// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

女性必見!今日から実践できる冷え対策 冷やさない身体をつくろう


 

地球温暖化とはいえ、冬は冷えますね。

寒さ対策、しっかりしていますか?

もともと冷え性な方は、もうしっかりされていますか?

 

寒さ対策には、着るものを調節して

暖かグッツを使用すれば

何とか防ぐことができますね。

 

でも、冷え性の方は、

それだけではうまくいかないですね。

 

冷え性は改善しておかないと

身体に影響が出てしまいます。

 

今日は、冷え性の方に

改善対策をお教えしようと思います。

 

冷え性の原因と対策

自覚症状のない方も必見です。

 

是非、最後までお読みいただき

参考にしていただければありがたいです。

 

スポンサーリンク


冷え性からくる様々な障害

 

・肩こり

冷えが原因で起こる肩こりもあります。

血行が悪くなると筋肉が凝ってきますね。

 

寒いという事で、

いろいろな所に

余計な力が入り凝りやすくなってしまいます。

 

肩こりがひどくなると

頭痛につながる事もありますので注意が必要です。

 

・風邪を引きやすくなる

体温を調節する

自律神経が弱っているので

適切な体温の調整が出来なくなってしまいます。

 

また、お腹も冷えて

腹痛や下痢を起こしやすくなります。

 

・集中力の低下

物事に取り組む意欲や

集中力が低下しやすくなり

やる気がでなくなったりします。

 

・アレルギーや肌荒れがひどくなる

代謝が悪くなるため、

吹き出物やアレルギーなどで

肌荒れが目立ってきます。

 

・胃もたれしやすい

自律神経が弱っていると、

消化液の分泌を抑制してしまい

食べ物をうまく消化できなくなってしまいます。

 

・生理不順

自律神経の不調により

ホルモンのバランスの乱れ、

生理不順を引き起こします。

 

・貧血

毛細血管が収縮してしまうため、

酸素を運ぶ力が低下するので

貧血など起こしやすいです。

 

・不眠

手足が冷えていると

集中して寝ることができなくなってしまいます。

 

冷え性と食べ物は重要なつながりがある

無料写真素材>食べ物・飲み物・料理>中華料理>cns0002-009
 

食べ物には身体を暖める

「陽性」の食べ物と、

 

身体を冷やす

「陰性」の食べ物、

 

そのどちらでもない

「中性」の食べ物があります。

 

身体を暖めるには

陽性の食べ物が必要ですが

普段取りやすいのは

陰性の食べ物が多いのが現状です。

 

太陽の恵みを蓄えた食品を摂取して

エネルギーを補給しましょう。

 

陽性の食べ物とは

「寒い地方で取れる食べ物」

 

見分け方としては

色が濃いものと

考えればわかりすいですね。

 

身体を暖めてくれる食品は

生姜・ネギ・にんにく

などになります。

 

陽性のアルカリ食品は

身体を暖め

血液をサラサラにしてくれます。

 

こんにゃく、ごぼう、人参、山芋、蓮根

自然の塩

 

みそ、しょうゆ、梅干、たくあん

などです。

 

陽性の酸性食品は、身体を暖めてくれるが

血液をどろどろにします。

 

摂取の仕方には気を付けて下さい。

 

羊肉、豚肉、鶏肉

ハム・卵。ソーセー、チーズ


貝類、赤身の魚

精製塩

などです。

 

貧血気味の方は、

これらのものを気をつけて

取るようにください。

 


 

陰性の食べ物とは

冷え性の方に天敵な食材です。

 

暖かい地方で採れる食べ物

夏に食べたくなるもの、夏に採れる食べ物と

覚えてください。

 

陰性のアルカリ食品は造血を助けます。

血液をサラサラにしますが、

身体を冷やす食品です。

 

果物(日本で取れるような物)

ナッツ類、

日本で取れる緑黄色野菜

(旬の野菜)

海藻類(わかめ・こんぶ・のり)

 

冷え性の方は少し控えてください。

調理の仕方を工夫して

頂きましょう。

 


 

トロピカルフルーツ

 

大豆、豆腐、豆乳

お茶、コーヒー、紅茶

 

これらの食品は、やや体を冷やすものです。

あまり多量に取らないように注意しましょう。

熱を通す事で

陽性化させてから頂くとようですね。

 

お酢

茄子科の野菜

(茄子・ピーマン・じゃがいもなど)

 

お酢や茄子科の野菜は

血液を薄くしてしまうので

取りすぎには注意しましょう。

 


 

陰性の酸性食品は、

身体を冷やし

血液を、どろどろにします。

 

あまり取らない方が

良いようですね。

 

合成甘味料

食品添加物・砂糖・香辛料

刺激のある飲み物

(アルコール・ジュース・インスタントコーヒー)

 

スナック菓子

チョコレート・牛乳・アイスクリーム

白いご飯・パン・うどん

 

清製油

たばこ

などです。

 

中性の食べ物

 


 

主食として適している物です。

玄米や麦などです。

 

できるだけ精白しないで胚の部分も

食べるようにすると、

体に不足しがちな微小ミネラルが

補給されるので体調が良くなりますよ。

 

冷え性に良いと言われている事


 

入浴効果

入浴はゆっくりされていますか?

身体の暖まる効果的な入浴とは

どういう方法なのでしょうか

 

岩塩を使用したりすると

温まるのに時間が短くて済みます。

 

市販のバブなども効果的です。

 

<入浴の仕方>

① 半身浴

ゆっくり入るのが効果的

半身浴は冷え性に効果ありとされています

 

冬場は38度から40度のお湯に20~30分

下半身をじっくりとつけていると、

汗が出てきます。

 

この時、お湯に手を入れない。

 

肩が冷えるので、

乾いたタオルやTシャツをはおったり、

時々、お湯をかけるなどの工夫をしましょう。

 


 

アロマテラピー用のオイルを入れて、

香りでリラックスするのもおススメです。

 

② 温冷浴

ぬるめのお湯と熱いお湯を交互に浴びる

皮膚への御礼刺激がいいようです。

全身にぬるめのシャワーをたっぷり浴びて

42度ぐらいの熱いお湯に3分ほどつかるという

セットを3~4回繰り返しましょう。

 

この温冷浴は

自律神経を調整する効果もあるので、

冷えによるだるさや疲れやすさも

軽減してくれるのです。

 

半身浴だと面倒だという人や、

肩が冷えて嫌だな~という方は

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク


食べ物で調節

 


 

寒い冬の時期はやはり鍋がいいですね。

簡単にできて調理の手間がいらない。

 

時間をかけない割には美味しいですしね。

 

冬野菜を使って、

身体を暖めていきましょう。

 


 

ねぎは、鍋の中にも入れたり

薬味にも使えます。

 

特に青い部分は

風邪にも効果があります。

 

沢山食べてくださいね。

 

ピリッと刺激になるトウガラシ

 


 

唐辛子は、身体に興奮作用を

与えるアドレナリンホルモンを

分泌してくれます。

 

体脂肪を燃焼しやすい脂肪酸に

分解してくれる働きもあり

熱を発しやすくしてくれます。

 

どんどん使ってみましょう。

 

生姜もあたため食品とよく使われますね。

 


 

ノルアドレナリンの働きを

抑えて血流を促進してくれます。

また、交感神経を働かせる作用もあり,

冷えを解消するのに役立ちます。

 

はちみつ漬けにしたり

ジンジャーティで飲んだり

いろいろ、使い道はあります。

 

すりおろして、小分けに冷凍しておくと

とても便利です。

 


 

プチ断食

半日か一日

野菜ジュースや水分だけでを

取る事で胃腸を休ませると

体温が高くなり、

免疫力が向上すると言われています。

 

前日の夜

21時以降は食事をとらないようにする。

朝食

野菜ジュースをコップに1~2杯飲む。

 

お腹が空いたら

 

紅茶に生姜のおろし汁を

スプーン1杯を加えて飲みます。

(黒砂糖で甘みを加えてもOK)

 

夜食に

お腹にやさしいおかゆを頂く。

ゆっくりと摂取してください。

 

急いで、食べると

逆に胃腸が疲れてしまいます。

 

身につけるもので調節


 

締め付けない服装にしましょう。

お腹を冷やさない事が大事です。

 

腹巻や

下腹部だけでなく,

お腹をすっぽり覆えるソフトガードルも

良いですよ。

 

首元も冷やさないようにしましょう。

タートルネックのセーターや

マフラーを使って

胸元へ冷気がいかないように

しましょう。

 

足元は特に冷えやすいので

レッグウォーマーを使用して

冷やさなない事が大切です。

 


 

5本指のソックス

指先が冷えるのを守り

大変効果的です。

 

足が冷えると

血液の流れが悪くなってしまいます。

 

ふくらはぎを暖めると良いですよ。

ふくらはぎを温めれば、

筋肉のポンプ機能がアップして、

足から心臓への血液循環がスムーズになります。

 

足先の血流が悪くなると、

心臓から必要な栄養素が

足先まで行き渡らない上、

 

老廃物や余分な水分が

足元周辺に滞ってしまいます。

 

これが、足のむくみ、しびれや

理由のない倦怠感につながることもあります。

 

 

職場で、足が冷たい時は

温用のペットボトルに

 

適温のお湯をいれて

足を乗せて置くと

 

じわーと暖まりますよ。

 

効果的な運動

 


 

できれば全身を動かす運動が良いですね。

 

ウォーキングやジョギングなど

手軽に行なえるので是非やってみましょう。

 

なかなか、できないという方は

ジムに通うのも

良いですね。

 

エアロビクスやスイミング

など、思い切ってできますね。

 

筋力トレーニングも効果的です。

 

筋持久力や心肺機能が高まり,

冷えを解消することができます。

 

トレーニングジムでは

専任のトレーナーがいますので

あなたにあったトレーニング方法を

示してくれます。

 

時間がないという方は

日常生活の中で

運動する機会を作りましょう。

 

買い物に徒歩で行く

待ち時間にスクワットをする。

 

手を握ったり開いたり

つま先立ちと

踵で立つことを繰り返すだけでも

ちょっとした運動になります。

 


 

 

足の筋肉を鍛えると

血液を送り出す

ポンプ作用が強くなり

基礎代謝量が増します。

 

足を冷やさないで

筋肉をつけていく事が

冷え改善する身体つくりになります。

 

良い睡眠

 


 

眠りにつく時は

深部体温が急降下して眠気が起きます。

 

手足が冷えていては

放熱ができないので

寝つきが悪くなります。

 

寝る前に、入浴するというのは

身体を暖めて熱を放散し

良い睡眠をとる為の

準備なのですね。

 

寝る時に、どうしても

足先が冷えてしまう方は

 

温用のペットボトルを

ここでも使いましょう。

 


 

適温のお湯を入れ

足元におくといいですね。

 

じわーとした生暖かさが

心地よい眠りへと誘います。

 

まとめ

いかがでしたか?

寒いと、何もしたくなくなってしまい、

こたつの中でじっとしていたい

気持になってしまいます。

 

ちじこまっていると

余計循環が悪くなりますね。

 

冷え性の人は

根本から

冷えない身体つくりを

してみましょう。

スポンサーリンク



お薦めの記事

冬にこたつとみかん以外にも楽しみ方が!おもしろこたつイベント2

お酢のドリンクで健康に|話題のアップルサイダービネガーとは

足の筋肉痛を早く治す方法とは?プロも実践している方法5選

筋トレの効果的な方法!知っておきたい有酸素運動の適切な頻度!

コメントを残す

サブコンテンツ