l_142

 

最近薬局で薬をもらう時に、「後発品」という言葉を聞く機会が多いかと思います。

例えば、「後発品に切り替えますか?」という風に薬剤師の先生に言われますね。後発品にするとその場の支払いが半額程度になるので、ほとんどの人が切り替えをお願いしているかもしれません。

なぜ、そこまで安くする事ができるのでしょうか?

今回は製薬業界に努めている私が、後発品について説明していきます!

スポンサーリンク


後発品を選ぶ事で、家計の負担が減る?なぜ、薬も安くなるのか?

「後発品」とはそもそも何?

私たちが病院や薬局からもらう薬は、製薬企業が開発して販売している物です。

一番最初にある企業が開発して販売された物は「先発品」と呼ばれます。先発品は、ある一定期間は開発した企業が独占して販売する事ができるのです。いわゆる「特許」ですね。開発された物には全て特許権を取得する事ができますが、薬も例外ではありません。

しかし、薬の特許は最大で10年までと定められています。その特許が切れた時に、他の企業から登場するのが、「後発品」なのです。

後発品は不思議な事に、先発品と同じ使い方でありながら、負担額は半分ほどで済みます。

一体なぜなのでしょうか?

次の項目で確認していきましょう。

 
後発品を選ぶ事で、家計の負担が減る?なぜ、薬も安くなるのか?

先発品は莫大なお金が掛かっている?

 

先発品は莫大なお金と時間を掛けて、開発されています。額にするとおよそ200億〜300億以上、時間にすると数十年掛かっているのです。

詳しくはこちらをチェックして下さい。

薬の開発費用は○○○億円?驚愕する製薬業界の裏側を大公開!

金銭的なコストと時間的なコストがかなり掛かっていることが、分かるかと思います。だからこそ、開発して社会に貢献した企業がある程度利益を出せるように、薬の値段は国が定めているのですね。

それと比較して、後発品においては特許が切れているので、開発をする必要がありません。先発品にかかっていた、お金と時間のコストが、丸々浮くということなのです。なので、後発品は半額の値段で、患者さんに提供することができるのです。

しかし、これだけ安いと「効果は大丈夫なのか?」と疑問に思ってしまうこともあります。

実際の効果に関してはどうなのでしょうか?

次の項目で確認していきましょう。

スポンサーリンク


 
後発品を選ぶ事で、家計の負担が減る?なぜ、薬も安くなるのか?

後発品は先発品と全く同じ?

 

結論から言うと後発品と先発品は必ずしも同じではありません

病気を治すための成分は同じでないといけないのですが、薬に含まれる添加物に関しては、特に決められていないのです。

だからと言って心配する必要はありません。

後発品を販売するためには、先発品同等、国の厳しい試験をパスする必要があります。この試験をパスしない限り、販売することはできないのです。なので安いと言っても特に心配することはありません。

最近は特に品質に厳しいので、全く効果がないという事はないです。

 
後発品を選ぶ事で、家計の負担が減る?なぜ、薬も安くなるのか?

今後は後発品が増えて行く?

後発品が安い事でメリットを受けるのは、何も患者さんだけではありません。

実は国にとっても良い事なのです。

国は今膨れ上がる医療費を抑える政策に必死に取り組んでいます。その政策の一つとして、後発品の普及があるのです。後発品が安くなると、国の負担も軽減されるのですね。

しかし、今の日本では、後発品の普及率が低いと言われています。アメリカでは70〜80%の割合で後発品が使われているのですが、日本では今でも50%ほどなのです。

確かに先発品の方が、安心して使う事ができますが、先発品ばかり使ってしまうと、これまで通りの上質な医療を受ける事ができなくなるかもしれません。

これからの世代が安心して暮らす為にも、国のそういった取り組みに、耳を向けるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら!

ホワイトデーのお返しは手作りでも大丈夫?男の悩みを徹底解消!

女子中高生で人気上昇中!現役高校生井上苑子ちゃんの人気曲ランキング

寒い日はすいとんでぽっかぽか!簡単に作れておいしい家庭の味

バレンタインに手作りクッキーを贈ろう!日持ちを考慮して簡単に