豪華な蛇口
生活していく上でストレスはつきものですね。

ストレスのない状態はないと言われています。

では、上手にストレスを回避して楽しく生活していきたいですね。今日はストレスと上手に付き合っていく方法をお伝えしていきたいと思います。ストレス回避やうまく利用する方法についても一緒に考えていきましょう。

是非、最後までお読みくださいね。

スポンサーリンク

ストレスとは何か

葉と水滴の写真素材01
まずストレスとは何かという事、一言でいえば外部から受ける刺激のことですね。

ストレスのない状態はあり得ないと思って下さい。多かれ少なかれ生きていく以上ストレスはありますね。それが、身体に影響が出る場合が問題なのです。

 

~基本的な知識~

ストレスとは、簡単に言えば外部から受ける刺激(ストレッサー)に対して身体に起こる反応の事を言います。時間が経ったり、休んだりすると健康な状態に戻ります。

これを「ホメオスタシス」(生体恒常性)といいます。正常な状態に戻ろうとする、体の働きです。しかし、ストレスが大きかったり、長時間受けていると、このホメオスタシスの働きが悪くなってしまい、体に影響がでてくるとう言われています。

なので、影響が強くならないうちにコントロールしていく必要があります。もともと、このホメオスタシスの働きの強弱は人によって違います。ストレスを受けやすい人、受けても早く回復できる人がいます。

ストレスの感じ方も人によって違いますので、他人と比較などしないようにしましょう。

 

~人間が生きていく上でストレスというのは必要なもの~

白いシクラメンの写真素材
例えば「疲れ」「不安」「不満」「暑さ」「寒さ」などもストレスです。でも、必要な事ですね。疲れる事を感じなかったら、働きすぎてしまいますし、頑張りすぎてしまうでしょう。不安というものがなかったら、確認することをしなくなりますね。

ストレスをなくす事は無理なのです。

ストレスの影響を大きくさせないために、自分のストレス状況を把握して見るのは大切な事です。

 

~ストレスとの付き合い方がわかる思考パターンのチェック~

こんなことに気づいたらストレス赤信号!

ストレス状態は、自分では意外に気付きにくいものです。ストレスがたまっている時によく見られる生活・思考のパターンです。

時々チェックして、自分のストレス状態を把握してみてはいかがでしょうか。

 

1.忙しい日々が続いている

仕事や家事など、常に忙しく、翌朝に疲れを残しやすい傾向にある。

 

2.睡眠に満足感が得られない

よく眠れない。または眠りすぎる。早朝に目が覚めると、それきり眠れない。

 

3.食欲が変化

食が細くなった。またはやたらと食べすぎる。

 

4.一日中憂鬱

悶々と考え込み、一日中ふさいでしまう事がある。

 

5.外出が億劫になる

人と会ったり、外で楽しむことが面倒になり、1日中部屋にこもる事が多い。

 

6.以前のように趣味を楽しめない

楽しんでいた趣味に興味が持てず、やる気がしない。

 

7.常にだるさや肩こりを感じる

身体を休めてもだるさや肩こりが解消されない。

 

8.緊張を強いられる出来事が多い

責任の多い仕事や、重要な決断など、緊張を強いられる出来事が増えた。

 

9.最近ライフイベントがあった

幸不幸にかかわらず、人生に関わる大きな出来事があった。

 

10.胸の内をざっくばらんに話す機会がない

遠慮せずに話す機会がほとんどない。

 

11.物事にこだわり易くなっている

「こうしなければ~」という思いが強い。

 

12.周囲に気を使い、評価が気になりすぎる

気を使って笑顔を作ったり、他人の評価を気にしすぎる傾向がある。

 

13.マイナス思考

悪い方向に考える事が多い。

 

14.自分自身への不満

いまの自分が認められない。自分はダメだと思う事が多い。

 

15.他人や物事に苛立つ

周りの出来事にイライラし、怒りを募らせることが多い。

 

16.やたらに焦る、落ち着けない

焦って早急に物事を片づけようとし、落ち着くことができない。

 

いかがでしたか? 当てはまる項目が多かった人はかなりストレスが溜まっている状態と言えます。

スポンサーリンク


ストレスによって引き起こされる心の病気

ストレスが溜まったまま、ほっておくとうつ病、神経症、心身症などを引き起こす恐れがあります。

では、「考え方」を変えて、ストレスを軽減していきましょう。

 

ストレスを軽減する方法

 

認知行動療法

認知のゆがみに気づき再検討することにより、現実的で合理的なものへと修正していく心理療法

 

ストレスコーピング

ストレスが起きた時にうまく付き合っていくこと。直面的対処・距離を置く、自己コントロール、逃避・避難など、いろいろな方法があります。

 

アサーション

相手も自分も大切にした、コミュニケーションをとっていく方法

人間関係でストレスを感じる時は是非ともお薦めです。しかし、これらの方法は専門的に訓練を受ける必要があります。考え方を変えてストレスを軽減する方法ですので、時間が必要になってきます。

少しづつ、やっていくといいですね。

鮮魚の写真素材01
 

ストレス発散法

日常的に取り入れていくと良い方法です。普段から、おやりになっている方もいらっしゃると思います。

続けていきましょう。

 

意識的に休息を取る

デスクワーカーの方は、1時間から1時間半に一回は休息を取りましょう。気分を変える事が大事です。

 

レクリエイション

趣味を持ちましょう。意識をそらせて、他の事に集中する時間を持つことが良いです。

1週間に一回、1時間程度でも、自分の好きな事に時間を使ましょう。

 

日常の場から離れる

小旅行や温泉、仕事帰りに、いつもと違うコースを取り、違う景色を見ることもいいですね。

 

リラクセーション

呼吸を落ち着かせる事で精神を安定させられます。腹式呼吸を数回行いましょう。自律訓練法と呼ばれる方法も慣れていけば、短時間で安定できるようになります。

 

筋弛緩法

首を動かしたり、肩を回すなどで筋肉を弛緩させられる方法があります。ヨガやストレッチもいいですね。

日帰り温泉での入浴や自宅でゆっくり入浴もお薦めです。

こちらの記事も参考に
気分転換したい時のオススメ方法ランキング!注目の1位は?前編

 

自然に行っている事が実はストレス回避

イギリスの川の写真素材03
皆さんが自然にやっている事で、ストレス回避につながる事は沢山あります。

ちょっと振りかえってみましょう。何気なく習慣になっている事もあるはずです。好きな事をやっている時間は楽しいですね。ストレス回避としてやっているわけではなくて毎日の楽しみの時間として、持っている時間を大事にしましょう。

例えば、美味しいものを食べる、仲の良い友とおしゃべりをする、カラオケに行く、旅行に行く、温泉に行く、などなど、「あ~、この時間幸せ」という時間があったらそれがあなたのストレス回避です。

有効なストレス回避として私がお薦めするのは元気になれることをしましょう!くよくよしない!楽しい時間を一日何分かでも持つ!ま、いいかと考えるようにする。

 

まとめ

ストレスを感じ、つらい思いをする前に1日の生活の中で、楽しい時間を作っていきましょう。

1日は24時間です。ゆっくり寝て、たっぷり時間をかけて食事をしたら、時間が無くなってしまうという方もいらっしゃると思ます。そのような方は、週1日でも違う事をしてみましょう。

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

最後に・・・

LINE@を始めました♫
記事の内容をみて「もっと知りたい!」「こんな記事を見たい!」と思った人は、
個別にやり取りさせてもらいますので、友だち追加をして下さい♪
また、恋愛相談なども受付中です。
顔が見えない存在だからこそ言える本音を、全てぶちまけて下さい!
ブログ運営について気になることがある人も、是非友だち追加して下さいね!

お陰様で1000人突破!!

友だち追加

スポンサーリンク