身体がほっこり温まるスープっていいですね。特に、身体が冷えている時に温かいスープを飲むと、幸せな気分になっちゃいます。

今日は、簡単にできて身体にもよいスープをご紹介しようと思います。ダイエット中の方にも嬉しいスープをご用意してみました。

是非、参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

オニオンスープ

 

簡単でおいしい定番のようなオニオンスープですが、今日は身体を暖めるために生姜を使ってみました。

生姜の香りが程よく良い味に仕上がりました。冷え性の方にとてもいいスープでね。

簡単にすばやく作るため、ニンニクと生姜はチューブの物を使いました。

 

材料

2~3人分

シーチキン缶 1缶

玉ねぎ 2玉

コンソメ

バター(マーガリン) 適量

塩 少々

ニンニクチューブ 適量

生姜チューブ 適量

水 300cc

 

作り方

①玉ねぎは輪切りにし、シリコンチーマーを使ってレンジで5分加熱しておきます。

②鍋にバターを入れて火にかけ、レンジでチンした玉ねぎを入れて炒めます。少し、焦げ目ができてきたところで、シーチキンを汁ごと入れます。

③塩・にんにく・生姜・コンソメ・水300㏄入れてぐつぐつ煮ます。

④沸騰してきたら弱火にしてさらに5分程煮ます。

⑤お皿に盛ってパセリをふって出来上がりです。

そのまま、食べても良いですが、スープにパンを浸して食べても美味しいですよ。冷めないうちにお召し上がりください。

 

具だくさん暖かスープ

 

材料

1人分

ベーコン1枚・ウインナー2~3個・じゃがいも1個

ニンジン半分~1本・玉ねぎ半分・カブ1個・キャベツ3枚

白菜4~5枚・冷凍コーン少量・ブロッコリー適量

 

固形コンソメ・水・塩コショウ・オリーブオイル・ローリエ1枚ブラックペーパー・パセリ

 

作り方

①パセリはよく使うので、買って来たら生で食べる以外は冷凍しておきます。

②白菜・キャベツ・ブロッコリーの芯の部分は小さ目に切っておきます。

③その他の野菜・ベーコン・ウインナーは食べやすい大きさに切っておきます。

④鍋にオリーブオイルを少量ひいて、葉物以外の野菜・ウインナー・ベーコンの順に軽く炒めていきます。軽く炒めることで野菜の表面をコーティングするので、旨みが逃げないのです。

⑤水、コンソメ・ローリエを入れて蓋をし、沸騰するまで中火で煮ます。

 


 

水は材料が浸るくらいにします。沸騰したら火を弱め、アクを取りのぞきます。

⑥キャベツ・白菜入れてさらに煮ていきます。キャベツがしんなり煮えてきたら、弱火でさらに10分程じっくり煮込みます。塩コショウで味を調えて出来上がりです。

お好みでブラックペッパー、パセリを粉にして振りかけます。具がたくさん入っているので、お腹も満たされますね。

材料は適量で大丈夫です。これ一杯でお腹も満たされ、身体もぽかぽかになりますね。

 

スポンサーリンク


餃子のあったかスープ

 

材料

2人分

餃子:にら1/4束・白菜3枚・豚挽き肉100g・餃子の皮10枚

☆ごま油・塩・コショウ・醤油 適量

 

スープ:にら1/2束・白菜4枚

トウガラシ(小さ目3個)・ニンニク1かけら

オリーブ油・醤油・鶏がら顆粒

お湯

 

作り方

ニンニクとトウガラシを適当な大きさに切って、少量のオリーブ油で炒めておきます。

②餃子を作ります。にらは、よく洗っておきます。白菜は葉の部分をさらっと茹でておきます。

③豚挽き肉に、ごま油を少量入れてよく混ぜ合わせます。

④にらと白菜の葉の部分を細かく切って、一緒に混ぜ合わせます。塩・コショウとお醤油で軽く味をつけておきます。

⑤餃子の皮に小さじスプーンですくった量を入れ、形を整えます。

⑥白菜を茹でたお湯を使います。鶏ガラ顆粒を入れ、ニラや白菜など入れたい野菜を適当に切って、入れて煮込んでいきます。

⑦餃子を入れて、くっつかないように軽く混ぜます。

⑧10分程煮込んで、餃子に火が通ったら味を調えます。お醤油を少量入れて、沸騰したら出来上がりです。

 

餃子の量次第で、主食にもなりますね。

醤油で味付けするのもいいですが、中華味であっさりもいいですよ。一杯目は、中華味二杯目は醤油味と味を変えるのもお薦めです。

 

大根とミカンであったかスープ

簡単♪大根とミカンのあったかスープ
出典 http://goo.gl/m1aIo1

 

材料

大根5cm・えりんぎ1本・鶏ささみ100g程度

みかん1~2個・和風だし・塩・薄口しょうゆ

七味トウガラシ・

 

作り方

①鶏ささみを水から煮ます。

②沸騰して色が変わったら、ささみを取り出し冷まします。この時、お湯は捨てません。

③大根とエリンギは一口大に切っておきます。

④鶏ささみが冷えたら、手で割いていきます。

⑤先ほどのお湯に大根・エリンギ・和風だしを加えて煮ていきます。

⑥火が通ったら割いたささみとみかん一口大のものを、鍋に投入しちゃいます。

⑦沸騰したら、火を止めて塩と薄口しょうゆを入れてから再び煮込みます。(気持ち煮込む程度)味見をすると少し、柑橘系の苦みが少しあるところが美味です。

⑧器に盛りつけてお好みで七味唐辛子をふりかけます。

ヘルシーなのでダイエットにも強い味方です。身体を冷やすと言われている野菜でも、火を通す事によって身体を暖めてくれる食品になります。

冷性の方も気にしないでどんどん食べましょうね。

 

まとめ

いかがでしたか

今日は、あったかスープをご紹介しました。

一人で済ます夕食は簡単にしがちですが、野菜をたっぷり入れてお腹も満たしましょう。野菜嫌いなお子さんには、スープの味を変えたりして工夫しましょう。

ウインナーを模ったり、蒲鉾を使って形を工夫したりするだけでも喜んでくれますよ。スープを全部飲んでくれるようになります。寒い夜は、簡単でおいしいスープで身体をあたためましょう。

是非、試してみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は、主食になるすいとんスープをご紹介いたします。

寒い日はすいとんでぽっかぽか!簡単に作れておいしい家庭の味

 

スポンサーリンク



 

お薦めの記事

気軽にできて効果的 あなたにも簡単にできる置き換えダイエット

おせちに飽きたらリメイク!残ったおせちでも簡単で美味しいレシピ

女性必見!今日から実践できる冷え対策 冷やさない身体をつくろう

ダイエットが無理と思っているあなた!食事の取り方で変わります