// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・後編

前回の

コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・前編

では、ペーパードリップの入れ方の種類や

特徴をメインにお話をさせていただきました。

 

今回は、いよいよ私たちが普段使うには

やや馴染みが薄い感のある、だけれど

とってもスペシャルな入れ方をご紹介しますね。

 

coffee2

 

でもどれも、お店で1度は飲んだことのある

入れ方なのでご心配なく!

 

そして器具さえ揃えれば、瞬く間に

プロ級の美味しいコーヒーも入れられるかも!?

 

それではまず、あの特徴的な形をした

“サイフォン”方式の入れ方を見てみましょう。

スポンサーリンク


コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・後編

その1 サイフォン式
 

ハリオ テクニカ 3人用 TCA-3
ハリオ テクニカ 3人用 TCA-3

 

その昔、といっても30年ほど前でしょうか?

この”サイフォン方式”の喫茶店が相当流行りました。

 

あの形状も素敵だし、何といってもマスターが、

タイミングよくコーヒーをヘラで撹拌する仕草が

たまらなく好きでした!

 

そしてコーヒーが下に落ちてきた時の

 

あの香り!

 

そんなサイフォン方式とはどんな入れ方でしょう?

 

まず、下のフラスコに分量通りの水を入れ、

上のロート部分にコーヒーとフィルターを

セットします。

 

そして下からアルコールランプで温めると、

水が沸騰し、蒸気圧でガラス管を通って

そのままフィルターを通じて上部のコーヒーに

たどり着きます。

 

そこでお湯とコーヒーが混ざり合い、

全体に抽出が行き渡るよう、

コーヒーと混ざったお湯を撹拌します。

 

抽出が十分できた段階でアルコールランプを

除け、温度を下げると、

 

蒸気圧がなくなり、コーヒーがフィルターを通して

下のフラスコに落ちるという仕組みデス。

 

そしてこのフラスコが、

 

そのままコーヒーサーバーとしても活躍する

 

というわけですね。

 

coffee10

 

大体どこの喫茶店でも1杯半はあるので、

なんか得したような、カッコいいような、

優越感に浸れる雰囲気を併せ持っています。

 

誰かの家に行って、こんなコーヒーが

出てきたら、間違いなくソンケーしちゃいますよね!

スポンサーリンク


コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・後編

その2 プレス式
 

ハリオ カフェプレス・スリムS ブラック CPSS-2TB
ハリオ カフェプレス・スリムS ブラック CPSS-2TB

 

プレス式は、別名”フレンチプレス”とも呼ばれ、

フランスでコーヒーの抽出用に開発されました。

 

今ではお茶を入れるのに有名なプレスだけど、

元々は、コーヒー用に作られたのですね。

 

さて、そのプレス式の入れ方ですが、

まずは、器具を温めることから始めましょう。

 

この器の中で蒸らしから抽出まで行うので、

器具が冷たいと、適温(90℃)のお湯が

急激に冷めてしまい、うまく蒸らしができません。

 

器具を温めたら、そこにコーヒーと、

コーヒーが浸るくらいのお湯を入れ、

20~30秒ほどそこで蒸らします。

 

その後、残りの分量のお湯を全部入れ、

3~4分ほど、コーヒーを抽出します。

 

時間が来たら、

 

上から金属のプレス機を押し付けて、

コーヒーを抽出します。

 

coffee9

 

細かいフィルターではないので、若干の

粉っぽさが残るのが特徴です。

 

どうです?簡単ですよね。

 

そしてこのプレス式がその簡単な入れ方

とも相まって、今とても流行っているのです!

 

フィルターを使わない分、豆の成分が

最もよく抽出されると美味しさの面でも

とても見直されています。

 

これなら、自分でも入れられそうですね!

 

では、最後にちょっと初心者には敷居の高い

こちらの入れ方をご紹介しましょう!

 

コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・後編

その3 ネルドリップ方式
ハリオ ろか器 ウッドネック 1~2人用 DPW-1用 DFN-1
ハリオ ろか器 ウッドネック 1~2人用 DPW-1用 DFN-1

 

コーヒー好きが最後にあこがれる入れ方、

そう、このボサッとした風貌の”ネルドリップ”です。

 

ペーパードリップと同じじゃないの?

 

とお思いのアナタ。ペーパードリップとは

 

似て非なる別物なのですよ!

 

では、そこのところをよく見てみましょう。

まず、”ネル”という名前ですが、これは

衣服でもおなじみのあのネルです。

 

服では、中も外も起毛で温かいですよね。

ただ、ここで使用するフィルターは、

 

片方だけ起毛となっています。

 

外側に起毛を出し、抽出されたコーヒーの

滴を優しく受け止めてくれます。

 

そんなネルですが、コーヒーを入れる前に

いろんな準備が必要です。

 

まず、コーヒーを入れる前に、煮沸します。

この時、少しコーヒーの粉を一緒に入れましょう。

 

5分程度行ったら、十分水分を拭きとります。

そして中にコーヒーが十分入れられるよう

手で丸くふっくらと整形しておきます。

 

そこにコーヒーを入れ、細口ポットで

お湯を注ぎます。

 

1湯目は”の”の字を書くように細く、

点滴のようにお湯を落としていきましょう。

そしてペーパーの時と同じように蒸らします。

 

ここでは、

 

コーヒーの膨らみを目で確認して、

膨張が収まったのを確認してから

 

2湯目に行きましょう。

 

coffee8

 

真ん中から少しずつ、細くユックリと点滴のように

注いで行きます。この時、絶対にお湯をネルに

かけないでください!理由はもうお分かりですね。

 

お湯の道を作らないためです。

 

そうしてサーバーに分量のコーヒーが

抽出できたら、ネルの中にまだコーヒーが

溜まっていても、サーバーから外しましょう。

 

最後の方は雑味が多いので、早めに

外した方が、より美味しいコーヒーが

頂けるハズです!

 

コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・後編 まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、あまり馴染みのない入れ方も

あったかもしれません。

 

でも、いろんなコーヒーの入れ方を知っていると、

喫茶店やコーヒー専門店の入れ方が

きっと気になって、様々な種類の入れ方の

コーヒーを飲み比べてみちゃうと思います。

 

見るのも飲むのも楽しいですよね~。

 

これからの季節、ますます美味しくなる

コーヒーを、いろんなところで味わって

みてくださいね!(^_-)-☆

スポンサーリンク



サイフォン

 

【こちらの記事も合わせてどうぞ】

コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・前編

ボジョレーヌーボー相性ピッタシ合う料理の最強メニューはコレ!

集中力を持続させる方法とは?絶対失敗しないコツ伝授【準備編】

集中力を持続させる方法とは?絶対失敗しないコツ伝授【実践編】

かわいい彼女の作り方★クリスマスまでにGETする方法とは?

クリスマスデートの断られない誘い方!これでイブはラブラブだ!

コメントを残す

サブコンテンツ