにしてもダメです。

この言い方だと、質問の矛先は「過去」に
あります。

過去はどれだけ責められてももう起こって
しまった事。

どうする事もできませんよね?

部下が失敗した時は、「どうしたら次、
失敗しないと思う?」という風に聞いて
みましょう。

こう聞く事で、追い詰められてる感を感じ
なくなります。

更に、この質問は、「過去」ではなく
「未来」に矛先を向けています。

「未来」に矛先を向ける事で、よりポジ
ティブな意見が出てくるんです。

 
部下の育成に大事な事その⑤

一度にまとめて怒らない

怒る 上司_R

画像参照元:http://u0u0.net/pzoX

部下の育成に大事な事その⑤
「一度にまとめて怒らない」です。

部下が何かミスをした時、過去の事も含めて
怒っていませんか?

これ、かなり良くありません。

一度に怒る事柄は一つにしましょう。

一度の失敗でいくつも欠点を指摘してしま
うと、部下はあなたに対して不信感しか抱きません。

怒る時は必ず「今」ある事柄だけに絞りましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が部下を育成に大事な事5選です!

部下を育成する時はこれら5つの事柄に
気を付けて下さい!

この5つを気を付けるだけで、部下のあなた
に対する見方がかなり変わる筈!

是非試してみて下さい!

スポンサーリンク


【あなたにオススメの記事】

褒めるのが上手な人の会話テクニック!他人の心理を掴む方法5選

緊張をほぐすとっておきの方法!面接や大事な場面にオススメ!

聞き上手な男の特徴6選!使える会話のテクニックが盛り沢山!

コミュ力が高い人の特徴6選!簡単に人と話すのが楽しくなる!

コメントを残す

サブコンテンツ