// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

ゴボウは便秘改善だけじゃない?食物繊維に期待できる様々な効果

ごぼう 食物繊維

 

ゴボウと言えば食物繊維の

イメージがありますね。

 

 

なのでゴボウを積極的に

食べる目的として、

便秘改善という人も多いかと思います。

 

あの何とも言えない食感と

かすかに香る土の匂いに

病みつきになる人も多いですね。

 

そんなゴボウですが食物繊維以外にも

様々な効果がある事をご存知でしょうか?

 

便秘の人にはもちろん適していますし、

実は便秘改善以外の効果も期待できるのです。

 

便秘の人のにとっての救世主であるゴボウの

様々な効果について確認していきましょう。

スポンサーリンク



 

ゴボウは便秘改善だけじゃない?食物繊維に期待できる様々な効果

ゴボウの食物繊維は非常に優れている?
 

これまで何気なく食べているゴボウですが、

実は食物繊維を取る為の食材として、

ゴボウは非常に優れていると言われます。

 

その理由は食物繊維には

「水溶性食物繊維」

「不溶性食物繊維」

2種類が存在している事が

関係しています。

 

 

ゴボウは便秘改善だけじゃない?食物繊維に期待できる様々な効果

「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」とは?
 

 

水溶性食物繊維とは

水に溶ける食物繊維の事を言い、

不溶性食物繊維とは

水に溶けない食物繊維の事を指します。

 

それぞれの違いは以下の通りです。

 
水溶性食物繊維
 

・水に溶ける事で粘性があり、

保水性が高い。

 

・腸内に存在する善玉菌のエサになり、

腸内環境を整える。

 

・ゲル化する事で脂肪や糖分を

絡め取る事ができる。

 

 
不溶性食物繊維
 

・水に溶けない。

 

・水を吸収すると数倍に膨れ上がる。

 

・腸内の便を絡め取る事ができる。

 

 

食物繊維を摂取する時は

これらのバランスを考える必要があります。

 

そして食材に多く含まれているのは、

不溶性食物繊維の方です。

 

なので水溶性食物繊維の摂取量が

少なくなりがちなので、

食物繊維の良さを最大限発揮できません。

 

しかしゴボウはこの両方の食物繊維を

バランスよく含んでいるのです。

 

だからこそ食物繊維を取るには

ゴボウが一番適していると言えるのです。

 

では実際にこれらの食物繊維は

どのような効果をもたらすのでしょうか?

 

次の項目で確認していきましょう。

 

ゴボウは便秘改善だけじゃない?食物繊維に期待できる様々な効果

食物繊維がもたらす様々な効果とは?
 

食物繊維で一番代表的な効果は

便秘の改善ですね。

 

食物繊維は実は体に吸収される

栄養素ではありません。

 

なので口から摂取すると

そのまま消化管を降りていき、

体外に排出されます。

 

なぜ食物繊維を取ると

便秘が改善されるかと言うと・・・

 

食物繊維を摂取すると

早く体外に排出しようと

体が反応します。

 

その為、腸の運動が刺激され、

腸にたまった便の排出も

一緒に促されるのです。

 

しかも食物繊維は溶けずに

体内を移動するので、

腸内の物質を絡め取りながら、

体外に排出されます。

 

この事が便秘を改善する

効果をもたらすのです。

 

そして食物繊維は便秘改善だけでなく、

様々な副次効果に期待できるのです。

 

代表的な物は以下の通りです。

 

 
ダイエット効果
 

食物繊維は水分を含むことで、

ゲル化する作用を持っています。

 

このゲル化した食物繊維は

人の脳に満腹感をもたらすので、

食べ過ぎを防止できるのです。

 

さらにゲル化した食物繊維は、

余分な脂肪を吸着して、

体外に一緒に排出されます。

 

ただ単に便の排出を促すだけでなく、

脂肪のコントロールをする

効果もあるのですね。

 

またこの作用がコレステロールの低下や

中性脂肪の低下にも期待できます。

 

結果的に動脈硬化などの

生活習慣病を予防できるのです。

 

 
血糖値の上昇を防ぐ
 

食物繊維がゲル化すると、

当分の吸収も抑える効果が期待できます。

 

なので食事をした時の

急激な血糖値の上昇も

抑えることができるのです。

 

その為糖尿病の人にとっては

改善を期待できる食材と言えます。

 

もちろん健常人にとっても

糖尿病予防ができる優れた食材です。

スポンサーリンク


大腸ガンを予防できる
 

腸内に便が残り続けていると、

発がん性物質が分泌されます。

 

食物繊維は何度も紹介していますが、

腸内に溜まった便を絡め取り、

体外に排出してくれます。

 

なので結果的に

発がん性物質の分泌を抑え、

大腸ガンになるリスクを下げてくれるのです。

 

また食物繊維は腸内で

善玉菌のエサになると言われています。

 

善玉菌は免疫機能に関わっているので、

食物繊維が多く含まれる食材を食べると、

腸内の免疫機能の改善も期待できるのです。

 

————————————————————

 

ゴボウの食物繊維に

これだけの効果があるなんて驚きです。

 

私は今まで便秘だけに

効果があると思っていました。

 

あなたも同じではないでしょうか?

 

これまで便秘の改善を期待して

ゴボウを食べていたあなたは

様々な恩恵を受けていたのですね。

 

最後に食物繊維の取り方についての

注意を見ていきましょう。

 

ゴボウは便秘改善だけじゃない?食物繊維に期待できる様々な効果

食物繊維は取りすぎに注意?
 

食物繊維は非常に優れた成分ですが、

実は取りすぎるとかえって

体に悪い影響を与えてしまいます。

 

注意してほしい点は以下のとおりです。

 
水分不足に陥る?
 

食物繊維は水分を吸収する

性質を持っています。

 

食物繊維を大量に摂取すると

水分とのバランスが崩れてしまい、

本来の食物繊維の効果が

発揮できなくなるのです。

 

食物繊維が水分を吸収できないと、

腸などには余分に負担をかける事になり、

便秘や下痢などに繋がる恐れがあるのです。

 

また体内の水分の量が減ると、

血圧の上昇やふらつきなど、

直接的な悪い影響も出てきます。

 

そういった事を防ぐ為にも、

食物繊維を摂取する時には

水分も一緒に摂るようにしましょう。

 
食物繊維を摂りすぎる事で、必要な成分も出て行く?
 

食物繊維は便など

老廃物の排出を促しますが、

その中にはどうしても必要な成分も

含まれてしまいます。

 

適量なら問題ないのですが、

食物繊維を過量にに摂取すると、

必要以上の栄養素も体外に排出され、

健康が損なわれる可能性があります。

 

食物繊維の1日摂取量は

男性(18歳以上)・・・19g以上

女性(18歳以上)・・・17g以上

と言われています。

 

ごぼうには100gあたり6.1gの

食物繊維が含まれていますね。

 

さすがにごぼう300g以上を

食べる事はないと思いますが、

食物繊維に偏る食生活は

避けた方が良いのです。

 

 

まとめ

 

食物繊維の効果は

意外と多かったですね。

 

便秘改善効果を期待していたあなたなら

これからもっと食べたくなったのでは?

 

私もこれだけ良い効果があるなら、

これから意識して食べていきたいですね。

スポンサーリンク



 

オススメ記事はこちら!

ホホバオイルはお肌の味方?万能過ぎる効果や使い方を大公開

猫の可愛さにもうメロメロ!私達が可愛いと思うその理由とは?2

エゴマ油が健康に良いと話題に!驚愕の効能や最適な食べ方とは?

プチ断食は究極のダイエット方法?そのやり方や効果を徹底解説!

コメントを残す

サブコンテンツ