寒くなってくると、嬉しいことが・・

そう、コーヒーが美味しくなることですね!

 

もちろん夏場でも、いろんな種類の

コーヒーは楽しめるのですが、

 

冬場は特に温かいコーヒーに

身も心も癒されます!

 

今回は、コーヒーブレンドマスター歴

15年の私が、コーヒーの入れ方と

それぞれのシーンに合わせた飲み方を

ご紹介しますね。

 

coffee4

スポンサーリンク


コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・前編

その1 ペーパードリップ

コーヒー好きなら1度は入れたことのある

方法ではないでしょうか?

 

coffee7

 

ドリッパーもプラスチックや陶器製、種類や

色形もいろんなものがあって楽しいし、

 

ドリップ用のペーパーもとても安く売っていて

お手軽です。でも、ペーパードリップと言っても、

その種類がどのくらいあるか知ってますか?

 

有名どころを挙げると、

 

Kalita(カリタ:国産)

Melita(メリタ:ドイツ)

Hario(ハリオ:国産)

Kono(コーノ:国産)

 

これらの4種類は鉄板です。

 

その他にも、金属フィルターや、ペーパーレス

のものなど、数え上げればキリがありません!

そう、実に多種多様なのです。

 

それではまず最初に、この4つの入れ方の特徴から

見てみましょう!

 
①Kalita(カリタ)
 

コーヒードリッパー 102-ロト 陶器製 カリタ
コーヒードリッパー 102-ロト 陶器製 カリタ

 

名前やロゴなど、日本人ならどこかで

見たことがあるというくらい有名ですね。

 

ドリッパーは台形で3つ穴、なので

1つ穴より早くお湯が落ち、比較的

スッキリとした味わいが特徴となっています。

 

まずコーヒーは、分量通り豆を引き、

ドリッパーに仕掛けたフィルターに入れます。

 

次に、粉が平らになるようにドリッパーを

軽くトントン叩き、真ん中を少し窪ませます。

 

お湯は1湯目に真ん中から”の”の字を書く

ように、細くゆっくりとお湯が落ちない程度に

注ぎます。

 

30秒ほど蒸らして、豆が十分膨らんだのを

確認したら、2湯目、3湯目と、やはり中心から

細くゆっくりと注いでいきます。

 

その際、ペーパーフィルターの周りに

お湯がかからないように注意してください!

 

お湯の通り道ができてしまい、コーヒーの

抽出が不十分のまま、お湯が通過して

しまうのを防ぐためです。

 

カリタは最も普及しているコーヒー器具

メーカーなので、プロから初心者まで

誰でも扱いやすく工夫されています。

 

フィルターも専用のものを使ってください。

 

特殊なウェーブフィルターというものを

採用していて、空気の通り道が作られており、

フィルターがドリッパーにくっつくのを

防いでくれています。

スポンサーリンク


②Melita(メリタ)
Melitta 陶器フィルター 【2~4杯用】 オフホワイト メジャースプーン付 SF-T 1×2
Melitta 陶器フィルター 【2~4杯用】 オフホワイト メジャースプーン付 SF-T 1×2

 

こちらもコーヒー好きには有名な

ドイツのメーカーですね。

 

こちらもドリッパーの形は台形なのですが、

穴が1つで、お湯がユックリ落ちるため、

 

ドリッパーの中でじっくり抽出された味わい深い

コーヒーが作れるよう、工夫がしてあります。

 

入れ方の方は、1湯目はカリタとほぼ同じ

ですが、2湯目でコーヒーを抽出するため、

 

最初は細く中央からユックリ注いでいき、

入れる分量までそのまま注ぎ続けて

後は落ちるのを待つだけです!

 

簡単ですね。もっともシンプルに

おいしいコーヒーを淹れるには、

もってこいです!

 
③Hario(ハリオ)
 

ハリオ V60 耐熱ガラス透過ドリッパー 02 1~4人用 ブラック VDG-02B
ハリオ V60 耐熱ガラス透過ドリッパー 02 1~4人用 ブラック VDG-02B

 

こちらは、形状的に面白く、

 

ドリッパーにスパイラルなリブ(溝)があり、

 

ペーパーフィルターは完全な

円錐状のものとなっています。

 

ドリッパーに溝があるということは、

ペーパーフィルターと接着点が少ないので、

 

本来の豆を生かしたネルドリップに近い

 

本格的な味わいを楽しむことができます。

 

1湯目は上記2つと同じ要領でよく、

2湯目、3湯目までで好みの分量まで

お湯を注ぐようにします。

 

注意点としては、くれぐれも

 

フィルターの端の方はお湯がかからない

 

ように気を付けてください!

 

また、お湯を注ぐ速さにより、コーヒーの

味が変わってきます。

 

スッキリとした味わいが好きな方なら

注湯を早く、

 

深く濃い味わいを求めるなら

注湯を細くユックリと注いでみてください。

 
④Kono(コーノ)
 

コーノ式ドリッパー 1~4人用
コーノ式ドリッパー 1~4人用

 

このドリッパーの最大の特徴は、

先ほどのHarioにあった溝が

 

下側だけにあることです!

 

なぜかというと、アクなどの雑味は

浮かせて、本当の旨みだけを

抽出するためなのです!

 

そして、お湯の入れ方も独特で、

ペーパーでは通常必ずある

 

“蒸らし”の時間をとりません!

 

最初は、お湯を点滴のように

中央に注ぎ、そこから白い泡が

出てくるのを確認します。

 

その白い泡はつまりコーヒーの

“アク”なので、これが出てきたら

 

混ぜないようにそのまま少しずつ

細く周りにお湯を注いて行きます。

 

1湯で注ぎきるので、上のアクの泡は

潰さずに、下の方にお湯がたまるようにして、

そこに必要な量のお湯を入れるようにします。

 

ある意味、ペーパードリップの中では

 

イイとこどりの最強ドリッパーとなって

 

いますが、ただ、うまく入れるのには

やはりある程度の熟練が必要となります。

 

コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・前編 まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ペーパードリップの説明だけで前編が

終わってしまいました。

 

それだけコーヒーは奥が深い飲み物なのですね。

 

後編では、また色々な入れ方の方法を

ご紹介しますね。

 

後半のコーヒーの美味しい入れ方はコチラ!

コーヒーが美味しくなる入れ方の種類!特徴別にズバリ解説・後編

 

自分に合ったものはどれか、

まずは興味のあるものから試してみては

いかがでしょう?(^_-)-☆

スポンサーリンク



 

coffee5

 

【こちらの記事も合わせてどうぞ】

集中力を持続させる方法とは?絶対失敗しないコツ伝授【準備編】

集中力を持続させる方法とは?絶対失敗しないコツ伝授【実践編】

かわいい彼女の作り方★クリスマスまでにGETする方法とは?

クリスマスデートの断られない誘い方!これでイブはラブラブだ!

クリスマスデートにおすすめするラブラブスポットは?東海編1