行楽シーズン。

高速道路などを利用して、遠出をする事も多くなってくるんじゃないでしょうか??高速を利用して長距離での運転だと、かなりの疲労が溜まってきますよね?

そこで今回は長距離運転の時に、疲れないコツをご紹介したいと思います!

さらに高速で長距離運転していると覆面パトカーの存在も、気になってくると思います。覆面パトカーの簡単な見分け方をまとめましたので、こちらもご覧下さい。

覆面パトカーをナンバーで判断するのは古い?最新の見分け方6選

スポンサーリンク


長距離運転でも疲れないようにするコツ

長距離運転でも疲れないようにするコツその①

運転の計画をしっかり立てる

20111213171132_R

画像参照元:http://ur0.xyz/p8dD

 

長距離運転でも疲れないようにするコツその①は、「運転の計画をしっかり立てる」です!運転するコースはしっかりと下調べしましょう。目的地まで何時間くらいで着くか?などをキチンと計算しましょう。

その途中で休憩できるポイントがあるはずです。その休憩ポイントを覚えておきましょう。大体運転時間が1時間位になるように、定期的に休憩を取るようにしていきましょう。

疲れない一番のコツは、適度に休憩をとる事。休憩の時は、仮眠を取るなどしても、良いかも知れません。

 
長距離運転でも疲れないようにするコツその②

シートを位置を調節する

11038003406_R

画像参照元:http://ur0.work/p8dO

長距離運転でも疲れないようにするコツその②は、「シートを位置を調節する」です!

シートの位置を調整する事で、自分が運転する時の楽な位置を見つけましょう。

理想の位置は、アクセルを踏み込んだ時に軽く膝が曲がるくらいの位置です。シートに座る時も、出来るだけ深く座るようにしましょう。自分が楽だと思う位置で運転する事が大事です。

 
長距離運転でも疲れないようにするコツその③

しっかりとシートベルトを着ける

7017-00014-1_R

画像参照元:http://ur0.work/p8ef

長距離運転でも疲れないようにするコツその③は、「しっかりとシートベルトを着ける」です!

シートベルトを着用したら、締め付けられるような気がしますよね?そんな締め付け感が嫌な方も多いかと思います。しかし、シートベルトを着用する事で、しっかりとシートに腰を密着できます。

その状態は、運転をする正しい姿勢になるのです。正しい姿勢での運転は長距離運転になるほど、疲れにくくなるんです。締め付けられるのを少し我慢してみましょう!

少しの我慢で長時間疲れない姿勢を手に入れる事ができます。

 
長距離運転でも疲れないようにするコツその④

ハンドルを楽な位置で持つ

1313087956-resize-655-433_R

画像参照元:http://ur0.work/p8ej

長距離運転でも疲れないようにするコツその④は、「ハンドルを楽な位置で持つ」です!

教習所などでは、ハンドルを持つ位置を10時10分の位置で持つように教わったと思います。しかしこの持ち方は実はかなり疲れやすくなる持ち方なんです。

10時10分の位置で持つと、肩が少し上がります。そうなると肩が凝りやすくなり、短時間の運転でもかなり疲れてしまいます。

オススメのハンドルを持つ手の位置は、8時20分の位置です。この位置でハンドルを持つと、肩の位置が下がります。肩の位置が下がる事で腕全体が疲れにくくなるのです。

自分なりの楽な位置を見つけて、その位置でハンドルを持つようにしましょう。

スポンサーリンク


長距離運転でも疲れないようにするコツその⑤

おやつを食べる

チョコ3_R

画像参照元:http://ur0.work/p8ez

長距離運転でも疲れないようにするコツその⑤は、「おやつを食べる」です!

おやつを食べながら運転をする事で、気分をリフレッシュする事ができます。運転においてリフレッシュは疲れない為にも特に大事なんです。

オススメはチョコなどの甘いおやつです。チョコは脳の機能をリフレッシュさせる効果があります。運転に疲れてきたら、適度に食べるようにしましょう。

 
長距離運転でも疲れないようにするコツその⑥

常に一定の速度を保つ

be82aa5f-s_R

画像参照元:http://ur0.work/p8eE

 

長距離運転でも疲れないようにするコツその⑥は、「常に一定の速度を保つ」です!

長距離運転では、早く目的地に着きたいですよね?そのため、速度を出し過ぎてしまうかも知れません。

しかし、飛ばし過ぎてしまうと、運転する姿勢がこわばってしまいます。姿勢が悪くなると、肩を中心に体が凝りやすくなります。さらに、極度の集中力が必要なため、目がかなり疲れやすくなってしまいます。

速度を一定に保つ事で楽な姿勢で運転する事ができ、目も疲れにくいんです。また、速度の出し過ぎはとても危険です。疲れにくくし、安全に運転する為にも、速度は一定を保ちましょう。

 
長距離運転でも疲れないようにするコツその⑦

好きな音楽を聞く

c6ad1afc6c5cfcdc8a6a664288fa668f_R

画像参照元:http://ur0.work/p8eM

長距離運転でも疲れないようにするコツその⑦は、「好きな音楽を聞く」です!

好きな音楽を聞きながらだと、運転する事が楽しくなってきます。運転が楽しくなってくれば、自然と疲れも無くなってきます。

疲れた時用に気分が盛り上がる曲を、CDに焼いておくと良いでしょう。

また、ドライブ中に聞くと気分が上がる音楽をまとめてみましたので、是非参考してみて下さい!

ドライブ中におすすめ!鉄板で盛り上がる音楽を紹介!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このコツを覚えれば長距離運転でも、かなり疲れにくくなるはずです!

疲れた時は事故が発生する確率もかなり上がります。出来るだけ休憩を挟むようにしましょう。

スポンサーリンク


あなたにオススメの記事

運転中に急にくる眠気を吹き飛ばせ!気軽にできる眠気対策8選!

あなたの運転は大丈夫?運転が下手な人に見られる特徴5選!

自動車の運転が上手いと思える人の共通点4点まとめ

車の運転の上達の近道!!運転のコツをまとめてみた!

覆面パトカーをナンバーで判断するのは古い?最新の見分け方6選

ドライブ中におすすめ!鉄板で盛り上がる音楽を紹介!~邦楽編~