// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

子育てにかかる費用の平均は?子どもを持つ前に必ず考える事!

 

大切な人と永遠の誓いを立てた時・・・

 

その後に考える事は

子どもを持つ事ですね。

 

結婚した後に子どもはどうしても

授かりたいと思う人が多いかと思います。

 

私も道を歩いていて、微笑ましい家族の姿があれば

子どもがほしいなぁと思ったりしますね。

 

ただ、何も考えずに子どもを授かっても

苦労する事があるかもしれません・・・

 

特に気になる部分は

お金に関する事ですね。

 

子育ての費用は一体どれくらいかかるのか?

 

今回は子育ての費用の平均について見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



子育てにかかる費用の平均は?子どもを持つ前に必ず考える事!

■ 子育てにかかる費用っていったいどのくらいかかる?
 

illust950

 
子供が生まれ、家族が出来る喜びというのは

本当にかけがえのないものです。
自分の子供にはできるだけ好きなことを

させてあげたいと親としては思うものですね。

 

しかし、そのためにはやはり『お金』が必要です。

 

子育ての費用というのは平均していったい

どのくらいかかるのか考えてみたことはあるでしょうか?

保育園や幼稚園、学校や習い事などによって

大きく金額は変わっていきます。

 

その中で平均してかかる金額は

1人あたり2000万円から3000万円と言われています。
そう考えると2人、3人と子供が増えれば

その分プラスで掛かってくるというわけです。
おお、、

 

そう考えるとなんだかドキドキしてしまいますね・・・

 

一昔前だと子供がオーケストラができるくらい、

野球が出来るくらいほしい!

と語るお父さん、お母さんは沢山いましたが

今は少人数で良いと考える方が多いのも納得することでしょう。
今の世の中周りのお子さんと同じように

育てたいと考えるとかなりのお金が必要となるからです。

 

習い事をは1つだけでは無くいくつも行っている子どもも多いですし

スポーツなどで集中してやりたいということが出来れば

それに対しての費用もかかります。
そして学校に行くようになれば塾に行く子どもも増えますし、

中学、高校、大学へ行くというたびに受験という費用も掛かってきます。
公立と私立ということでも大きく金額が変わりますので

びっくりしないように調べておくのも大切ですね。

 

大学に行くというのも当たり前の時代です。
今から親として心の準備が必要というわけです。

 

改めて子育てに必要なお金(養育費)というのは大きくまとめると

学費+習い事(部活動・スポーツ)+生活費となります。

 

はい♪ここで一度落ち着いて見てください。

 

ここで自分自身を振り返ってみましょう。

 

実際これから親になるあなた自身、

自分の親が働いて、倹約して、頑張って育ててくれたからこそ今があるのです。

 

これからは自分が親になる番です。
やってできないことは全くありません。
愛する子供のためになら不思議と楽しく大変なことも乗り越えられるのです。

 

スポンサーリンク


 

子育てにかかる費用の平均は?子どもを持つ前に必ず考える事!

■子育てにかかるお金はかなり大変。でも将来の楽しみがあります。
 

子供というのは未来に羽ばたく宝物。
子育てというのは楽しいことだけでは無く色々なことで悩んだりしますし、

病気やけがで心配をしたり、お金がかかったりと大変なことも多いです。

 

しかし成長する子供の姿に励まされること、

感動することも沢山ありますし、

将来どのような大人に成長するかという楽しみもあります。

 

お金のデータというのはあくまでも平均であり、お金のかけ方、

子供のしたいことやさせたいことによって大きく変化します。
平均を知っておくということは目安となるのでとても大切ですが

それにあまりにこだわり過ぎることもないでしょう。
しかしお金が無いというのは大変です。
子供が小さいうちから

将来のお金の準備をしておくことが何より大切です。

 

夫婦でも良く話し合い、子育てにかけるお金のことは

その都度相談しあうことが良いでしょう。
もちろん、子供が成長してきたらきちんと子供と話をすることも大切です。
お金が大きくかかることを

子供がやりたいという場合は本当にやりたいことなのか、

一生懸命に取り組めるものなのかというのを子供の本心を聞きましょう。

 

それによってはまた家計を見なおし話し合って、

家族旅行を近場にしたり、家庭菜園を作ったりと

色々な我が家流の節約方法を楽しんで編み出せば

苦もなく乗り越えることが出来ますね!

 

kurashi9-2-1

 

子育てにかかる費用の平均は?子どもを持つ前に必ず考える事!

■お金はあって安心。今から着々と準備をしておきましょう。
 

結婚し、子供がほしいと思っていたら

その時点からお金の準備をしておくと安心です。

 

すでにお子様が生まれるという方も子供が小さいうちに

出来る範囲で貯金をする習慣をつけちゃいましょう。

 

「バックがほしい。旅行に行きたい。洋服がほしい」
子供が出来る前に夫婦でやりたいことや

買いたいものも沢山あるとは思いますが、

お給料をもらったらお金の使い道を夫婦で話し合い、

一ヶ月分の使うお金を振り分け、貯金は最初に済ませておくと安心です。

 

自由に使えるお金というのも振り分けて置き、

その中でほしいものを買うようにすればストレスなく、

お金も貯めることが出来ます。
どうしてもその範囲でお金が大変という場合は

自宅でちょっとしたスキマに行える

仕事などもあるのでチャレンジしてみるのもおすすめです。
楽しくすすめて行きたいですね!


スポンサーリンク



 

おすすめ記事はこちら!

ためしてガッテン!動脈硬化の発生を見抜く為に気をつける事とは?

愛知県オススメのオイスターバーはどこ?絶品の牡蠣を食べる事ができるお店を紹介します!

松岡修造の名言の原点!彼が影響を受けた中村天風哲学とは?20

幸せを引き寄せよう!幸せになれるマインドフルネスの方法とは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ