// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

子育て費用の貯め方を大紹介!子育て夫婦は見なきゃ損!

 

「自分の子供にはやりたいことをやらせたい」

「できるだけ色々経験させたい。」

 

こう思うのは親としてはごく自然なことですね。

 

しかし口では簡単ですが実際に

実現するためには『お金』が必要です。

 

「現実的でなんだか夢がないな、、」

「お金のことばっかり、、」

と思われるかもしれませんが

子供を育て、成人させるまでというのは

本当にお金がかかることなのです。

 

なぜお金が大切なのか?

ではどうすれば良いのか?

 

今回は上記の疑問について

答えていきましょう!

 

スポンサーリンク



子育て費用の貯め方を大紹介!子育て夫婦は見なきゃ損します

お金を貯めることはなぜ大切?
 

これから子供が生まれる予定の方、

子供が生まれて間も無い方も

できるだけ早くから少しずつで良いので、

お金を貯めておくことが大切ですね。

 

もちろん自分の老後のこともあるので

それも踏まえて準備は必要になります。

 

貯金は早ければ早いほど長い期間にできるので

貯まるチャンスが多くなります。

 

もし途中で家族に何か急な出費が

あった場合でも貯金をしておけば安心なのです。

 

お金というのは無いと困りますが

あって困ることはありません。

 

子供が成人するまでにかかる養育費は馬鹿にはなりません。

 

子供にかかるお金については下記の記事を参考にしてください。

子育てにかかる費用の平均は?子どもを持つ前に必ず考える事!

 

「じゃお金を貯めるにはどうすれば良いの?」

手っ取り早い方法は外に働きに出るという方法ですが、

子供がこれから生まれる妊婦さん、

生まれたばかりのママにとってはそれは難しい事ですね。。

 

では外に出て働きに出ないでお金を

貯める方法を考えてみましょう。

 

1210286top

 

子育て費用の貯め方を大紹介!子育て夫婦は見なきゃ損します

学資保険に入る。
 

学資保険というのはさまざまなメリットがあります。
ただ単にお金を貯めるだけではなく、

病気や入院をした場合に保障があり、

死亡の時も保障があるのです。

 

万が一親が死亡してしまった、

大きな障害を抱えてしまった場合などは

保険料が免除され満額金を受け取れます。

 

また、子供が中学、高校などに進学などで

定期的にお祝い金を受け取れるというプランもあります。

 

もし学資保険に入る場合は

毎月支払いでは無く、年払いの方が保険料が安くなります。

確実にこれだけは貯金するぞという覚悟もできます。

 

毎月学資保険用というお金を口座に振り込んで置き、

年払いとして引き落としにしておけば安心ですね。

 

スポンサーリンク



子育て費用の貯め方を大紹介!子育て夫婦は見なきゃ損します

給料が入ったら夫婦で仕分けてみましょう。
 

給料が振り込まれたら少しずつその都度、

必要な分だけ引き出すという方法は良くありません。
ついついちょこちょこお金を引き出してしまうのが

当たり前になりますし手数料も多くかかってしまいますね。

 

一か月必要と思われるお金を

少し余裕をもって一度に引き下ろし、

それから食費、子供のための貯金、光熱費、

レジャー費、交際費、新聞代など

封筒などにしっかりと分けてみましょう。

 

これは夫婦で行うとなお効果ありです。
夫婦で話し合ってお金を仕分ければ

夫婦共同作業で生活のことが分かり助け合えますし、

無駄なお金を使えなくなります。

 

この時お金を貯めることばかりに集中するのではなく、

夫婦で食事に行くお金、遊びに行くお金、お互いのお小遣いなど

自分たちが楽しめるお金の仕分けもちゃんとしておきましょう。

 

そうすればお互い納得ができ

多少のお金のゆとり感もできます。

 

不思議なのですが最初にあまりきちきちに

切りつめて、貯金、貯金と余裕がないとダイエットのリバウンドと同じで

途中で嫌になりストレス解消とばかりにパッ!っと

衝動買いしてしまう場合があります。

 

無理をせず、でもしっかりと貯金をするためには

自分たちのために使う分を必ず用意する方がよいのです。

 

そしてそれをあえて使わなかった場合は

そのお金を貯める大きな貯金箱を用意しておき貯めておけば

また自分たちの為にも子供たちの為にも使えます。

 

それともう一つ。

 

ほしいものが出来た時は必ず一呼吸置き衝動買いしない事。

 

本当にこれは必要なのか、本当に欲しい物なのかを

必ず考える時間をつくる事が重要です。

 

家の大きな買い物なども夫婦で話し合う時間を作り、

納得できたら買うようにしてください。

 

たったこれだけで無駄なお金を使うことが極端に減ります。

 

img-01

 

まとめ

 

今回は簡単な方法を紹介してみました。

 

「なーんだ、こんな事か」

 

と思われるかもしれませんが、

実は以外と効果があるのです。

 

色々やって見たけど、

中々お金が貯まらない・・・

 

こういう人は一度原点に戻って

上記の事をためしてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク


 

オススメ記事はこちら!!

必見!お酒の二日酔いを防ぐ方法とは?飲み会前に効果抜群な方法

松岡修造の名言の原点!彼が影響を受けた中村天風哲学とは?20

ためしてガッテン!動脈硬化の発生を見抜く為に気をつける事とは?

名古屋にあるイルミネーションスポットのまとめ!ここだけは押さえておきたい!

 

コメントを残す

サブコンテンツ