恋人同士はいつも仲がいいのが理想ですが、常にラブラブいうわけではありません。時にはケンカをしたりもします。

そして、様々な問題を乗り越えて、お互いを理解することが出来た時に結婚に至るのです。

N112_yorisohuhutari500-e1424039266723

そこで、20年以上にわたり多くのカップルの恋愛相談にのってきた私が、恋人と喧嘩しても仲直りして上手くやっていく方法について、アドバイスしていきます!

今、喧嘩してしまっている人だけでなく、今の恋人と結婚したい人にも役立つ内容ですので、是非ともご覧頂ければと思います。

 

スポンサーリンク



 

恋人と喧嘩した時仲直りする方法:その①

男と女は喧嘩になる原因が違うことを理解する

20130208170352_5114b1684cdb7

そもそも男と女では喧嘩になる原因が違ってきます。

男は物事を論理的に追求する傾向があります。物事の原因を徹底的に追求して、論理的に物事を考える傾向にあるといえるのです。

一方で、女はその時の自分の感情を優先する傾向にあると言えます。論理的にどうとかはあまり関係なく、自分がその時にどう感じたかというファーストインプレッションを大切にします。

なので、相手に論理的に説明されても、その時の感情が受け入れなければ納得出来ないこととなるでしょう。全ての男女に共通するわけではないですが、性格が違うのですれ違いも起こり、感情的になってしまって喧嘩することもあります。しかし、違うからこそ惹かれ合って愛し合うこともできます。

お互いの違いを認め合い、尊重することは最も必要なことかもしれません。

 

恋人と喧嘩した時仲直りする方法:その②

相手を否定しない

喧嘩になりそうな時は言いたいことがたくさんあり、相手の言動や行動などを否定したくなる時もあると思います。

「だからあなたはダメなんだよ」とか「こういうところが嫌い」などと、心の中で思っていても決して口に出してはいけません。たとえ、相手がそのような先制パンチを発したとしてもです。

まずは相手の言い分を聞いてみて、相手は今、何に怒っているのかを理解しましょう。その後、冷静になって解決策を探り、自分に落ち度があればそれを改善するようにしましょう。そうすることでうまい方向に進むことが多いです。

特に、男ならとりあえず相手である女の言い分を聞いてあげるべきです。女性は傷つきやすく、落ち込みやすいです。なので、感情的になって相手を害さないことが大切になってきます。

 

スポンサーリンク



 

恋人と喧嘩した時仲直りする方法:その③

相手のことが大切だと伝える

たとえ、喧嘩をしたとしても相手のことが好きで大切に思う感情があれば、その気持ちを伝えることが大切です。

相手のこと全てを好きになることは難しいかもしれないですが、大切な人である事に変わりはない事を自分の言葉で伝えると、相手も嬉しい気持ちになります。

そうすればきっと仲直りできると思うし、より一層2人の仲は深まるものだと思います。

20140214084548-3016-790_raw

その時にちょっとしたサプライズの演出があればいいですね。ちょっとしたプレゼントや手紙、手料理、結婚の約束をしていたのなら結婚指輪なんかでもありだと思います。今までの付き合いの中で、反省と相手への
感謝、これからもよろしくという気持ちを伝えて、相手をコチラに振り向かせることができれば上手くやっていけます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

恋人はいつでもお互いが尊重し合い、愛し合っているのがいいですが喧嘩することもあるのです。その解決策として、相手を尊重すること、相手を大切に想っていることを伝えましょう。

お互いの価値観の相違があるので、喧嘩が生じます。なので、その相違を解消する努力も必要です。

その相違の解消は相手に求めるのではなく、自分自身で相手の価値観に近寄る努力をすることが大切です。

スポンサーリンク


オススメ記事はこちら!

男性必見!年上の女性にモテる方法!憧れのあの人をロックオン!

女性の恋愛心理学!好意を持っている男性へのしぐさ