// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

男性諸君必見!女性が脈ありの時にするわかりやすい行動とは??

328673c2ccbb76e8e2bc4155b233e354_s1

(画像元:http://lovemo.jp/13527)

 

女性が脈ありの男性に対して、女性がする行動とは一体どのような行動でしょうか?

男性は、好きな女性が脈があるのかないのか分からないので、アタックするタイミングを掴む事ができません。そこで、脈ありの女性が行う行動について紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



 

女性が脈ありの時にするわかりやすい行動:その①

積極的に会話をする

01109

(画像元:http://woman.mynavi.jp/article/150501-34/)

 

女性は好きな男性と、そうでない男性への対応が全く違います。

好きな男性、脈のある男性に対しては目を輝かして会話をしたり、積極的に会話をします。また、会話が途中でストップしたりしないです。しかし、そうでない男性に対しては目をそらしたりと、あまり興味が無い様子で、自ら積極的に話をしません。

なので、会話が途中でストップして、気まずい雰囲気になってしまったりします。

 

女性が脈ありの時にするわかりやすい行動:その②

頻繁にボディタッチをする

女性は脈がある男性に対しては、隙があればボディタッチをします。特に飲み会など、酔った勢いでボディタッチをしたり、腕を組んだりします。また、歩いている時にも、手を組んだり、疲れている仕草をしたらマッサージをしてくれたりと、女性は男性に近寄るための動機を探しているのです。しかし、中にはその女性が常日頃から誰にでも軽いノリでするような人には要注意です。

なので、日頃からその女性がどんな行動をするのか把握しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク



 

女性が脈ありの時にするわかりやすい行動:その③

デートに誘われる

20130813100444-2936-588_thumbnail

(画像元:http://howcollect.jp/article/4727)

これはわかりやすいと思いますが、向こうからデートに誘ってきた場合、おそらくOKのサインであると解釈して間違いないです。しかし、デートに誘うというのはかなり積極的な女性です。なので、「気になってるから、とりあえずデートに誘ってみるか」という軽いノリで誘ってきた場合には要注意です。

その場合にはデートで試されているのであり、付き合えるという保証ではないです。そうは言っても、女性がデートに誘うということは、あなたに興味があり、かなり好意的であるということは間違いないと言えるでしょう。

 

女性が脈ありの時にするわかりやすい行動:その④

誰よりも優しく接する

af9940089688w-300x225

(画像元:http://woman.mynavi.jp/article/150701-183/)

女性は気になる男性に対して、優しく接することが多くなります。たとえ、男性がミスをしたりしても、「大丈夫だよ!」や、「気にしないよ!」など、元気づける言葉を投げかけてくれます。また、どんなに周囲から避難されても味方をしてくれます。

さらに、失敗したりして落ち込んでいたら元気づけようと、積極的に話しかけてくれます。しかし、他の男性へも同じような行動をしているかもしれないので、日頃から観察することが大切と言えるでしょう。

 

女性が脈ありの時にするわかりやすい行動:その⑤

いつも一緒にいる

好きな人とはなるべく一緒にいたいものです。なので、一緒にいる時間が多かったりして、1人の時間がないと感じる人は、脈があると思ってもいいかもしれないです。

特に好きでない人と2人だけの時間を多く持つということは、よほどのことがない限りないです。なので、2人だけで過ごすことが多い場合は好意を持っているでしょう。

また、メールやLINE、電話などで家に帰ってからも連絡を向こうからとってきた場合には、これも脈があると考えて良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

男性は脈があるのかないのか気付きにくい生き物です。しかし、女性は好きな相手にはサインを出しているのです。

男性はそのサインに気づいてあげることが大切です。

日頃から観察しておけば、そのサインを見落とすことなく、女性のハートを射止めることが出来るのです。

 

スポンサーリンク



 

あなたへのおすすめ記事はこちら!

逆立ちダイエットの効果は?健康で痩せやすい体を作るにはコレ!

阪神・中村勝広GM66歳で死亡!!死因の脳出血の原因とは??

コメントを残す

サブコンテンツ