// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

大根の季節がやってきた!!冬の野菜大根の驚きの効果を紹介します!

resize.php_2

 

冬の名物、おでんやお鍋!

 

これらによく使われる食材といえば何でしょうか?

 

そう!

大根ですね!

 

大根は一年草なので

いつでも食べる事ができますが、

旬は意外にも冬になるのです。

 

冬の大根は甘みがぐんと増して

美味しく食べる事ができるのです。

 

野菜としては一般的な大根ですが、

実は昔は薬の代用だった事はご存知でしょうか?

 

食べる万能薬とも言われた大根は

薬が少なかった時代には重宝されていました。

 

今でもバカにはできない効果があります!

 

今回はそんな大根の効果、

そして一番大根を食べる時のポイントを

紹介していきます!

 

スポンサーリンク


 

大根の季節がやってきた!!冬の野菜大根の驚きの効果を紹介します!

大根を食べるとどんな効果がある?
 

大根は豊富な栄養素を含んでいます。

 

その代表的な栄養素とは下記の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジアスターゼ

ビタミンC

ビタミンA

カルシウムなど

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

想像以上に多くの栄養が含まれていますね・・

 

それぞれどんな効果があるのでしょうか?

 

次の項目から見ていきましょう!

 

大根の季節がやってきた!!冬の野菜大根の驚きの効果を紹介します!

ジアスターゼ
 

ジアスターゼはデンプンやグリコーゲンを

分解石、「糖」に帰る消化酵素の一つです。

 

別名アミラーゼとも呼ばれています。

 

 

唾液にも含まれており、

ご飯を噛み続けると甘くなってくるのは

この酵素が作用しているからなのです。

 

胃腸の働きを助ける作用もあり、

消化不良などにも効果があります。

 

胃もたれや胸焼けも予防してくれますね。

 

実は多くの胃腸薬にも

「ジアスターゼ」という名前で

配合されているのです。

 

また食欲増進作用もありますので、

風邪などで食事から栄養が取れないという時は

大根を食べて食欲を取り戻す処置を

取ることもありますね。

 

素晴らしい効果を持つジアスターゼですが、

熱には弱いという特性を持っています。

 

なので食べる時は調理の仕方に

気をつける必要があるので、ご注意下さい。

 

 

fd400675

大根の季節がやってきた!!冬の野菜大根の驚きの効果を紹介します!

ビタミンC
 

ビタミンCには体の免疫力を高め

風邪にかかりにく体を作る作用があります。

 

またウイルスを撃退し治療を早める作用も持っていますので、

風邪の時は多めに摂りたい成分です。

 

ビタミンCは体内に残りにくい成分になるので、

できれば日常的に摂取しておきましょう。

 

スポンサーリンク


 

大根の季節がやってきた!!冬の野菜大根の驚きの効果を紹介します!

ビタミンA
 

ビタミンAは主に粘膜の健康に作用するビタミンです。

 

また目の網膜にも存在し、

暗くなった時に見えやすくする物質「ロトプシン」の

生成に関わっています。

 

ビタミンAが不足すると、

皮膚が乾燥しやすくなったり、

暗い所で目が見えにくくなったりしてしまいます。

 

ガンの抑制効果も認められているので

摂取して損のないビタミンです。

 

ただし、ビタミンAはビタミンCと違って

体内に残りやすいビタミンなので、

そこまで意識する必要はありません。

 

冬場は大根を食べておけば大丈夫ですよ!

 

大根の季節がやってきた!!冬の野菜大根の驚きの効果を紹介します!

カルシウム
 

意外にも大根にはカルシウムも含まれています。

 

丈夫な歯や骨を作るためには必須な

栄養素ですね。

 

骨粗しょう症を予防する為にも

意識して摂取しておきたいですね。

 

大根は特に天日干しにすると生よりも20倍の

カルシウムが摂取できると言われています。

 

切干大根の煮物を食べると

より効率よくカルシウムが摂取できますよ!

 

 

以上が大根に含まれている

代表的な栄養素です。

 

特にジアスターゼが有名ですね!

 

ただし、上記でも簡単に説明しましたが

大根は調理の仕方によっては

効率よく摂取できない可能性があります。

 

どんな事に気をつけないといけないのか?

 

次の項目で見ていきましょう!

 

大根の季節がやってきた!!冬の野菜大根の驚きの効果を紹介します!

大根の調理で気を付けておきたい事とは?
 

大根の代表的な栄養素「ジアスターゼ」は

熱に弱いという特性を持っています。

 

その他の栄養素もできれば生で食べた方が

効率よく摂取できるので、

できれば熱を使わない調理法で

食べる事をお勧めします。

 

ビタミンCは水分に多く含まれるので

大根の身と汁は残さないようにしておきたいですね。

 

ただし、大根は体を冷やす作用も持っています。

 

胃が弱い人や冷え性の人は

ふろふき大根など温かい調理を

して食べる事をお勧めしますね。

 

まとめ

 

おでんなどにすると特に

美味しく食べる事ができる大根。

 

そんな大根は意外にも

私たちの体に良い栄養素を

豊富に含んでいます。

 

特に二日酔いなどで胃の調子が悪い人は

積極的に食べていきたいですね!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ