// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

押井守監督が新作アニメを発表!これまでの作品もおさらい!【後編】

押井守監督の新作アニメが

2017年の公開されるとの事なので、

これまでの作品をおさらいしてきました!

 

押井守監督が新作アニメを発表!これまでの作品もおさらい!【前編】

 

前編は古いものも多いですが、

あなたはいくつ知っていましたか?

 

まだまだ押井守監督の作品はあるので、

後編でもどんどん確認していきましょう!

スポンサーリンク



 

1990年 Maroko / 麿子

MAROKO 麿子 [DVD]
MAROKO 麿子 [DVD]

 

こちらの作品は押井守監督の

脚本・原作のOVAである

「ご先祖様万々歳!」を

監督自ら劇場用に構成した作品です。

 

意外と過激な内容になっているので、

見た人はびっくりするかもしれないですね。

 

非常に気になる作品なので、

一度は見てみたいと思います。

 

1993年 機動警察パトレイバー The movie 2

 

EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]

 

劇場版1作目に続いて、

2作目も押井守が監督をしています。

 

1作目よりもさらに押井守監督の思想が

反映されているので、

一部では物議をかもした作品でもあります。

 

 

1995年 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

 

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 新劇場版 / GHOST IN THE SHELL: NEW MOVIE
GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 新劇場版 / GHOST IN THE SHELL: NEW MOVIE

 

攻殻機動隊の漫画の1巻を原作とした、

劇場用アニメ映画です。

 

世界的にも大ヒット作品となり、

アメリカのビルボード誌では、

ビデオ週間売上げ1位にもなりました。

 

 

2000年 人狼 JIN-ROH

 

人狼 JIN-ROH [Blu-ray]
人狼 JIN-ROH [Blu-ray]

 

押井守監督の代表作である、

「ケルベロス・サーガ」の

1作目といわれる作品です。

 

押井守監督らしいと作品と言いますか、

残虐描写が多い作品なので、

PG-12に指定された映画です。

 

キャラクターのデザインなどにも

非常にこだわっているので、

押井守ワールドを体験できる作品ですよ。

 

2002年 ミニパト

ミニパト [DVD]
ミニパト [DVD]

 

 

機動警察パトレイバーの劇場公開版と

同時公開された押井守監督の作品です。

 

元々はアニメの特典として

作成していましたが、

気がついたら劇場公開まで

漕ぎ着けた作品ですね。

 

この作品では押井守監督の

「パタパタアニメ」という手法が

用いられている事が特徴です。

スポンサーリンク



 

2004年 イノセンス


 
イノセンス スタンダード版 [DVD]
イノセンス スタンダード版 [DVD]

 

この作品は1995年に公開された

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の

続編として製作されました。

 

前作から約9年経ってからの続編ですね。

 

元々は「攻殻機動隊2」というタイトルでしたが、

スタジオジブリのプロデューサーにより、

「イノセンス」というタイトルになりました。

 

前作がアメリカでも大ヒットした事から、

今作もアメリカで公開されています。

 

2008年 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 [Blu-ray]
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 [Blu-ray]

 
この作品は1995年に公開された

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」を

CG映像を中心にリメイクした作品です。

 

ストーリはほぼ変わりないですが、

最新技術を用いることにより、

前作よりも迫力のある映画として

仕上がっています。

 

2008年 スカイ・クロラ The Sky Crawlers

スカイ・クロラ [DVD]
スカイ・クロラ [DVD]

 

スカイ・クロラは森博嗣の小説を

原作として製作されました。

 

映像化は難しいのではないか?

とのことで押井守監督も

オファーを断ったのですが、

少し考え直した後に、

仕事を引き受ける事にしたようです。

 

押井守監督自身は

「これが成功しなかったら辞める」

と語るほど気合を込めた作品です。

 

結果としては数々の賞を受賞しており、

原作者の森さんも

「気に入ってる」と話している事から、

成功したと言っても良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

数々の名作を押井守監督は

残していますね。

 

2017年に公開される新作アニメも

短編ではありますが期待できるかと思います。

 

今回はアメリカだけの放送になりますが、

日本でもいつか公開される事を

密かに祈っておきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ