// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

七草粥の意味や作り方は?正月前に知っておきたい知識を大公開!

 

b0186258_830173

 

いよいよ今年も終わりですね・・・

 

年末大掃除などまだまだ行事が残っていますが、

来年の準備も既に着手されている人も

多いのではないでしょうか?

 

まず一番のイベントはお正月ですね。

 

お正月といえばお餅やおせちなど

用意しないといけない物も多いですね。

 

その内の一つに

「七草粥」があります。

 

今回は七草粥について

その意味や作り方を確認していきましょう!

スポンサーリンク


七草粥の意味や作り方は?正月前に知っておきたい知識を大公開!

七草粥ってなに?
 

我が家の息子は日本語の良さを

伝える番組で自然と覚えたのが

「セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ

ホトケノザ スズナ スズシロ これぞ七草!」

でしたね。

 

言葉の意味は分からなくても

何度も聞いている内に口ずさむようになりました。

 

七草には春の七草と秋の七草がありますが

息子が覚えたのは春の七草です。

 

秋の七草は観賞用なのですが

春の七草はすべて食べられる薬草です。

 

1月7日の朝に日本の行事食の1つとして

食べられるのが「七草粥」なのです。

 

我が家でも毎年1月5日ころから

スーパーの野菜売り場で売られている

 

七草粥がセットになった物を購入し、

1月7日に七草粥を作り焼いたお餅も一緒に食べます。

 

子供は普通のご飯の方がいいな~なんて

顔をしながら食べていますが

やはり1年に一度のことなので大切にしています。

 

しかしなぜこの1月7日に

七草粥が食べられるのでしょうか。

 

次の項目で確認していきましょう。

 

nanakusa

 

七草粥の意味や作り方は?正月前に知っておきたい知識を大公開!

七草粥の由来と理由
 

1年間のうちに節句というのが5つあります。

 

桃の節句がひな祭りですがそれと同様に

江戸時代に1月7日は「人日(じんじつ)の節句」

(七草の節句)と定められました。

 

この日の朝に七草のお粥を食べ、

一年の無病息災と長寿健康を願います。

 

また、お正月でごちそうを食べて

疲れ気味の胃を休める為とも言われています。

 

そしてこの春の七草はいち早く芽吹くので

邪気を払うために食べられるのです。

 

青菜が不足しがちな時期でもあるので、

大切な青菜の栄養を摂るためでもあります。

 

当初はお正月の時期に採れる

お野菜を入れていたそうですが

鎌倉時代に四辻善成が「セリ ナズナ ゴギョウ

ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロこれぞ七草」

と詠みこの7つの種類が

定番になったとも言われています。

 

普段特に考えずに食べていましたが、

色々な意味があるのですね。

 

では実際に効用はどんな物が

あるのでしょうか?

 

次の項目で確認していきましょう。

スポンサーリンク


七草粥の意味や作り方は?正月前に知っておきたい知識を大公開!

七草の効用とは?
 

春の七草はお粥で食べることにより

胃腸をいたわり活性酸素を除去する働きが

あると医学的にも報告されています。

 

七草のそれぞれの効用は以下の通りです。

 

 

セリの効能   食欲増進・解毒・利尿作用・貧血予防

ナズナの効能  下痢止め・止血・消炎・血圧低下

ゴギョウの効能  利尿作用・去痰・止血・のどや咳の炎症を鎮静

ハコベラの効能  歯槽膿漏予防

ホトケノザの効能 食欲増進・胃を丈夫にする・鎮痛作用

スズナの効能   咳止め・食欲増進・腸内環境を良くする

スズシロの効能  利尿・咳止め・便秘解消

 

色々な効用があるのですね。

 

最後に作り方を確認しましょう。

 

ThinkstockPhotos-476450645

 

七草粥の意味や作り方は?正月前に知っておきたい知識を大公開!

七草粥の作り方
 

七草をまず用意します。

 

便利なのは7草がセットになったパックです。

 

スーパーの野菜売り場などで

簡単に見つけることが出来ます。

 

もし7種類がそろわない場合は

ホウレンソウや小松菜などの

冷蔵庫にあるお野菜を代用しましょう。

 

今は炊飯器でお粥が簡単にできるので

簡単にお粥が出来上がります。

 

できあがったお粥に刻んだ七草を加え

塩で味を調えて出来上がりです。

 

お粥だけでは物足らない場合は

お正月に残っている切り餅を

焼いて食べる前に加えると腹持ちも良く、

焼いたお餅の風味ごと美味しくいただけます。

 

お鍋で作る場合はお水の量を

お米の5倍以上が目安です。

 

お鍋にお米とお水を加え火にかけます。

 

沸騰したら弱火にしてグツグツと

40分ほど煮てお好みの柔らかさに

なったら七草を加えます。

 

最後に味を調えて完成です。

 

また、忙しい場合は

お鍋に炊いたご飯とお水を加えて煮込めば

短時間でお粥を作ることが出来ます。

 

塩味だけでなく、鶏がらスープなどで

味付けをアレンジすると

お子様も食べやすくなります。

 

かつお節をトッピングして

お醤油をたらしても

大変美味しくいただけます。

 

アクセントが欲しい場合は七味唐辛子を

一振りすると大人のお粥を楽しめますね。

 

まとめ

 

1月7日というとお正月気分から

気持ちを切り替える時期でもあります。

 

仕事も学校も新たなスタートをする時です。

 

笑顔で元気にスタートするためにも

無病息災を願い家族そろって七草粥を食べましょう!

スポンサーリンク



 

オススメ記事はこちら!

ハチミツが美容に効くの?ビックリする意外な使い方を大紹介!

パワーストーンの選び方とは?運命的な出会いの為に気をつける事

自閉症の体験を激白します。多くの人に知って欲しいリアルとは?

羽生結弦がNHK杯で世界最高得点を更新!!彼の凄さはコレだ!

 

コメントを残す

サブコンテンツ