free-photo-doctor-stethoscope-hand

 

みなさんは病気になった時にいつも診てくれる「かかりつけ医」はいるでしょうか?

かかりつけ医とは日常的な診療をしてくれたり、病気になった時に気軽に相談できる医者の事です。今までですと病気になる度、異なる医者に診てもらう人も多かったと思いますが、最近はこのかかりつけ医を持つ事が国からも推奨されています。

かかりつけ医とは何なのか?かかりつけ医を決めるメリットは?かかりつけ医の決め方はあるの?

今回は上記の疑問に医療業界に携わっている私が紹介していきましょう!

スポンサーリンク


満足した医療を受けるために・・・かかりつけ医の賢い選び方とは?

かかりつけ医ってなに?

繰り返しになりますが「かかりつけ医」とはちょっと体調が悪くなった時など気軽に診療や相談を行ってくれる医者の事を指します。

アメリカでは「家庭医」という言葉が根付いていますね。元々日本では「自由に診療する権利」があるので、かかりつけ医の考え方は浸透していませんでした。逆にアメリカでは「この家系はこの医者に」という風にかかりつけ医の制度が古くから根付いていたのです。

それが最近になって日本でもかかりつけ医の考え方が浸透してきました。

国民皆保険制度が軸にある日本では、無理矢理かかりつけ医を持つ必要はないのですが、かかりつけ医を持つ事でメリットがある点、また医療財政を抑える意味もあって、かかりつけ医を持つように推奨されています。

ではかかりつけ医を持つメリットとは何でしょうか?

次の項目で見ていきましょう!

 

e146_mikomihanaine500-thumb-783x500-2572

 

満足した医療を受けるために・・・かかりつけ医の賢い選び方とは?

かかりつけ医のメリットは?

かかりつけ医のメリットは以下の通りとなります。

 
気軽に受診でき、相談もしやすい
かかりつけ医とは長期間関係を気づいていく事になります。

最初はぎこちなくても徐々に打ち解けていく事で、ちょっと気になる症状があっても気軽に相談できますし、健康上の相談も親身になって乗ってくれます。

初対面の先生ですとお互いの考え方などがわからないので、どうしても他人行儀な診療になりがちです。

 
病気の早期発見に繋がる
上記のメリットに繋がりますが、普段だと病院で診てもらわない症状も、かかりつけ医には気軽に相談ができます。

その結果、自分では大した事がないと思っていた症状でも、実は重い病気だったという事もあるのです。上記はかかりつけ医を持つ事で病気の早期発見に繋がる例ですね。

このような事があるので、気軽に相談できる医者の存在は非常に大切なものになります。

スポンサーリンク



 
家族全員の健康を任せられる
かかりつけ医を持つメリットは一人だけに留まりません。

かかりつけ医に家族全員の健康を診てもらう事ができるのです。小さい子供を診てもらう時は、安心できる先生に診てもらいたいですよね。家族が病気になった時でも、安心して任せられるのがかかりつけ医なのです。

 
いざという時は適切な病院を紹介してもらえる
万が一大規模な手術が必要な時や精密検査が必要な時でも、かかりつけ医からあなたにとって適切な病院を紹介してもらう事ができます。大きな病院を受ける時は紹介状が必要です。

紹介状に関しては下記の記事を参考にしてください。

病院に行くなら知っておきたい!紹介状の有効期限はあるの?

初めて会う先生だと紹介状をいきなり書いてもらう事は難しいですが、かかりつけ医だとあなたの体の状態などが分かっているので、比較的早く紹介状を用意してもらえるのです。

かかりつけ医を持つ事でいざという時も安心できるのです。

 

以上がかかりつけ医を持つメリットになります。

ではかかりつけ医の選び方はあるのでしょうか?

次の項目で確認していきましょう。

 

l_217

 

満足した医療を受けるために・・・かかりつけ医の賢い選び方とは?

かかりつけ医の選び方は?

かかりつけ医はあくまで個人の意思なので選び方などに決まりはありませんし、制度化されているわけでもありません。

なので、あなたが一番納得する医者をかかりつけ医として選択する事が大切になります。

その時に参考にして欲しい事は以下の通りです。

 
① 身近にあるかどうか
まず大切になってくるのが「距離的な近さ」です。

どれだけ素晴らしく信頼できる先生でも、診療所まで1時間かかる所だとかかりつけ医としての機能を十分に発揮できません。自宅、職場、幼稚園、学校など自身や家族が通いやすい所を選ぶようにしましょう。

 
② 信頼できるかどうか
どれだけ素晴らしい医者でも、自分と気が合わなければ気軽に相談できませんね。

かかりつけ医の役割として「ちょっとした症状でも気軽に相談できる」という事が重要になります。

なので、この先生だったら気軽に話ができるし、プライベートな事でも閣さずに話す事ができる!と思える人をかかりつけ医に選ぶようにして下さい。

 
③ 大きな病院としっかり連携が取れているか
かかりつけ医には基本的に診療所の先生を選択するかと思います。

診療所と病院の違いについては下記の記事を参考にして下さい。

病院と診療所の違いってなに?意外と知らない医療業界の知識とは

診療所では、大規模な手術や精密検査を行う事が基本的に難しいとされています。

なのでいざという時は設備がしっかりと整った病院に、患者をお願いしないといけないのです。もしあなたのかかりつけ医が大きな病院と連携が取れていないと、いざという時に満足な治療を受ける事ができなくなってしまいます。

そんな事を避けるためにもしっかりと大きな病院と連携が取れている先生を、選ぶようにして下さい。

最近ですと病院のホームページに連携を取っている診療所が掲載されています。

この情報を参考にして決めても良いかもしれません。

 

まとめ

若い間はそこまで頻繁に病院にかかる事はないかもしれませんが、年を取るにつれてどうしても回数は増えてきます。

そうなった時にいきなりかかりつけ医を探すのはしんどいかと思いますので、できる時からかかりつけ医を決めるようにしておきたいですね。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら!

薬の開発費用は○○○億円?驚愕する製薬業界の裏側を大公開!

病院に行くなら知っておきたい!セカンドオピニオンについての知識!

汗っかき必見!匂いもメイクも気にならない!素早く抑える方法6選

足の筋肉痛を早く治す方法とは?プロも実践している方法5選!