// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

冬至になんでかぼちゃを食べるの?冬至に食べると良い食べ物とは


 

今年の冬至は12月22日ですね。

冬至と言えば、カボチャとゆず湯がお決まりですが

何故なのでしょう。

 

意味を考えたことありますか?

 

風邪を引かないからと言い伝えられていますね。

それだけでしょうか?

 

今日は、冬至の日になぜカボチャがいいのかという事

そのほかに良い食べ物はないのか

そんなお話をしていきたいと思います。

 

ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク


冬至とは


 

一年で一番日が短い日

日照時間が短い日ですね。

 

夏至と比べると、

平均5時間位の日照時間の差があります。

 

太陽のエネルギーを受けるのが一番少ない日

とも言えます。

 

冬至はかぼちゃを食べる日と

思っている人も多いでしょう。

 

外れていないのですが、

もっと、深い意味があります。

 

冬至を境に、だんだん日が伸びてきます。

これは、大事な事なのです。

 

なんと冬至は、

運気が上昇する始まりの日なのです。

 

運気が上昇する始まりの日に

んの付く食べ物を食べ、

運気を呼び込もうとする風習です。

 


 

かぼちゃは夏野菜ですが、保存がきくという理由から

一年中食べられます。

 

昔は、冬は野菜が少なくなるので

保存の効くかぼちゃをとっておき

冬至の時期に食べていたとされています。

 

栄養価も高いので絶好の野菜なんですね。

 

運気が上がる食べ物はかぼちゃ以外にも

だいこん・レンコン・にんじん

みかん・きんかん・ぎんなん・寒天

こんぶ・こんにゃく・寒天やうどん

などもあります。

 

運盛りと言われ

縁起を担ぎます。

 

特に

レンコン・ニンジン・きんかん・寒天・銀杏

など、んが2つつくものは

物事を沢山取り込めると言われています。

 

かぼちゃは

南瓜と書いて

なんきんと読まれます。

 

んは

いろはにの47音の

最後であり、物事の終わりを

表しています。

 

悪い事があっても

回復して良い方向へ

向かうという意味もあります。

 

んが付く食べ物が良いのは

こんな意味もあるのですね。

 

 

かぼちゃの効能は

 


 

かぼちゃは

栄養成分を多く含む緑黄色野菜です。

 

ガン予防や冷え性改善、体力回復、

風邪予防、貧血改善などに効果があります。

 

ビタミンAが豊富で

ビタミンB1 B2 C カルシウム 鉄などを

含んでおり

β-カロチンの含有量が多いのも特徴です。

 

粘膜などの細胞を強化して免疫力を高める働きがある

 

ポリフェノール ビタミンC Eなどの抗酸化力が高く

身体を温める効果があります。

 

冷え性の方に効果的です。

 

暖かいスープにするとよいですね。

 

 


 

免疫力を高め風邪予防にもなります。

 

鉄分・カルシウム・ビタミンCが

含まれているため

貧血改善にもなります。

 

カロチンとビタミンCで細胞粘膜を正常に保つため

潰瘍などにもよく、免疫力アップとともに

ガンの予防にもなる。

 

など効能も沢山あります。

 

ビタミン類 ポリフェノール ミネラル 植物繊維は

皮やワタの部分に多く含まれています。

 

皮ごと調理ができて食べれるので便利ですね。

 

ちょっと硬いので切る時が

大変ですけどね。

 

ビタミンAとEは脂溶性ビタミンなので

脂と一緒に調理するとよいですよ。

 

地方によっても習慣は違う

 


 

地域によって風習は違い

それぞれ、言い伝えがあるようです。

 

いとこ煮 (北海道) かぼちゃとあずきを一緒に煮る。

砂糖をかけた梅干し (福島)

お雑煮の中に塩いくらを入れる ( 仙台)

塩辛い饅頭を食べる (埼玉)

こんにゃく (東京)

 

餃子 (中国、、北部)

ワンタン (中国、南部・台湾)

あずき粥 (韓国)

 


 

いろんな食べ方があるのですね。

どれも、運気をあげ

無病息災を願って食べるようです。

 

今年の冬至は、

普段とはちょっと違った冬至を迎えてみましょう。

スポンサーリンク


冬至にお薦めの食べ物

 


 

寒い時は温まる食べ物がいいし

簡単に作れるものが

良いですね。

 

そこで、お薦めなのが

ほうとう鍋です。

 

冬至に食べると良いと言われている

野菜を沢山入れて

身体を温めましょう。

 

<材料>

かぼちゃ・人参・こんにゃく・大根

里芋・しめじ・白菜・ネギ

豚肉

など、お好みで。

 

好きな野菜を何でも入れてください。


 

<作り方>

 

ダシは昆布と鰹など和風だしがいいですね。

野菜は、食べやすい大きさに切っておきます。

 

白菜の葉の部分と

ネギ以外は最初から鍋に入れます。

あくを取りながら茹でていきます。

 

<ほうとうの作り方>

強力粉 100g

薄力粉 100g

水 100㎖

塩少々

 

粉をボールに入れて

塩を入れた水を加え

手早く、ざっくり混ぜます。

 

台に打ち粉をして

両手で力を入れて

伸ばし、手前にたたみ

向きを変えて伸ばす。

 

この動作を5分位行います。

 

艶が出てきたら

一まとめにして

室温で30分ほど寝かせます。

 

生地を3等分に分けておきます。

 

まな板の上に

片栗粉で打ち粉をし

生地を2~3㎝の厚さになるまで

伸ばします。

 

1cm幅に切ります。

 

麺がくっつかないように

片栗粉をまぶしておきます。

 

野菜がやわらかくなったら

麺を入れていきます。

 

くっつかないように

菜箸で軽くほぐします。

 

15~20分程煮込み

白菜の葉の部分と

ネギを入れて

味噌で味をつけて出来上がりです。

 

熱いうちにお召し上がり下さい。

 

 

ゆず湯がいいのは

 


 

風邪に良い

湯に入って病気を治す湯治と

冬至のごろ合わせ

 

ゆずは融通が利く

などと言われています。

 

ゆずの成分は

血管拡張をうながす成分があります。

 

循環がよくなり保温性が高くなり

新陳代謝がよくなります。

 

お肌にもよいので

つるつるしますよ。

 

冬至の日は冷え込みも強いので

ゆず湯にゆっくり入って

身体を温めましょう。

 


 

ゆずの使い方は法則はありません。

 

ゆずを丸ごと湯船に入れるのも

良いですが、

幾つも入れないと

風情がでませんね。

 

10個ぐらい浮かべると

風情もでます。

 

一個でもいいのですが

その時は

皮を2~3か所削って入れると

匂いも出て良いですね。

 

ゆずを半分に切り

果汁を絞ってから

ガーゼ状の袋に入れて

お湯の中に入れておくと

匂いもしますし

効果もよいです。

 

何よりも後始末が楽ですね。

 

今年の冬至は

ほうとう鍋を食べて

ゆず湯に入り

風邪を引かない身体を作っていきましょう。


 

まとめ

いかがでしたか。

小さなころから、冬至には

かぼちゃを食べていましたが

深く意味は考えていませんでしたね。

 

ゆず湯もそうですね。

今年は、無病息災を願って

かぼちゃを食べ

 

ゆず湯に入って

ゆっくり身体を暖めましょう。

 

年末の、慌ただしい中

ゆっくり入浴する事でができれば

疲れを癒すこともできます。

 

明日への活力にもなりますね。

 

今年の冬至は

運気を是非感じてくださいね。

 

今日も、最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

お薦めの記事

ワインのおいしい飲み方と残った時のおいしいアレンジ使用法とは

甘酒がダイエットにも効果あり?!うまく取り入れて美力アップ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ