// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

冬にこたつとみかん以外にも楽しみ方が!おもしろこたつイベント


寒さがどんどん増す今日この頃。

冬と言えば…

こたつ

ですよね。

 

寒い冬にこたつでぬくぬく。

さらにはみかんを食べるのが

至福の時です♪

 

私は、寒い季節は苦手なので、

こたつに入ったら

ずっとへばりついていて

離れられません!

 

そんなこたつが

家以外でも楽しめちゃうのを知っていますか?

 

おもしろこたつイベントをまとめてみました!

スポンサーリンク


こたつ水族館

出典:j-town.net



石川県七尾市にある

のとじま臨海公園水族館には

館内にこたつが設置されています。

 

水槽の目の前にこたつがあるので

こたつに入りながら

スイスイ泳ぐ魚たちが見れちゃいます。

 

こたつに入りながらゆっくり見れるなんて

かなり贅沢!!

 

カーペットも敷かれているので

寝っころがりながら見ることもできます。

 

しかも、この水族館

世界最大のジンベイザメもいるんです!

 

日本海側の水族館で

ジンベイザメが見れるのは

この水族館だけ!

 

傍から見ると変な光景ですが、

お家にいる気分で

迫力あるジンベイザメが見れるのは

なかなか体験できませんよ!

 

また、兵庫県の須磨海浜水族園でも

こたつが設置されています。

出典:www.city.kobe.lg.jp



ここはカウンター式のこたつ。

職員の手作りのこたつです♪

 

わざわざ靴を脱ぐ必要がない

こたつになっています。

 

ベンチに座る感じでゆっくり魚を見ることができます。

ついつい長居しちゃいそうですね。

こたつ列車

出典:kinarino.jp



三陸鉄道の

こたつ列車。

 

車内には掘りごたつが設置されています。

こたつ車の車内は全てこたつになっていて

なんだかおもしろいです。

 

こたつ車は

通常料金に指定席料310円が必要です。

でも310円でこたつ列車が楽しめるのは

割安ではないでしょうか?

 

なまはげに似た

「なもみ」が

途中登場します。

出典:blogs.yahoo.co.jp



何も知らずに

これが登場したらめっちゃ怖いですけど^^;

 

ガイドをしながら旅を楽しませてくれます。

冬の旅行にはかなりオススメです。

 

■運転期間
平成27年12月5日(土)~平成28年3月27日(日)の土休日
および平成28年1月4日(月)

■運転区間と時刻
久慈発12:13 → 宮古着13:54
宮古発15:05 → 久慈着16:46  各駅に停車

こたつ列車

スポンサーリンク


こたつ舟

出典:blog.livedoor.jp



舟にこたつ!

冬になると全国各地で

こたつ舟が登場します。

 

有名なのは、秩父の長瀞下り。

12月上旬から3月中旬まで

毎年営業しています。

 

食事の持ち込みは自由なので

定番の

こたつにみかん

も楽しめちゃいます☆

 

こたつの追加料金はなく、

通常料金でこたつ舟が

楽しめるんです。

 

荒川ライン下りは

大人1600円。

 

夏に川下りも涼しくて良いですが、

こたつ舟も冬ならでは良いですよね。

 

真冬に川下りなんて寒くて嫌!

って思うかもしれませんが、

こたつがあれば

足元ポカポカで川下りができます。

 

みんなでこたつに入ってワイワイできるので

知らない人とも仲良くなれそうです☆

 

荒川ライン下り

こたつラグビー観戦

出典:pds.exblog.jp



これもなかなか衝撃的なイベントです!

 

大阪にある花園ラグビー場には

冬になるとこたつ席が登場します。

 

チケットは4人分で12000円。

なんと、ラグビー観戦だけでなく!

うどんや肉まんが人数分ついて

この値段!

めっちゃお得じゃないですか?!

 

しかも観客席中央の一番上にあるので

眺めもかなり良く

まさに特等席!

 

家族でワイワイしながら

観戦するのも良いですね☆

 

まとめ

こたつって

今や家だけでなく

外でも楽しめるようになったんです!

 

家でこたつに入ってのんびりするのも良いですが、

水族館などでこたつに入るのも

新鮮で良いですよね。

 

新たな冬の楽しみ方を

試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



【この記事を読んだあなたへのおすすめ記事】
氷のホテルが北海道に!神秘的な世界で非日常を味わえるスポット
冬の朝に寒くても起きるには?極寒の中でも布団から出る方法3選
長距離運転でも疲れないようになる!ちょっとした「コツ」7選!

コメントを残す

サブコンテンツ