bsOOK86_kemutai215183800_R
最近目黒区の高校内で、大麻の売買があったりと、なにかと世間を騒がせている「大麻」

世界では最近合法化に向かっているようです。実は大麻が全世界で禁止されたのは、1937年になってから。それまでは実質、合法だったのです。

一体、何故、大麻は違法になったのでしょうか?

今日はそんな大麻について学んでいきたいと思います。

スポンサーリンク


大麻とは?

f6c10eee_R

画像参照元:http://qq1q.biz/oyRk

 

大麻とはなんなんでしょうか?まずは大麻の事を勉強していきましょう。

 

大麻の効能

f6c10eee_R

画像参照元:http://qq1q.biz/oyRr

皆さんは大麻に関して、どの程度の知識をお持ちでしょうか?中毒性があり、脳に障害をきたし、精液の数が減る、などなど・・・様々な知識をお持ちだと思います。

僕は最近大麻のニュースが非常に多いと感じ、独自の路線でかなり大麻について調べてみました。すると、驚くべき事が分かったんです。なんと、僕たちが持っている、大麻に関する知識は、何の根拠もない情報だったんです。この動画に詳しい説明がされています。

 



 

驚きですよね。

政府からの公式の見解がこれなんですから。

ん~、調べれば調べるほど、なんだか大麻の闇が見えてきましたね。何故なんの根拠もなしに、大麻は違法になってしまったのでしょうか?

次は大麻の歴史について説明してきましょう。

 

大麻の歴史

F

画像参照元:http://qq1q.biz/oyRA

大麻は何故禁止されたのでしょうか?昔の大麻の扱いは??まずは、大麻の歴史から学んでいきましょう。

 

昔は日本に根付いていた

f6c10eee_R

画像参照元:http://qq1q.biz/oyRK

実は、大麻は昔は日本に、かなり根付いた雑草だったんです。

全国各地の神社に祀られたり、日本には大麻は欠かせない存在でした。日本史ににおいては、「日本書紀」という日本の古記にも大昔から大麻を植えていたという記述があるくらいなんです。

また、大麻は自生力がとても強い為、種をまけば、勝手にスクスクと育っていきます。育った大麻の樹脂や、そこから取れる油は、戦時中、大変重宝された為、戦時中は日本政府が、大麻栽培を推進していたほどです。

そして、そのほとんどが、繊維や油目的の使用で、戦時中や、それ以前には大麻を吸引する、という文化はあまりなかったようです。また、大麻に深い関わりがある土地なんかでは、未だに「麻」の文字が入っていたりしますよね?有名どころで言えば、「麻布十番」なんかが有名です。

そんな日本人の暮らしに、深く深く関わってきた大麻。一体何故禁止される事になったのでしょうか?

その核心に迫っていきたいと思います。

 

大麻取締法はアメリカに押し付けられた法

f6c10eee_R

画像参照元:http://qq1q.biz/oyRR

何故、日本は大麻が違法になったのでしょうか?

これに関しては僕もかなり調べました。調べた結果を、ズバリ言いましょう。「アメリカに戦争で負けたから」この一点につきます。

当時アメリカは様々な利権が絡み合い、第二次世界大戦頃から、大麻を禁止しよう!という流れになっていました。そしてそんな中、多くの産業を大麻に頼っていた日本の、大麻産業はアメリカからすると、かなり邪魔な存在だったんです。

 



 

この動画に詳しい説明が載っています。

そして、アメリカ政府は、日本以外でも大麻取締法を、ドンドン制定していくのです。

スポンサーリンク


何故今になって合法化?

f6c10eee_R

画像参照元:http://qq1q.biz/oyRU

そんなある意味可哀想な歴史を持つ大麻ですが、何故今になって、合法化の流れになってきたのでしょうか?

実は、大麻を合法化しようという流れは、1960年代頃から徐々に起こりつつありました。しかし、当時はアメリカ政府による、大麻のネガティブキャンペーン真っ只中。大麻を解禁しよう!なんて事を言い出せば、非難を浴びせられる時代でした。

そして、1960年代に、下火として着き始めた大麻解禁ブームは1990年代にアメリカで徐々に広がりを見せ、2000年代に入ると、ようやく大麻のキチンとした研究が、なされるようになってきました。

そしてその中で大麻には様々な医療効果がある事が分かったのです。

・風邪に効く

・癌に効く

・喘息に効く

 

軽く確認してみても、これだけの効能がある事が、世界的な研究で認められています。

更に、大麻には今までの通説のように、中毒性などがない事が、科学的にも証明され始めたのです。そういった研究結果も相まって、各国では更に大麻解禁のムードが高まります。

そして2012年、世界に大麻禁止を押し付けてきたアメリカで、遂に大麻を解禁する州が現れたのです。このニュースによって様々な国が、大麻の実質合法化を推し進めました。

23_07_09_asa

 

画像は2011年のものですが、その当時でもこれだけ合法化が進められてきたんです。

2017年現在も様々な国で合法化が進んでいます。

 

まとめ

アメリカが押し付けてきた大麻取締法。

そのアメリカが大麻を解禁した事で、日本にも解禁を迫るんじゃないでしょうか?筆者は、大麻推進派でもなければ、反対派でもありません。

しかし、今まで習ってきた知識と、大麻に対する現実にあまりにもギャップがあった為、この真実をなんとか知ってもらいたい、その一心で今回記事を書きました。

どうか皆さん、真実を知って、一度大麻に関して、深く議論してみませんか?合法化が進んでいる国でも、もちろん反対意見も存在します。

大事なのは議論する事だと思います。

スポンサーリンク


あなたにオススメの記事

川島なお美はワインの飲み過ぎで癌に?赤ワインは本当は危ない!

学生にオススメ!女子力を格段にアップさせる持ち物はこれだ!