// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

お正月の行事はこんな意味があった!古来から伝わる正月イベント


 

師走は何かと慌しいですね。

新年を迎えるにあたって

準備しておく事もいっぱいありますね。

 

今日は、12月後半からの

お正月を迎えるための準備。

 

イベント事情について

書いてみます。

 

皆さんの参考になればと思いますので

最後までお読みくださいね。

スポンサーリンク


新年を迎えるために暮れにする事

 

大掃除

暮れは大掃除しなくちゃと

どこから始めますか?

 

新しい年を迎えるのだから

掃除をしておく

というだけではなく

 

年神様をお迎えするために

神棚や仏壇・家屋を清めていくという

意味があるんですね。

 

一年間に、たまった埃を払い

隅から隅まできれいにすると

年神様が、沢山のご利益を授けてくださるのだそうです。

 

12月13日に江戸城で行っていた

煤払いに由来するんです。

 

神社では、大々的にやってますね。

 

門松


門松を飾るのは

年神様が迷わずやってくるための目印に

なるのだそうです。

 

年神様がいらっしゃる期間飾っておきます。

12月13日~28日の間か

30日に飾るのが正式となっています。

 

29日は苦に通じる

31日は一夜飾りといって不吉を嫌うので

その日は飾らない方がよいのです。

 

餅鏡


 

年神様へのお供え物。

丸餅は魂を表しています。

 

大小2段で

太陽と月・陽と陰を表し

円満に年を重ねるという意味も

込められています。

 

一般の家庭では

三方に半紙を敷いて

大小のお餅を重ね

葉が付いたみかんを置くだけでも

充分だそうです。

 

飾る場所は

大きいものを、床の間か玄関に。

 

それよりやや小さいものを

仏壇や神棚に。

 

小さなものを

台所に飾るのが一般的になっています。

 

床の間のない家も増えてきましたが

お茶の間やダイニングでもいいのですよ。

 

12月28日に飾るのが最適とされています。

 

最近は、餅つきをする家が

少なくなってしまいましたね。

 

鏡餅をお供えする為に

そして、お雑煮用に。

 

正月中食べるために

餅つきをしていたようです。

 

そして、家長が家族に渡す

お年玉用に餅をついたともいわれています。

 

今は、餅がつける機械が

ありますので、簡単にできますね。

 

餅つきも、縁起を担ぐので

28日か30日に行います。

 

年越しそば


 

細く長く、長寿であるよう願い

大晦日に食べます。

 

薬味のネギは疲れを労う意味の労ぐ。

祈るという意味の祈ぐ。

 

お祓いしたり清めたりする

神職の祢宜という言葉にかけ

 

一年間の頑張りを労い

新年の幸せを祈願する意味があります。

 

新年を迎えたら

 

初日の出

初日の出の画像(プリ画像)
 

年神様は

日の出とともにやってくるという説があり

 

見晴らしの良い場所へ出かけ

その年の最初の日の出を拝むようになりました。

 

特に山頂で迎える日の出を

御来光といいます。

 

富士山での御来光は

有名ですね。

 

おせち料理


 

年神様に供えるための供物料理の事を

いいます。

 

かまどの神様を休めるために

作り置きができるものが中心となっています。

 

家族の繁栄を願う縁起物が多く

めでたさが重なるように重箱に詰めます。

 

31日の夜までに

完成させておきます。

 

正月は、主婦も台所も

休ませるという意味も

あります。

 

おとそ

新年も、健やかに過ごせるように

邪気を祓い不老長寿を願って

飲むお酒の事をいいます。

 

雑煮


 

年神様に供えたお餅を

おろしていただく為の料理です。

 

食べる事でご利益を頂戴します。

 

お餅を入れて

雑多なものを煮込むのを

雑煮と呼び

地方の特色がでます。

スポンサーリンク


若水

新年に初めて汲む水の事をいいます。

 

これを飲むと

一年の邪気が祓えると言われています。

 

年明けうどんというのもあります。

 

太く長く長寿を願う。

元旦から15日までの間に頂きます。

 

赤いトッピングを添えると

良いとされていますよ。

 

お年玉


 

年神様の魂が宿った餅玉を

家長が家族に分け与えたのが始まり。

 

昔は、お餅だったのですね。

 

いつから、お金に変わったのかは

わかりませんが

目上の者から目下の者へと

渡すとものとされています。

 

子供が親へ渡す時は

お年賀というそうですよ。

 

紙幣はできるだけ新札にするのが

マナーと言われています。

 

出す時に表が出るように、ポチ袋に入れて

渡します。

 

けして、裸のまま渡してはいけないなど

ルールもあります。

 

初詣


 

年の初めにお参りをすると

新年の幸福が増すと言われています。

 

自分の住んでいる地域の

氏神の祀ってある神社にお参りします。

 

その年の年神様のいる方角。

恵方に当たる社寺にお参りする恵方参り。

 

最近は、有名な社寺にお参りする方が

多くなってきましたね。

 

恵方とは、その年の吉方の事を言います。

恵方に向かって事を行えば

万時に吉とされています。

 

2016年は

南南東になります。

 

初詣は、

新年になってから

初めて寺社にお参りする事をいいます。

 

昔は元旦に参拝するものでしたが、

松の内に行けばいいようです。

 

松の内とは、年神様がいらっしゃる期間の

事をいいます。

 

現在では1月7日までとなっています。

 

京都では、1月4日。

 

関西地方では

1月15日もしくは20日とする

地域もあるようです。

 

書き初め

新年の抱負や目標をしたためる日です。

 

年神様のいる恵方に向かって

祝賀や詩歌を書いたことに由来します。

 

1月2日に行います。

 

初夢


 

初夢に、その年の運勢が現れるとされた事から

夢の内容で、

新年の運勢を占ったと言われています。

 

狭義では元旦、または2日の夜に見た夢

広義ではその年の最初に見た夢の事を

いうようです。

 

一 富士

二 鷹

三 茄子

は、縁起のいい夢として有名ですね。

 

犬の夢は

人間関係を

 

猫の夢は

恋愛や金運を表すと言われています。

 

鳥の夢は

自由を表します。

 

高い所から地上を見下ろす夢は

新しい生き方や考え方を知る事に

なると言われており

転職やチャレンジをすると

良いと言われています。

 

悪い夢を見てしまった場合は

逆夢だから縁起がいいと

思い込むといいようです。

 

 

七草粥


 

1月7日に食べると

一年間病気にならないと言われています

 

7種類の若菜を入れた汁物を

食べて無病息災を願う。

 

若菜を食べて

自然界からの新しい生命力を頂きます。

 

平安時代に、

日本に渡り、古来からの風習と結びついて

七草の節句として定着してきたようです。

 

松の内の最後の日に

正月のごちそうで疲れた胃腸を労わるという事。

 

青菜の不足しがちな

冬場の栄養補給ををするという効用もあり

新年の無病息災を願うように

なったのだそうです。

 

七草粥の七草は

春の七草をさします。

 


 

せり 食欲が増進する

なずな ぺんぺん草

ごぎょう 母子草 草餅の元租。 風邪予防 解熱効果

はこべら 目によいビタミンが豊富 腹痛にも効く

ほとけのざ タラビコ 食物繊維が豊富

すずな かぶ ビタミンが豊富

すずしろ 大根 消化を助け風邪予防になる

 

鏡開き

 


 

年神様の拠り所であった

鏡餅を食べることで

その力を授けてもらい、無病息災を祈ります。

 

鏡を開くことで年神様を

お送りしお正月に一区切りをつけます。

 

1月11日に行います。

 

小正月


 

1月15日に小豆粥を食べて

無病息災を祈ります。

 

柳の木に紅白のお餅をつけた餅花

(まゆ玉)を飾って豊作を祈ります。

 

どんと焼き

正月飾りや書初めを燃やす行事。

 

煙に乗って年神様が

天上に帰っていくとされています。

 

地方によって呼び名が違うようです。

 

この火で焼いたお餅を食べると

無病息災で過ごせる。

 

書き初めの火が高く上がると

字が上達するなどと言われています。

 

1月15日で正月じまいとなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

それぞれ意味があるのですね。

 

しかっり行事をこなす

家も少なくなりましたが

 

新年を迎えるにあたって

古来から伝わっている

意味を考えながら

家族の幸福を願いたいものですね。

スポンサーリンク



お薦めの記事

冬にこたつとみかん以外にも楽しみ方が!おもしろこたつイベント2

お正月に食べるお雑煮は地域で違う!意外と知らないお雑煮事情

初詣に行くならココ!関西で行きたいおすすめ縁結びスポット3選

空腹でも高カロリーNG!夜、食べても太らない食べ物5選

コメントを残す

サブコンテンツ