車

 

車に乗っていると走行中はもちろん、駐車中も事故に巻き込まれる事がありますね。自分がその場に居てる時はまだ良いですが、最悪なのはその場を離れている時に、いつの間にか当てられていた時です。周りに監視カメラがない場合は、泣き寝入りになる事もシバシバ、、、

そんな時に役に立つのが、駐車中の映像も録画してくれる、ドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーと言えば、走行中の録画をイメージする人も多いですが、最近の物は駐車監視異能が付いている物も増えてきました。

どれだけ役に立つのか?また、気をつける事はないのか?今回は駐車監視機能つきのドライブレコーダーについて見ていきましょう。

スポンサーリンク



 

駐車監視機能と言ってもタイプは様々?

 

駐車監視機能とはエンジンを切った後も周りの風景を録画してくれる機能です。

この機能を持ったドライブレコーダーは基本的にエンジンがオフになると、駐車監視モードに切り替わります。この駐車監視モードですが、大きく分けると以下の3つのタイプが存在します。

 

車

 

① 衝撃感知タイプ

 

その名の通り衝撃を感知すると、録画を始めるタイプです。

簡単に説明すると、他の人の車が当たった衝撃を瞬間的に感知して録画を始める、という事ですね。衝撃がおさまれば、数分後には録画を自動で辞めるので、バッテリーの消耗を抑える事ができるというメリットがあります。

ただ、衝撃を感知した後に録画を始めるので、駐車中の監視という点では、どうしても劣ってしまいますね。

そこで開発されたのが次のタイプです。

 

② モーションセンサータイプ

 

このタイプは車周辺の動きを感知して録画を始める物です。何か動く物が視界に入った瞬間に録画を始めるので、事故の前後を証拠として残す事ができます。証拠能力としては衝撃感知タイプよりも、優れていると言えますね。

ただし、録画をする時間は必然的に長くなりますので、バッテリーの消耗が早いという若干のデメリットがあります。

 

③ 常時撮影タイプ

 

こちらは言わずもがな、常に撮影しているタイプです。証拠能力としては、一番優れていると言えます。正直これができるのであれば、上二つのタイプは必要ありませんね。

ただ、大容量のメモリと電源に常に接続している必要があります。設備を整えることができるなら、常時撮影対応でも良いでしょう。

スポンサーリンク


以上が駐車監視機能のタイプです。

 

駐車監視機能で気をつけたい事

 

基本的な駐車監視機能についてはお分りいただけたでしょうか?

他に気にしなければいけない事はドライブレコーダーのバッテリーについてですね。常に録画できれば良いのですが、さすがにバッテリーの限界があります。現在発売されている物だと、内臓バッテリー型と常時電源型のタイプがあります。

 

車

 

① 内臓バッテリー型

その名の通り、ドライブレコーダーにバッテリーが内臓されており、その電源で録画を行うタイプです。

 

KENWOOD スタンダード ドライブレコーダー KNA-DR300
KENWOOD スタンダード ドライブレコーダー KNA-DR300

 

ただ、内臓バッテリーの容量はそこまで大きくないので、録画時間も30分〜60分と長時間の録画には向いていません。出かけた時の駐車時間は長くないし、普段置いている時は事故の心配がない!という人にはこのタイプでも大丈夫でしょう。

ただ、駐車している時間が長く、事故の可能性も十分にあり得るという人は、次のタイプをオススメします。

 

② 常時電源タイプ

 

こちらは車のバッテリーにドライブレコーダーを直接接続するタイプです。車のバッテリーに接続することによって、長時間の録画を可能としています。

電源コードは各メーカによって、販売されています。

【FineVuシリーズ専用】 常時電源コード FineSafer S [国内正規品、日本語マニュアル]
【FineVuシリーズ専用】 常時電源コード FineSafer S [国内正規品、日本語マニュアル]

 

車のバッテリーを使うにあたって、一つ心配なのが、バッテリー上がりですよね?

そちらに関しては心配ありません。

常時電源タイプの物は、電圧を監視してくれるので、バッテリーが上がる寸前になると、自動的に録画を停止してくれます。なので電源を気にすることなく、駐車中の長時間の録画を行うことができるのです。

ただ、電源コードを直接バッテリーに接続しなければいけないのが面倒ですね。自分で取り付けることもできなくはないですが、、、よっぽど詳しくないと難しいので、自動車工場や買ったお店で、取り付けてもらいましょう。

1万円程度で取り付け作業をしてくれるかと思います。

 

まとめ

 

今回は駐車中のトラブルを防ぐための、ドライブレコーダーを紹介しました。

普段駐車時間が長くない人は、バッテリー内臓型の物で対応し、駐車時間が長くなる人は、常時電源型の物を購入すると言うように、使い分けると良いかもしれませんね!

スポンサーリンク