// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

お風呂のカビ対策!落ちにくいカビもこの方法で解決&完全予防!

あなたはお風呂掃除を

月にどのくらいやりますか?

 

放っておくとすぐに生えてくるカビ

あまりに放って置き過ぎて

黒い所が広がってしまう

時はありませんか?

 

かく言う私も、

一時掃除を怠って、頑固なカビに

悩まされた事がありますww

 

『こすっても中々落ちない』

『掃除してもまたすぐに生えてくる』

など、カビとの対決もよくしていました。

 

お風呂のカビって本当に嫌ですよねww

 

今回は、そんな私が今でも続けれている、

・簡単なカビの落とし方

・予防の仕方

をお伝えしていきます。

 

一緒に黒ずみのない、

ピカピカなお風呂を目指していきましょう。

スポンサーリンク


お風呂のカビ対策!落ちにくいカビもこの方法で解決&完全予防!

カビが発生する原因
 

images-17

出展:http://bit.ly/1TFUgWK

カビってどういう環境で

増殖するのかってご存知ですか?

 

「温かい所」

「水回り」

そんなイメージですよね。

 

カビの増殖する環境が分かれば

掃除や予防を効果的にできるようになります

 

カビが増殖するのに適している環境を紹介します。

 
・温度
20度〜30度前後がカビにとっての楽園です。

私たち人間と一緒ですねww

 

 
・湿度
湿度が60%〜100%がカビにとっては天国です。

ちなみに、日本の夏の湿度が平均50%

冬場が10%程です。

やっぱりジメッとしている所が

好きなんですね。

 

 
・栄養
カビにとっての栄養は、私たちの

飛び散った石鹸カスです。

お風呂場はまさに

バイキングですねww

 

 
・酸素
カビも私たち同様、酸素を吸って生きています。

宇宙ではカビは発生しないんですよ(笑)

 

 

お風呂場が

如何にカビに適した環境という事が

分かって頂けましたか?

 

カビは健康にはよくありません。

目には見えませんが、

胞子(カビの細胞)を飛ばしています。

 

胞子を吸い過ぎると

アレルギーを引き起こす原因にも

なるんですね。

 

では次の章で

いよいよカビの落とし方を

紹介していきます。

 

 

お風呂のカビ対策!落ちにくいカビもこの方法で解決&完全予防!

カビ取り開始!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出展:http://bit.ly/1XFKGsM

 

まずは

お酢1:4の割合で配合して

お酢水を作ります。

それをスプレーやのボトルに入れて下さい。

 

これを浴室全体に吹き掛けて

そのまま1時間〜数時間程放置します。

黒カビの所には特に念入りに吹き掛けましょう。

 

お酢には

垢を分解させる働きがあるのです。

 

ある程度時間を置いた後は、

浴槽全体をゴシゴシ擦って

カビや水垢を取っていきます。

 

私のオススメですが、

この時に『劇落ちくん』を使うと

ビックリするぐらいによく落ちますよ!

 

研磨作用が強いので、

傷つきやすい物は避けましょう。

 

中々落ちない黒カビには

お酢水の上から

重曹パウダーをかけてください。

 

お酢水と重曹の科学反応で

「シュワシュワー」と

白い泡が発生します。

(体に害はありませんので安心を)

 

その泡が頑固な黒カビ

浮かしてくれます。

 

重曹をかけた所は

また1時間程放置しておきます。

 

この時、カビによく浸透するように

ティッシュで浸してあげると

より効果的ですよ。

 

時間が経てば、

ゴシゴシして黒カビが

落ちているかチェックします。

これで大概のカビは落ちます。

 

ですが!!

 

長年蓄積した

ベテランカビは効かない場合があります。

 

そんな時は最終手段で

酸素系の漂白剤の登場です。

 

重曹の時の様に、

黒カビに染み込ませて放置した後、

歯ブラシなどで、

擦って綺麗にしましょう。

 

強力な液体ですので、

利用する時は必ず手袋を

着用して使ってくださいね。

 

カビ取りが終わって

ピカピカになった次は、

カビがより付かない

予防方法を紹介していきます。

スポンサーリンク


お風呂のカビ対策!落ちにくいカビもこの方法で解決&完全予防!

カビの寄り付かないお風呂作り
 

8870201_LL1

出展:http://bit.ly/1Qk9vVf

長年蓄積されたカビは

落とすのに結構苦労します。

 

面倒じゃないですか?(笑)

 

実はカビは発生をある程度予防できるのです。

私は1度カビを取ってしまえば、

カビの生えない環境を

作る事をオススメします。

 

ではどうすれば

カビの生えない環境になるのでしょうか?

 

 
ステップ1 浴室全体シャワー
お風呂を出るときは

お風呂全体を

シャワーでながします。

 

それも50度〜60度程

熱いお湯で流せればより良いです。

 

殆どのカビは、

45度以上の熱湯をかけられると

死滅するんです。

 

その他にも

飛び散った石鹸カス

流れ残ったを落とすのに

熱いお湯は有効なのです。

 

最初から冷水で流してしまうと

石鹸カスや垢が凝固して

上手く流れ落ちてくれないのです。

 

食器の油汚れと一緒です。

 

熱いお湯なので

やけどしない様に気をつけて下さいね。

 
ステップ2 冷水シャワー
シャワーで汚れを落とし終わったら、

冷水でもう一度

お風呂場全体をシャワーします。

 

冷水でシャワーをする事により、

浴室の温度が下がります。

 

最初の章でお伝えしましたが、

カビが増殖しやすい温度は

20度〜30度です。

 

20度を下回れば

カビの増殖は大幅に低下すると

言われています。

 

カビの発生しやすい温度より

下げてください。

 

冬でもお風呂を入った後は

温度はかなり上がっています。

冬でもやる事をおすすめします。

 

 
ステップ3 水っ気を取る
余裕があれば

タオルを使って水っ気を取って下さい。

換気扇だけではカバーができない範囲もあります。

 

特にシャンプーボトル洗面器の裏側

換気扇では乾きにくい所です。

 

注意ながら拭くようにしましょう。

 

 
ステップ4 換気
必ず換気を必ずして、

水っ気をなくしておきましょう。

 

お風呂に入っている時に

換気扇をつけている人もいますが、

重要なのはお風呂の後です。

 

1ヶ月つけっぱなしにしても

電気代は100円〜300円程です。

 

健康や掃除の手間を考えると

安い金額だと思います。

 

お風呂の後は

換気扇を必ず回すようにしましょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カビ対策、予防方法は

上手く伝わりましたか?

 

今では市販のカビ取り洗剤も

販売されています。

 

今回は人体に害が少ない物で

非常に効果がたかいので、

お酢や重曹を使いましたが、

市販の洗剤なども

非常に効果的ですよ。

 

浴室が綺麗になれば

お風呂の時間が、

本当に楽しくなります。

 

是非今回の記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク



その他のオススメ記事

病院と診療所の違いってなに?意外と知らない医療業界の知識とは

大学生が必ず読むべき本当におすすめのビジネス書厳選5選!

ストレスと上手に付き合おう方法!思考チェックで回避方法を知る

コメントを残す

サブコンテンツ