yjimage

 

勉強をしていて、何か気分が乗らない、やる気が出ない時ってありますよね?

そういう時に嫌々やっていても非常に効率が悪いですし,身につかないです、ただ、字を書いている、読んでいるだけです。

そこで、勉強をしなくてはいけない時にこそ役立つ、やる気を引き出す方法をご紹介します。これは勉強だけでなく、お仕事などにも使えますよ!

 

スポンサーリンク



 

やる気がでない時にやる気を出させる方法:その①

机に向かう

a1640_000215-300x198

 

まずは、机に向かうことが大切です。いくらやる気が無い時でも、机に向かうことは可能です。

別にやる気のないときに無理に勉強する必要はないのです。(ただ、漫画を呼んだり、ゲームをするのはナシです。)とりあえず、机に向かってみましょう。

椅子に座ることで、やる気が出るかもしれません。

 

やる気がでない時にやる気を出させる方法:その②

ご褒美で釣る

 

合格後の楽しいイベントを考えることで、それに向かって頑張ることができます。例えば、合格後に「旅行にいく」とか、「焼肉パーティーをする」などなんでも良いです。

しかし、親御さんが子供にご褒美を提示する場合、あまり魅力を感じないもので釣ろうとしても釣れません。例えば、「ジュースを買ってあげる」とか、「褒めてあげる」では食いついてくれず、やる気が起きません。

必ず、食いついてくれそうなご褒美でやる気を起こさせることが大切です。魅力を感じれば、必ずやる気を出して頑張ります。私の場合は、大学受験の時、やる気がなかったのですが、合格したら親に自動車教習所の費用を出してもらう約束をしました。

20万ほどの大きな約束でしたが、大学にも合格できて、免許も取れて良かったです。

 

スポンサーリンク



 

やる気がでない時にやる気を出させる方法:その③

気分転換をする

6743-0181-3

(引用元:http://media.studytown.jp/how-to-get-motivation-of-exam-study/)

 

どうしてもやる気がでない時は、気分転換に遊びに行くにもいいですね。やる気のないまま、椅子に座っていても非効率的です。なので、気分転換におもいっきり1日遊んできましょう。そうすれば、リフレッシュできて、勉強を頑張れると思います。

受験勉強は大変ですが、適度な気分転換も必要です。そうしないと、受験戦争を乗り越えることはなかなか難しいです。勉強と気分転換を上手く組み合わせることが大切です。

勉強する日と遊ぶ日をハッキリさせておくほうがメリハリがつき、頑張れます。また、勉強する日でも1日中勉強するのではなく、1時間に1度くらい休憩するなどしましょう。

 

こういう時にはやる気がでない!!

20120907-173449

 

では、やる気がでない時とはどんな時でしょうか??

これは人それぞれですが、以下の時にはやる気がでない場合が多いです。

・睡眠不足の時・体調不良の時・何の勉強をすればいいのかわからない時・空腹の時・悩み事を抱えている時

このような場合は、頭が他のことで一杯でやる気が出ません。勉強はそのこと一つに集中させ、他のことを考えていては頭が働かないのです。机に向かうときには他のことを出来るだけ排除して、クリーンな状態でなくてはいけません。

特に、体調不良の時は思い切り寝て、身体を休めましょう。病状が悪化して、試験本番の日にベストな状態でなくなる可能性があるからです。

 

まとめ

 

受験勉強は常にやる気に満ちている状態を維持することが理想ですが、なかなか難しいです。勉強と休憩のメリハリを付けて、勉強する時と遊ぶ時をハッキリさせることが大切です。

これが出来た人が第一志望の学校に入学できるのです。勉強の質や量も大切ですが、それと同時に気分転換を上手くはかっていくことが大切です。

 

スポンサーリンク



 

あなたへのオススメ記事はこちら!

引越し費用は最小限に!!転居費用を安く抑える方法・コツとは?

男性が女性には言わない恋愛心理の本音6つまとめ