幅広い世代に愛されている娯楽として、カラオケがありますね。中学生ももちろん例外ではありません。

ただ、未成年に対する行動制限が、年々厳しくなってきています。犯罪を防止する為と考えると仕方のない事かもしれませんが・・・ルールとして定まっているのは仕方ありません。だったらそのルール内で思いっきり、楽しんでしまいましょう。

今回は中学生がカラオケで何時まで遊ぶ事が出来るのか?を確認していきます。結論を先に言うと、中学生(16歳未満)がカラオケで遊べる時間は18時までです。ただし、各都道府県の決まりによっては、保護者同伴であれば、18歳未満も23時まで、利用可能となっております。

こちらに関しては店員さんに確認すれば、すぐに教えてもらえるでしょう。では、中学生がカラオケで遊べる時間の細かい説明を紹介していきます。

スポンサーリンク


そもそも未成年って何歳から?

法律上の定義では、未成年は満19歳以下とされています。つまり、20歳の誕生日1日前までは未成年という事ですね。20歳になると飲酒や喫煙、競馬などが解禁されるので晴れて大人の仲間入りです。ただ法律上は満19歳以下となっていますが、カラオケ店などでは少し扱いが変わってきます。


カラオケ店は18歳未満から制限している。

カラオケ店では、法律上の未成年(満19歳以下)よりも低い年齢で制限される事が多いです。その年齢とは「18歳未満かどうか」です。ゲームセンターなどでも18歳未満で、区別される事が多いですね。

法律と違うのですが、これは都道府県の条例などに基づいて決めているので、全国共通の決まりとなります。これを破ってしまうと店の営業ができなくなってしまっているので、どの店舗でもしっかりと定められているのです。

 

中学生は16歳未満で分類される?

カラオケなどの娯楽施設では未成年は18歳未満とされていますが、ここから更に細かい分類する事がほとんどです。次の境界線とすれば、中学生かどうか、年齢でいうと16歳未満かどうか、で分類されます。

ほとんどのカラオケ店では、18歳未満は22時まで利用可能、16歳未満では18時まで利用可能となっている事が多いですね。なので結論を言うと、「中学生がカラオケで遊べる時間は18時まで」と言うことになります。


カラオケ 高得点

都道府県によっては、最大23時まで利用可能?

カラオケの年齢制限は各都道府県の条例に順しているところがほとんどです。そして都道府県によっては、保護者同伴であれば中学生でも、18時以降にカラオケに入る事ができます。店舗にもよりますが、利用可能時間は最大23時までです。

スポンサーリンク



こちらの決まりに関しては、都道府県や店舗によって異なりますので、店員さんなどに確認するようにしましょう。都道府県は大丈夫であっても、店舗で制限している事もありますからね。

 

深夜の利用は絶対にダメ!

中学生のカラオケは保護者同伴であれば、夜の時間帯も利用可能ですが、深夜の時間帯はどこも禁止されています。

各都道府県の条例に細かく書いていますが、これを破ってしまうと、数十万円の罰金が課せられる事もあるのです。カラオケ以外にも深夜の外出は基本的にNGとなっていますので、中学生の人は成人するまで我慢するようにしましょう。

 

まとめ

中学生のカラオケの利用時間はお分り頂けましたでしょうか?厳しいなぁ、、、と思うかもしれませんが、これもあなたの身を守る為です。

決められた範囲で思いっきり遊ぶようにしてくださいね!

最後に・・・

LINE@を始めました♫
記事の内容をみて「もっと知りたい!」「こんな記事を見たい!」と思った人は、
個別にやり取りさせてもらいますので、友だち追加をして下さい♪
また、恋愛相談なども受付中です。
顔が見えない存在だからこそ言える本音を、全てぶちまけて下さい!
ブログ運営について気になることがある人も、是非友だち追加して下さいね!

お陰様で1000人突破!!

友だち追加

スポンサーリンク



あなたへのオススメ記事はこちら!

カラオケで男性が歌うとモテる曲厳選8曲!【2016年版】

カラオケデートでキスをするベストタイミングは?3タイプを紹介!

カラオケで声が低い男性でも歌いやすい曲10選!高得点狙える!

【2016年】カラオケで10代女子が歌いやすい定番曲10選!

カラオケで男性が歌うとモテる曲は?押さえると間違いない曲5選!