朝食の定番であるオレンジジュース。

ホテルのバイキングでは必ずあり、喫茶店のモーニングでもメニューにあるお店が多いと思います。ですが、あのオレンジジュースですは、朝食に飲むと肌荒れを助長する危険性があるんです。

驚きの真実ですので危険大です。なので、朝食にオレンジジュースが出てきたら避けるほうがいいですね。

20110808orangejuiceartificiallyflavored

そこで、美肌カウンセラーの私が、朝食時にオレンジジュースを飲むと美肌に悪影響を及ぼす理由と、飲んでもいい時間帯、その他朝食時に飲むと悪影響を与える飲み物ついてまとめましたので参考にして頂ければと思います。

 

スポンサーリンク



 

朝食にオレンジジュースはNG:その①

その理由とは?

オレンジジュースの中には「ソラレン」という物質が含まれています。この「ソラレン」は紫外線に敏感に反応するのです。そして、僅かな紫外線であっても肌にシミを作る原因となるのです。

ソラレンは摂取した数時間後には排出されるので、朝食時に摂取して日中に活動する場合は危険な成分を摂取していることになり、大変危険です。なので、朝食時にはオレンジジュースの摂取を控えるべきですね。

【ソラレンが多い果物】
レモン、ライム、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類、キウイ、イチジクなど。

【ソラレンが多い野菜】
キュウリ、セロリ、みつば、にんじん、春菊、野沢菜、しそ、パセリ、パクチー、コリアンダー、クミン、ディル、フェンネル、アニス、チャービルなど

(出典:http://matome.naver.jp/odai/2140974616753727101)

 

朝食にオレンジジュースはNG:その②

その他の危険な飲み物は?

752ec59f70e4d76a9cd0794f222f03fe

オレンジジュースの他にも危険な飲み物がありますので、ご紹介します。

 

・レモンティー

レモンティーはオレンジジュースと同じく、ソラレンが含まれていて、紫外線に敏感に反応する飲み物です。

レモンティーは朝食前に飲みたくなる時ってありますよね?ですが、朝飲むのは危険です。

 

・冷たいミネラルウォーター

ポイントは「冷たい」が重要です。目覚めに冷えたミネラルウォーターを飲む方も多いのではないでしょうか。ですが、冷たい飲み物は胃腸に負担をかけるので注意が必要です。飲むなら、常温ミネラルウォーターか白湯がおすすめですね。

 

・グリーンスムージー

これも同じくソラレンが多く含まれています。摂取してから約2時間程度で紫外線の吸収率はピークになり、この状態が7時間は続きます。

表紙イメージB

朝食にグリーンスムージーを飲むのが朝の7時くらいだとして、9時にはピークの状態になって夕方近くまで続くということですね。

 

スポンサーリンク



 

朝食にオレンジジュースはNG:その③

飲むべき時間帯とは?

 

ソラレンが含まれた飲み物を一切飲むことがダメなのかとそうではないです。重要なのは時間帯であり、時間帯の枠内であれば問題ないのです。

ソラレンは7時間ほど活動していることを考えると、飲むべき時間帯は夜ですね。しかし、あまり遅い時間帯に飲んでしまうと、身体が活動していないので代謝しきれずに脂肪として蓄積されてしまうのでよくありません。なので、18時~21時ごろがベストな時間帯と言えるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

朝食の定番のオレンジジュースにこんな落とし穴があったとは驚きですね。ですが、飲むべき時間帯を守ったりすれば全く問題無いですね。朝食は一日の活力を発揮することができるかを左右するで、必ず食べるようにして、オレンジジュースはトマトジュースなどで代用してみましょう。

 

スポンサーリンク



 

オススメ記事

最近何かと話題の「米油」って何?美肌や健康に驚きの効能!

女性の永遠の悩み!ダメージヘアを解決する4つの習慣【前編】

女性の永遠の悩み!ダメージヘアを解決する4つの習慣【後編】