winter-back020

だんだん寒さが増してきて、嫌だな〜、なんて思っていませんか?

冬だから寒いのは当たり前!スノーボードやスキーなどは寒い冬に雪がないと楽しめませんよね!寒いからこそ楽しめる事もあるんです。

冬ならではのスノボなどウィンタースポーツを紹介するのはありきたりなので、今日はちょっと変わった冬ならではのスポットを紹介します。

スポンサーリンク


氷のホテル

出典:retrip.s3.amazonaws.com
出典:retrip.s3.amazonaws.com


氷のホテルがあるのをご存知ですか?

氷のホテルですよ!!冬の限定感がハンパないですよね!

スウェーデンやフィンランドなどの北欧地域だと冬の伝統的な建物で、結構色んな所にあります。この氷のホテルが実は北海道にもあるんです。冬限定の氷のホテルが2016年も登場します。実は、2014年に初めて氷のホテルが作られ大人気だったため2015年も開催。そして2016年も開催されることが決定しました。

場所は北海道の当別町。札幌の隣の町で札幌からバスで約1時間ほどで行けます。夏はゴルフ場になっていて札幌からのアクセスも良いので、観光客がよく訪れる地域でもあります。

建物は宿泊できるホテル棟が3棟と、ドリンクを楽しめるレセプション棟の計4棟で成り立っています。レセプション棟にはチョコレートで有名な「ロイズ」が経営するアイスバーがあります。

このアイスバーかなりこだわりがある作りになっているんですよ!まず、テーブルや椅子は全て氷で出来ています。板チョコをモチーフにしたオブジェもありロイズっぽさが出ています。

さらに!

氷のグラスでドリンクを提供してくれます。氷のグラスでお酒をクイっと飲んでみたいですね♪

出典:hokkaidoijyuu.jugem.jp
出典:hokkaidoijyuu.jugem.jp


 

非日常の世界過ぎて考えただけでもワクワクします!!

スポンサーリンク


宿泊プラン

出典:chowlab.blogspot.com
出典:chowlab.blogspot.com


宿泊プランは3つ。

・バスパック(日帰り)
・タクシーパック(1泊)
・タクシーパック(2泊)

 

宿泊でも最大12時間しか滞在できないので、札幌にホテルを取り、アイスヒルズホテルを行き来する感じです。宿泊の場合夜20時半にチェックインし、翌朝9時前には札幌のホテルへ向かいます。

アイスバーは23時までは一般公開ですが、それ以降は宿泊者のみしか利用できないので、ゆっくりお酒を飲みたい方は宿泊プランがオススメです。しかし、宿泊する上で最大の問題点が氷のホテルなので暖房がないこと!暖房つけたらホテルが溶けます(笑)極寒の北海道で暖房なし!

なかなかキツイですね〜。

部屋にはもふもふの毛布があり、さらに寝袋に入って寝る感じです。1晩過ごすのはかなりの防寒対策が必要です。寝られるのかちょっと心配。。

公式サイトも「思ったより寒くないかも」と絶対に寒くない!とは断言していません。寒がりな方は、宿泊よりも日帰りプランの方が個人的にはオススメです^^;

寒さに強い方はぜひ宿泊プランをどうぞ!

 

予約方法

アイスヒルズホテルに滞在するためには予約が必要です。

気になる予約方法ですが、2つ方法があります。

1つは公式サイトから予約する方法。

もう1つは、現地へ送り届けてくれる貸切タクシー観光サービスの「MIDトラベル」で予約する方法。

公式サイトから予約する場合、クロスホテル札幌がアイスヒルズホテルを運営をしているため、クロスホテル札幌に必ず宿泊しなければいけません。しかし、MIDトラベルで予約すればアイスヒルズホテル以外の滞在先は自分で好きなように選ぶことができます。その方が時間をより自由に使えますし、ちょっとだけ旅費を抑えることが可能です。

滞在する期間やプランも考えた上でどちらで予約するのが良いか検討してみて下さい。

アイスヒルズホテル

MIDトラベル

 

まとめ

いかがでしたか?

氷のホテルで過ごすのってなかなか出来ないですよね。

開催期間は1ヶ月ちょっとと短めなので、気になる方はぜひ!2016年の開催は決まっていますが、これを逃したら次はもうないかもしれませんよ!

スポンサーリンク



【この記事を読んだあなたへのおすすめ記事】

イオンモールが12月4日愛知県常滑市にオープン!今常滑が熱い!

初詣に行くならココ!関西で行きたいおすすめ縁結びスポット3選
クリスマスデートにおすすめするラブラブスポットは?東海編1