// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

大阪W選挙で維新候補がW当選!今後の大阪の政治はこうなる!

任期満了に伴う大阪府知事選挙、大阪市長選挙の

投開票が11月22日行われ、大阪知事選挙では

大阪維新の会幹事長で現職の松井一郎氏、

大阪市長選挙では大阪維新の会が推薦する

元衆議院議員の吉村洋文氏が当選を決めました。

CIMG2267

(出典:http://kazoku-time.com/)

今回の選挙戦は維新VS反維新の戦いでありましたが、

府民、市民は維新のリーダーを選んだわけですが、

今後の大阪の政治はどうなるのでしょうか?

 

様々な専門家や記者からの情報を基に

まとめてみましたので、

大阪府民、市民だけでなく他の方々にも

参考になる情報ですので、是非とも参考に

して頂ければと思います。

スポンサーリンク


大阪W選挙で維新候補がW当選:その①

都構想再挑戦

大阪市では5月17日に大阪市を廃止して5つの

特別区に分割することへの賛否を問う住民投票が

行われましたが、反対多数で頓挫しました。

 

この結果を踏まえて、橋下市長は政界引退を

表明しましたが、今回の選挙戦で、松井一郎幹事長は

W当選すれば都構想再チャレンジすることに

意欲的な発言をしています。

 

なので、再度協議会を設置して、住民投票へ向けて

動き出すのではないかと思います。

 

大阪維新の会にとって大阪都構想は

一番の目玉政策であり、

5つに分割することで、税収の一部が

大阪府に移行するのですが、

 

それでカジノ誘致や大型開発を進め、

最終的には道州制への移行を狙っていると思います。

府民、市民はこの政治体制に付き合っていけるのか

どうかです。

 

大阪W選挙で維新候補がW当選:その②

市政運営

橋下氏が政界から退くものの、維新と他の政党との

対立の構図は変わらないでしょう。

 

現在、大阪市議会では維新が第1党であるものの

過半数の議席には届いておらず、他党に協力が必要です。

d6af392b.

(出典:http://osakashimintimes.doorblog.jp/)

一方で、大阪府議会では維新が過半数の

議席を所持しています。

 

大阪市長が変わっても、維新の政治家で

あることは変わらず、同じ政治理念、政治手法を持って

政治活動を行っていくことになると思います。

 

会派との対立、メディアを攻撃したり、職員に対し思想アンケートや

君が代の斉唱をチェックしたりするなど、行き過ぎた政治手法も

問題視されましたが、吉村新市長も橋下氏を尊敬しているので、

同じような政治手法を使うのではないかと思います。

スポンサーリンク


大阪W選挙で維新候補がW当選:その③

大阪維新の会の今後

大阪維新の会は橋下氏が大阪府知事時代に発足させた

政党であり、国政レベルでは維新の党があります。

 

最近では政党交付金6億円の行方で世間を

騒がしています。

 

その代表である橋下氏が政界を引退し、

代表を退くわけですから、大阪維新の会の

大阪での影響力の低下は避けられないと言えるでしょう。

 

今回の選挙戦でも候補者の吉村氏ではなく、

候補者ではない橋下氏が演説で発言する

時間がかなり多かったです。

松井氏では役不足であると言えるでしょう。

img_0

(出典:http://matome.naver.jp/odai/2133329081005424901)

なので、来年の参議院議員選挙や大阪市議会や府議会、

4年後の大阪府知事選挙や大阪市長選挙では一筋縄とは

いかないでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回の選挙では維新政治に審判を下す選挙であり、

今後4年間の大阪を左右する選挙でもあったと思います。

 

今回は自民・民主・公明・共産が相乗りしたことで

無党派層から敬遠されたのではないかと思います。

 

民主・共産があまり積極的に支援せず、公明が積極的に

街頭に立てば結果は変わっていたのではないかと思います。

 

ですが、大阪府・大阪市のリーダーが決まったわけです。

誰も現状のままでいいと思っている人はいないと思いますが、

大阪維新の会に期待したのです。

 

大阪は単なる地方都市ではなく、西日本の中心都市であります。

よりよい大阪になるように、大阪が発展するように

見守りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ