// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

あなたは大丈夫?不眠になるかもしれない5つの悪習慣とは?

不眠症 悪習慣

 

日本人口の約20%が

悩んでいるという不眠症。

 

かなり多くの日本人が

不眠症に悩んでいることが

分かりますね。

 

あなたは大丈夫でしょうか?

 

私も今は大丈夫なのですが、

「ある習慣」を続けていると、

不眠症になる可能性が

高いと言われています。

 

全ては当てはまりませんが、

やはり一つ二つは心当たりが

ありますね・・・

 

いったいどんな習慣が

不眠症を招く可能性があるのか?

 

今回は不眠症になるかもしれない

悪習慣について見ていきましょう。

スポンサーリンク



 

不眠症になるかもしれない悪習慣①

寝る前にスマホ、パソコンをみてしまう。
 

スマホやパソコンからは

「ブルーライト」呼ばれる

非常に強い光が出ています。

 

このブルーライトは

脳を興奮させる作用を持っているので、

寝る前に見てしまうと、

中々寝付けなくなってしまうのです。

 

1日2日くらいならまだしも、

日課になっていると

非常に危ない状態かもしれません。

 

寝る1〜2時間前ほどには

スマホやパソコン、できればテレビも

見ないようにすると良いでしょう。

 

またブルーライトは

網膜にも負担を掛けてしまいます。

 

日常的にスマホやパソコンを

使う人も多いと思いますが、

できればブルーライトカットメガネを

用いるなどして、

対策をすると良いでしょう。

 

私はどうしても布団に

スマホを持ち込んでしまいますね・・・

 

寝るときダラダラ寝ないで、

スパッと寝ることを心がけたいです。

 

 

不眠症になるかもしれない悪習慣②

寝る前にタバコを吸ってしまう。
 

リラックス効果を期待して、

タバコを吸う人も多いかと思います。

 

吸うことで落ち着く人もいますが、

実は寝る前のタバコは落ち着くどころか、

逆に寝付けないようにしてしまいます。

 

なぜなら、ニコチンには、

脳を覚醒させる作用があるからです。

 

体内でニコチンの影響が

出なくなるまでに、

2時間ほど掛かると言われているので、

寝る2時間前、少なくとも

1時間前はタバコを吸わないようにしましょう。

 

タバコを吸っていると気管が狭くなり、

睡眠時無呼吸症候群も引き起こすので、

夜しっかり寝る為にも、

禁煙を頑張りたいものです。

 

不眠症になるかもしれない悪習慣③

昼間に運動をしていない。
 

昼間の適度な運動は、

心地よい睡眠に導いてくれます。

 

逆に1日中引きこもった生活を

繰り返していると、

不眠症になる可能性が高くなります。

 

実際不眠症の治療として、

昼間に運動をさせるだけでも、

改善する事が多かったのです。

 

なので、昼間の運動を習慣付けると、

不眠症を予防する事ができるのです。

 

ただサラリーマンになると、

仕事中に運動する事は

中々難しいですね。

 

なのでまずは

「体を動かす事」

を意識するようにしてください。

 

「エスカレーターを使わずに、階段で登る。」

 

「タクシーを使う時は、

いつもより歩いてから乗車する。」

 

このような事を

まずは心がけてください。

 

スポンサーリンク


 

不眠症になるかもしれない悪習慣④

寝る直前にご飯を食べてしまう。
 

お腹いっぱいになると、

眠気が襲ってきますが、

これはあくまでも一過性です。

 

実際食べ物を消化する作業は

結構なエネルギーが必要な為、

体は活発に活動している状態になります。

 

なので、寝る前に飲み食いをしてしまうと、

体は興奮状態のままになるので、

中々寝付けなくなります。

 

揚げ物などは消化を終えるまで、

だいたい4時間は掛かると

言われていますね。

 

なので、ご飯を食べる時は、

寝る3時間前くらいが理想です。

 

ただサラリーマンになると、

どうしても食事の時間が

遅くなってしまいますね。

 

そういう時は仕事中に、

軽食を挟むようにしましょう。

 

そのまま就寝まで

持っていければ良いですし、

少し足りないのであれば、

普段より少ない食事を

するようにしましょう。

 

そうする事で空腹時に食べるよりは、

胃への負担を減らす事ができます。

 

不眠症になるかもしれない悪習慣⑤

コーヒーを摂取し過ぎている。
 

働く人にとっては、

必須の飲み物と言えるコーヒーですが、

コーヒーに含まれるカフェインは、

脳を覚醒させる作用を持っています。

 

昼間に飲むくらいなら問題ないですが、

昼間と同じ調子で寝る前に飲むと、

不眠症になる可能性が高まります。

 

カフェインの覚醒作用は

大体4〜6時間持続すると

言われています。

 

なので、寝る4〜6時間前、

少なくとも4時間前の摂取は

控えるべきですね。

 

最近ではノンカフェインの

コーヒーも発売されています。

 

マウント ハーゲン オーガニック カフェインレスインスタントコーヒー100g
マウント ハーゲン オーガニック カフェインレスインスタントコーヒー100g

 

どうしてもコーヒーを口にしたい人は、

こういった物を選ぶようにして下さい。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以外とあなたの習慣となっている事も

多かったのではないですか?

 

これらを一気に改善することは

難しいと思いますが、

まずは一つでも良いので、

意識するようにしましょう。

 

そうする事で不眠症に

ならずに済みますよ!

スポンサーリンク



 

オススメ記事はこちら!

ジェネリック医薬品の品質に問題点はある?製薬

アルコールを一番早く抜く飲み物とは?【この差って何ですか?】

ゴボウは便秘改善だけじゃない?食物繊維に期待できる様々な効果

魚の生臭さを消す方法No1 を検証!【この差って何ですか?】

コメントを残す

サブコンテンツ