// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

Xmasは何を食べる?欧米での名物料理・そしてあなたは?


 

もうすぐクリスマスですね。

クリスマスには

どんな料理を食べますか?

 

今日は、世界各地のクリスマス料理に

ついて書いてみたいと思います。

 

クリスマス料理とは、

一般的には

クリスマスパーティで

食べる料理のことをいいます。

 

クリスマス料理で思い浮かべるのは

七面鳥料理や

チキン料理ですね。

 

しかし日本には、

「これがクリスマス料理です」という

決まったものはないようです。

 

あえて多く食べられているものを挙げるなら、

やはり

ロースト・チキンなどのチキン料理ですかね。

 

では、世界のクリスマス料理というものを

一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク


世界のクリスマス料理 イギリス


 

イギリスではクリスマスにどのような料理を

食べているのでしょうか。

 
イギリスで特徴的なのはケーキ。

日本のクリスマスケーキと違って、

真っ黒いようなケーキだそうです。

 

薄力粉をベースに、

卵・酒・ドライフルーツをたっぷり入れ、

ブランデーやバター、

クリームを好みで

かけて食べるのが普通だそうです。

 

クリスマスプディング


 

プディングとは

干しぶどうをはじめとする

ドライフルーツや

砂糖漬けの果物の皮

 

ナッツにスパイスや

ブランデー(またはラム)などを入れ

蒸ケーキで温めたものを食べます。

 

プディングを作るときに

中に指輪や指ぬき、

コインなどを入れて焼きます。

 

自分に切り分けられたプディングに

何が入っているかで、

占いをするところもあるようですよ。

 

指輪=早く結婚できる、

指ぬき=一生独身で過ごす、

コイン=お金持ちになれる、

などの意味があるのですって。

 

面白いですね~

 

ディナー

 

イギリスの代表的なクリスマスディナーは、、

七面鳥料理です。

 


 

スタッフィング(ハーブやスパイスを混ぜたもの)、

クランベリーゼリー、

ローストポテト、茹でポテト、

茹で人参、茹で芽キャベツ、

グレービーソース(肉汁のうまみのあるソース)

 

などを付け合わせていきます。

 

チポラタソーセージのベーコン巻き

 

スクリーンショット-2014-10-24-20.04.25
出典:http://www.dclog.jp/

 

チポラタというのは

親指程度の小さいソーセージ。

それにベーコン巻いて焼いたもの。

 

必ずイギリスのクリスマスディナーには

登場するようです。

 

これは、

キリスト様が、

お生まれになられた時に着ている

産着姿に似ているから

だそうですよ。

 

そしてデザートには

ミンスパイ

 

ミンスパイ

 

もともとは

ひき肉が使われていたそうですが、

現在はリンゴ・柑橘類

ナッツ・スパイスを

パイにつつみ焼き上げる物です。

 

キリスト様の眠るゆりかごが

モチーフだったそうです。

 

 世界のクリスマス料理 フィンランド

リーシプーロ

 

クリスマスの朝に…フィンランドの​ミルク粥“リーシプーロ”

出典 https://chefgohan.gnavi.co.jp/card/detail/2015/

 

日本でいうミルク粥ですね。

 

皮なしアーモンドも一緒に料理します。

 

もし、自分のお皿にこのアーモンドが入っていたら

一年ラッキーな年になるそうなんです。

 

フィンランドはトナカイの肉を

煮込んだ料理に

マッシュポテトを添えるのが

一般の家庭料理だそうです。

 

甘酸っぱい

ベリージャムを添えて

一緒に頂きます。

 

 

世界のクリスマス料理 ドイツ

 シュトレン



 

クリスマスの時には、

よく見かけますね。

 

生地にはドライフルーツやナッツが

練りこまれていて、

表面には砂糖がまぶされています。

 

ドイツでは、クリスマスを待つ間、

少しずつスライスして食べる習慣があります。

 

フルーツの風味などが

日ごとにパンへ移っていくので、

 

「今日よりも明日、明日よりも明後日と

クリスマス当日が段々待ち遠しくなる」と

されています。

 

 

世界のクリスマス料理 アメリカ

ターキー、ポテトやビーンズなどの

野菜などを中心とした料理が

普通なのだそうです。

 

ペパーミントバーグ

ペパーミントバーク
出典 http://cookpad.com/recipe/2444394

 

アメリカでは定番のクリスマスのお菓子。

日本ではあまり知られていないようです。

 

ペパーミントバークとは

 

セミスイートのダークチョコと

ホワイトチョコのレイヤーの上に、

細かく砕いたペパーミント味の

キャンディーケインを

散らしたシンプルなお菓子なのです。

 

鶏の丸焼き

 


 

やはり

定番はターキー。

バーンと1羽、丸焼きします。

 

日本では、

ほとんど見かけることのない

 
ターキーですが、

 
クリスマスの定番料理です。

スポンサーリンク



もう一つは

ハムの固まりを、

オーブンで丸ごと焼いて、

2−3センチの厚さに

スライスして、ステーキのようにして食べる

ハム。

 

そしてローストビーフ

 

日本でも、浸透していますよね。

ハムと同様に牛肉の塊(かたまり)を

オーブンでじっくり焼き上げて、

好きな厚さにスライスして

メイン料理として食べます

 

大きな肉の塊を

オーブンで、時間をかけて焼く

事が、特徴です。

 

ダイナミックですね!

日頃の料理は

手を抜いていても

クリスマスにはたっぷりと

時間をかけて料理を

料理をするのだそうです。

 

どの料理も、オーブンに入れてから

 
2−3時間かかります。

 

下準備も必要です。

オーブンにいれて、

出来上がりを待っている間に

 

副菜や添え物の準備もしています。

アメリカは多民族の国です。

自分のルーツがどこか

 
ご先祖さまの出身がどこか?

 

それによっても、

クリスマスの献立は

 
ずいぶん違うようです。

 

クリスマスケーキは、

日本のような

デコレーションケーキではなくて

フルーツケーキのような

素朴なケーキなのだそうです。

 

クリスマスは収穫を感謝する冬至のお祝い

 

今日は、4か国の代表的な

料理をご紹介しました。

 

メイン料理は

それぞれの家庭の料理

なので

その地方に伝わっている

名物料理が出てきます。

 

クリスマスのもとになっているのは、

収穫を感謝する冬至のお祝いなのだそうです。

 

クリスマス当日

家族や友人同士が集まって

楽しく会食し、

厳しい冬に備えて

体力を蓄えることが目的だったようです。

 

そのため、世界には

その国の伝統的な料理が

クリスマスの料理になっているのだそうですよ。

 

日本のクリスマス

 

クリスマスとは、

イエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の祭日で、

12月25日がこれにあたります。

 

クリスマスが日本に伝わったのは1549年。

 

フランシスコ・ザビエルが日本に上陸した年に

最初のクリスマスが祝われたと

考えられています。

 
クリスマスの風習が広まったのは、

明治以降のことになります。

 

それまでは、

教会や在日外国人たちによって

クリスマスのお祝いが催されていたそうです。

 

大々的に

クリスマスを行事として

行い始めたのは

1900年に

明治屋が銀座進出した後からだそうです。

 

そのころから

クリスマス商戦が始まったようです。

 

そして

一般家庭でもクリスマスを

祝うようになってきたのですね。

 


 

洋菓子店では

クリスマスケーキを販売。

 

街中では

街路樹に豆電球が飾り付けられ、

 

一般家庭でも、庭木や壁などに飾りつけをして

賑やかになった日本のクリスマス。

 

宗教的行事からは

だいぶ遠のいていますが

国民的行事になってきています。

 

家庭でというよりも

みんなでクリスマスを祝う

方が多いようですね。

 

まとめ

もうすぐクリスマス

今年はどんなクリスマスを

迎えますか?

 

ご家庭で

職場の同僚と

カップルで

親しい仲間と

 

楽しみ方はいろいろ

ありますね。

 

料理も

特にこれという決まりは

ないようですので

その場の雰囲気で

美味しいものを

食べてくださいね。

 

スポンサーリンク



お薦めの記事

冬至に食べるとよいかぼちゃ!簡単で美味しい保存のできるレシピ

お酒を飲み過ぎた翌日に!二日酔いにいい食べ物や飲み物アレコレ

カウントダウンはスキー場で!2015年の締めはここがお薦め

女性必見!今日から実践できる冷え対策 冷やさない身体をつくろう

コメントを残す

サブコンテンツ