// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

転居費用を安く抑える簡単な方法やコツ!引越し費用を最小限に!

hikkkoshi_sagyou

 

進学や就職、転勤などで今の住居から

新しい住居へ引っ越しをする時、

引越し費用はできるだけ抑えたい

と考える方が多いでしょう。

 

引越し費用は時期や

物量、地域、業者などによって様々です。

 

そこで引越し費用を可能な限り

安く抑える方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク



 

引越し費用を安く済ませるポイント:その①

不要なものは運ばない

 

まず大前提として、

物量が増えれば費用もかかります。

 

当然ですよね??

 

なので、必要なのか必要でないのか

わからないものは思い切って捨ててしまい、

必要な物のみを運ぶようにしましょう。

 

不要なものを運ぶと、費用はかかります

し転居先の住居で置き場所に困ります。

 

必要な物のみを荷造りをして、

運ぶようにしてその他は捨てましょう。

 

引越し費用を安く済ませるポイント:その②

なるべく自分で運ぶ

 

引っ越しの荷物ですが、自分で運べるものは

自家用車などで自分で運びましょう。

 

費用は安く済みますし、

壊れる心配がありません。

 

引っ越し業者はいくらプロと言えど、

途中で何が起こるかはわかりません。

 

大量の荷物をぎゅうぎゅうに

積み込むので、

 

壊れたり凹んだりすることが

たまにあります。

 

なので、小さな手荷物や壊れたら

困るものは自分で運ぶようにしましょう。

 

自分で運べば、壊れても諦めれますし

費用もガソリン代だけですしね。

 

スポンサーリンク



 

引越し費用を安く済ませるポイント:その③

様々な業者に見積もりを依頼する

hikkoshi3

 

引越し業者は大手の引っ越し会社から、

地域密着の引越し会社、聞いたことも

 

ないような引越し会社まで数多くあり、

料金体型やサービスも様々です。

 

なので、同じ荷物の物量であっても

料金が大きく違ってくる

ということは珍しくありません。

 

そこで、引越し業者を選ぶ際の

ポイントは1社か2社に決めるのではなく、

多くの会社に見積り依頼しましょう。

 

http://hikkoshi.suumo.jp/?vos=evpvsumv161x0005196

 

すると、電話やネットだと荷物の

物量などを伝えれば見積もりを

 

教えてくれますし、

頼めば無料で自宅まで来てくれます。

 

また、業者によっては梱包材が

無料だったり、見積もりしただけで

粗品がもらえたり様々です。

 

なので、できるだけ多くの業者に

見積り依頼をして依頼する業者を決めましょう。

 

決める際のポイントですが、

料金が安すぎると荷物の扱いが酷く、

傷がついたり凹んだりすることがあるので、

見積もり業者の中の平均の業者に

依頼することをお勧めします。

 

引越し費用を安く済ませるポイント:その④

荷物が少ない場合は宅配便を利用する

takkyubin

荷物が少量の場合、宅配便を使うほうが

安く済むことが多いです。

 

具体的には家電1つだけや、

箱2~3箱の荷物といった感じですね。

 

また、単身赴任の方は単身者用の

単身引越しサービスがあります。

 

クロネコヤマト

アート引越センター

 

引っ越しの見積もりを比較すれば

わかると思いますが、

 

宅急便や単身引越しパックを利用したり

することでかなり安く済みます。

 

まとめ

 

引っ越しは時間や費用、手間などがかかり

想像以上に大変です。

 

ですから、念には念を入れ余裕を持って

準備にとりかかることが大切です。

 

特に、費用については思っていたよりも

多くかかる場合もあり、

 

業者を選ぶ場合はできるだけ多くの業者を

比較して、見積もりを依頼することが大切です。

 

実際に使う業者は1社ですが、面倒くさがらず

多くの業者を比較検討しましょう。

 

また、荷物の量は不要なものは捨てて、

必要最低限のものを運ぶことを

 

心がけることで、安く、スムーズに

引っ越しが行えます。

 

スポンサーリンク



 

あなたへのオススメ記事はこちら!

一人暮らしの部屋のレイアウト+おしゃれで快適に過ごすには?1

一人暮らしの部屋のレイアウト+おしゃれで快適に過ごすには?2

女性の方必見!電車の通勤通学時間でダイエットする効果的な方法

コメントを残す

サブコンテンツ