// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

京都通でも実は知らない!古都に眠る寺の知られざる都市伝説4選

京都には多くの寺院があり、毎年観光客で

賑わっています。

何度も訪れることで、京都の魅力にはまっていき、

同じ場所を何度も訪れる人もいるでしょう。

f48

出典:http://www.asahi-net.or.jp/~vf5y-nkns/fu/fu03/fu36.html

 

しかし、そのような京都の魅力にはまった京都通でも

あまり知らないような昔から語り継がれている都市伝説に

ついてまとめてみました。

 

京都は都が出来て1000年以上、多くの都市伝説が

眠っているのです。

 

決して怖い都市伝説だけでなく、おもしろ系や感動系もあります。

京都や都市伝説に興味がある人だけでなく、あまりない人でも

楽しんでいただける内容ですので、是非とも御覧ください。

スポンサーリンク


古都に眠る寺の知られざる都市伝説4選:その①

仁和寺

a0046000_13565311

出典:http://hirok41.exblog.jp/8866703/

 

仁和寺にいた法師の話です。

年齢を重ねるまで有名な石清水八幡宮を

参拝したことがなかったので、ある時参拝したそうです。

仁和寺のふもとにある極楽寺・高良などを見て

これにて、参拝は済んだと自信満々に帰ったそうです。

そのことをお寺の仲間に話しました。

「長年の思いをついに果たすことができました。

しかし、お参りする人ごとに山に登っていくので、

いったい何ごとがあるのだろうと疑問に思ったのですが、

神様へお参りするのがかねてからの目的であると思って、

山までは見ませんでした」

 

どんなに小さなことでも教える指導者が必要である

という例えとして言い伝えられている伝説です。

 

古都に眠る寺の知られざる都市伝説4選:その②

伏見稲荷大社

imh_0651a

(出典:http://kyoto-albumwalking.cocolog-nifty.com/blog/)

 

全国にあるお稲荷さんの総本山です。

ですが、そのお稲荷さんには昔はこわい神様として

知られています。

 

キツネというのはもともと炎を操ることができる、

炎の化身でした。

漫画やドラマ、アニメでも、九尾の狐、白狐など妖怪として

あげられております。

 

その胴元となったのが、この伏見稲荷大社のお稲荷様です。

戦国の夜などにもたびたび、村に訪れては、酒を民から取り上げ、

炎を発生させ、村を全焼させたという言い伝えも存在しております。

お稲荷様の総本山ですが、同時にとても怖い存在なのです。

スポンサーリンク


古都に眠る寺の知られざる都市伝説4選:その③

吉田神社

D018

(出典:http://kanko.city.kyoto.lg.jp/)

 

京都大学のすぐ近所にあるのが吉田神社です。

受験生で京都大学を受験される方は知っておく必要が

あるのですが、

 

「京大受験前に、吉田神社に参拝すると必ず落ちる」

 

古典で習ったと思いますが、日本三大随筆の一つ

「徒然草」の作者、兼好法師(吉田兼好)の

実家がまさにこの神社であります。

 

ちなみに合格祈願ならこの記事がおすすめです。

京都で合格祈願ならこの神社で決まり!受験にご利益スポット3選

 

この吉田神社、普段はひっそりとしていますが、

毎年2月初旬にある節分祭がとても有名です。

 

なので、京大生になったあと、講義が終わったり、

休みの日に足を運んでみてはいかがでしょうか??

 

古都に眠る寺の知られざる都市伝説4選:その④

安井金比羅宮

124692409662816401244_imgp3839

(出典:http://sei-ji.at.webry.info/200907/article_31.html)

 

単に良い縁を結ぶだけではなく、

出来てしまった悪い縁を切る事でも

知られています。

 

全国から良縁を求めて参拝する人が訪れるのですが、

中には強い恨みを持って参拝する人もいて、

憎い相手との縁を切るだけでは許せない、

憎いあいつに苦しみを与えたい、

そんな強い恨みを持つ人たちが

呪いをかける場所としても知られています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

京都には多くのお寺がありますが、そこには

数多くの都市伝説が眠っています。

 

その都市伝説を知ってから今一度、お寺を

参拝するのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク



京都に関する記事はコチラ

京都を訪れる修学旅行生なら絶対に外すことが出来ないお土産5選

コメントを残す

サブコンテンツ