エスカレーター
 

みんなが知っている常識の違い、特に関東と関西での違いはよくありますね。

所変われば品代わる…という言葉がありますが、場所によって常識の違いが沢山あるのですね。面白いな~と思ったのでちょっと調べてみました。

今日は、関東と関西の常識の違い、エスカレーターについて書いてみます。ちょっとした話題の時に是非使ってみてくださいね。

スポンサーリンク



 

エスカレーターは左に立つのか、右に立つのか

 

関東と関西のこの違いは、皆さんご存知かと思います。

関東は左側に立ち、右側を空け、関西は右側に立ち、左側を空けます。

何故、立つ位置が違うのでしょうか?

東芝エレベーター株式会社や日本エレベーター協会より、エスカレーターを安全に乗るために注意事項があります。この文書を少し調べてみたのですが、その中ではどちら側に立つかという事は書かれていません。


 

安全のための注意書きには危険、注意、禁止の項目にわかれて書かれています。「走らない、手すりに捕まる、黄色い線の内側に立つ」などなど。

こういった項目には何も書かれていないので、特にルールは無いようです。最近は、事故も多く「歩かない」という注意喚起が多くなりました。

しかし、歩く人が非常に多いのが現状です。どうしても片側を空ける雰囲気ができてしまっていますね。

 


出典 http://coconut.chips.jp/1e3ro

 

色々と調べてみましたが、立ち位置のルールが定められてない以上、右側、左側のどちらに立つのか?は正式に決まっていないと考えられます。

ただし、何らかの理由はあるようです

まずはなぜ関西は右側に立つのか?について見ていきましょう。

 

関西ではエスカレーターは右側に立つ

 

日本にエスカレーターが普及し、マナーが提示されたのは、1967年、大阪の阪急梅田駅が移転した時と言われています。急ぐ人のために片側空けを呼び掛けたのがきっかけだそうです。

また、1970年の大阪万博の時には動く歩道が作られ、国際化に対応できるように英国式マナーが導入されたと言われています。エスカレーターのマナーは大阪が発祥なのですね。

では何故右側に立つのでしょうか?

イギリスで伝えられているエスカレーターの乗り方映像があります。それによると、初めてエスカレーターに乗る時の不安な様子が出ています。最初の一歩を恐る恐る踏み出しています。

右足から踏み出すと、右側に重心がずれますね。右側に重心が偏ると「右側に手すりがあった方が危なくない」という理由から右側に立つように言われているみたいです。

また、ロサンゼルスの地下鉄では、右側に立ち、左側を歩くのがエチケットであることを証明する動画が公開されているそうです。英国式のルールを取り入れたので、右側に立つことになったのですね。

当時はそれが自然に受け入れられたのでしょう。

 

では、関東ではなぜ左側に立つことになったのでしょうか?

 

関東では左側に立つ理由は謎??

関西でのエスカレーターのルールは英国に由来している事がわかりました。

では、関東でのエスカレーターの理由ですが、実のところ「よく分かっていない」というのが答えです。

関東では左側に立つのが一般的ですが、定説はわかっていません。自然とこのような形になったみたいです。

考えられる理由としては「右利きの人が多く、手すりを右手でもって登る人が多いから」や「日本の道路では、追い越し車線が右側にあるから」などが言われています。

どれも定かでは無いのですが、日本の国民性なども関係しているかもしれませんね。

 

次に世界のルールについてみていきましょう。

 

世界のルール


出典 http://coconut.chips.jp/1e3ro

 

エスカレーターが全国に普及されてきたのは1980年代~と言われていますが、マナーは特に決まってはいないようです。

世界各地でも決まっているわけではなく、国や首都によっても違いがあるようです。

その違いは以下のとおりです。

 

ロンドン

右側立ち 左側を歩く

ロサンゼルス

右側立ち 左側を歩く

ドイツ

右側立ち 左側を歩く

パリ

右側立ち 左側を歩く

中国

右側立ち 左側を歩く

インド

左側立ち 右側を歩く

マレーシア

左側に立つ 右側を歩く

オーストラリア

左側に立つ 右側を歩く

ニュジーランド

左側に立つ 右側を歩く

 

のようです。

スポンサーリンク



 

日本では大阪は右側に立ち、左側を歩きます。

関東や名古屋・札幌・福岡などは左側に立ちます。

大阪でマナーが発祥して全国へ伝わる時に、関東他では左側に立ちで歩く時は右側になったのは何故なのでしょう。

これは、やはり車の走行にならって普及されたのではないかという説が高いです。結局、ルールは無いようですので、安全を第一に考えていくのがいいでしょうね。

その場所にあった方法で順応していくのが良い事でしょう。

 

動く歩道は歩くものか

入口場所のエスカレーターの通路ローラーを動かすプラットフォーム
 

動く歩道は歩きますか?立ち止まっていますか?

動く歩道は、歩道が動くので立ち止まって乗るのがよいとされています。原理はエスカレーターと同じで、安全面からの考え方です。しかし、歩く人も多いので歩く時は右側を、危険のないように歩く、というのがマナーになっているようです。

動く歩道は、空港などでは大きな荷物を持っての移動になるのでとても便利ですね。ほとんど、歩く人もいないので止まっているのが自然です。


東京駅の京葉線ホームへの乗り換えの通路をご存知ですか?

動く歩道が3つあります。

移動距離が長いので大変助かります。この動く歩道というのは急ぐ場合は、時間の短縮ができますね。

でも、危険なので急いでいる時は気を付けて下さいね。京葉線ホームへの乗り換えでいうと、降りる時に速度が変わらないので、降りた後テンポが崩れてバランスを失いやすいです。歩く時は、少し手前で一旦止まるといいですね。

通勤者が多い所にある動く歩道は、歩いている方のほうが多いので、止まっている方がむしろ危険です。

まわりの状況見てというのがいいでしょうね。


関西では、歩く歩道と呼ばれているように、止まっている人の方が少ないようです。

 

まとめ

エスカレーターの乗り方のルーツを知って、関東人の私ははっきり言ってちょっと驚きです。

マナーの発祥が大阪というのも不思議な感じです。まして、全国に普及する時に変わってしまったのは、もっと不思議ですね。

エスカレーターはもともとは荷物を運搬するために作られたと言われています。人間の移動のために普及した現在、安全第一に事故なく、使っていきたいものですね。

適材適所、その場所にふさわしい乗り方で、柔軟に気持ちよく使っていきましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

面白いなと思ったら是非話題にしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

お薦めの記事

遅刻は百害あって一利なし!癖を治して周りからの信用を回復しよう

お金持ちの人たちが実践しているお金の使い方に必要なこととは!

スタバ12月26日からの新作は『チョコラティクランブルココ』

カウントダウンはスキー場で!2015年の締めはここがお薦め