78fe4282b15cbb3b4bceb785bba717be_s

お酒を飲み過ぎた翌日、キーンと頭が痛い!

そう、お酒を飲む人ならば誰もが経験する「二日酔い」です。

昨日はさすがに飲み過ぎたかな・・・と後悔してもあとの祭りです。ですが、少しでも二日酔いをマシにする方法を知っているのと知らないのとでは、全然違います。

お酒を飲めない本当の理由については、下記の記事を見て下さい。

お酒が飲めない本当の理由?意外と知られていない様々な知識とは

今回はそんな二日酔いにいい食べ物や飲み物をご紹介いたします。

あの嫌な二日酔いの原因は何でしょうか?

スポンサーリンク


二日酔いの原因は?

二日酔いの原因は、実は正確には解明されていません。

しかし、一般的にはアセトアルデヒドという酵素によるものと言われています。

このアセトアルデヒドは、お酒を飲んだあと体の中でアルコールが分解される際に出来る、非常に毒素の強いものです。飲みすぎてしまうと、これが体内で消化しきれず残ってしまい、二日酔いになると言われています。

ですから、このアセトアルデヒドを早く消化することが、二日酔い解消につながります。

 

二日酔いにいい食べ物や飲み物

1)ハチミツ

cba9a4d811b26e5ff01106bcc8a6aaa3_s

 

甘~いハチミツは、頭痛に何よりも効果的です。お酒を飲む前にスプーン一杯なめておく。翌日の二日酔いで辛いときにハチミツをなめる。

こうすることで、頭痛を劇的に抑えてくれます。頭痛だけでなく、胃もたれにも効果的だとか・・。

 

2)アロエのヨーグルト

アロエには、肝機能の回復を助ける作用があり、二日酔いに効果的です。

また、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを含み、これらはアルコールの分解を助ける作用があります。これらによって、肝臓の代謝を促進することができ、結果的に二日酔いを早く改善することができます。

コンビニなどにも必ず置いてあるので、飲み会の帰り、翌日の早朝などにも購入できるところがポイントです。

 

3)柿やグレープフルーツ

c000cd0e295b92069b267f3461b40747_s

59604034e00cec148a9aedce4fa9c3e0_s

果物は基本的に二日酔いに効果的ですが、その中でもこの二種類は特に注目したいものです。

柿の場合、ビタミンCや果糖が豊富で、アルコールの分解に非常に効果的です。生の柿でも干し柿でも、どちらでも効果的です。

グレープフルーツも同じ理由で効果的で、グレープフルーツ100%のジュースも同等の効果を持っています。水分補給も二日酔い対策には重要なので、お水よりも、こちらのジュースを飲む方が効果的です。

 

スポンサーリンク



 

4)梅干し

a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s

梅干しの中に含まれるピクリン酸は、肝機能を活性化させます。疲労回復に役立つクエン酸も含まれているため、これらもまた効果的な食べ物です。

飲み過ぎた翌日は基本的におじややおかゆなど、軽いものを食べる際、梅干しを一粒入れることで、より二日酔いに効果を期待できます。

梅干し茶もありますので、こちらもおススメします。

玉露園 梅こんぶ茶 お徳用スタンドパック 85g
玉露園 梅こんぶ茶 お徳用スタンドパック 85g
なお、梅干し自体は食中毒や乗り物酔いにも効果があるため、非常に万能選手だともいえます。

 

5)大根おろし

dcefde4662fdb4cdb70d71a7d294b598_s

 

柿と同じく、おろした大根にもビタミンCが多く含まれているため、二日酔いに効果的です。二日酔いのときは食欲が落ちてしまう人も少なくない、と思います。

ですが、上記の梅干しや大根おろしならば、食べ物を摂りづらい状況でも食べやすい食品です。また、吐き気を抑えてくれる効果もあるので、おじややおかゆなどと共に、ぜひどうぞ。

 

医師がすすめる二日酔い対策

一般の方は、二日酔いの朝に胃薬系ドリンクか、二日酔い対策ドリンクを飲むことが多いようです。医師880人に二日酔い対策のアンケートを行ったところ、56%が“水分補給”と回答し、水分補給を重要視する結果となりました。

また、アルコール分解に必要な糖分補給できる、スポーツドリンク系を飲む方も多いようです。

 

二日酔いの時に注意したいこと

逆に注意したいのが入浴です。

発汗によって老廃物が排出され、リフレッシュ効果がある、と言われることも多いです。しかし、発汗による脱水症状は、危険ですので必ず入浴前に水分補給をしましょう。

また、身体を温めると炎症が促進されます。ですから、二日酔いの症状が重い場合も、体を温める入浴はNGです。

 

まとめ

いかがでしたか。

このほかにも効果的な食品や飲み物は存在します。

飲み会の多い季節には、事前の予防、翌日のケアのために、これらの食品を摂って、楽しい飲み会ライフを送りましょう。(^^♪

スポンサーリンク