// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

正月太りには絶対なりたくない!予防するためにできる対策とは

eaf0a9ab95c4f73f1d830a2ddd338ab4_s

お正月は

お雑煮やおせち

おいしいものを

家でゆっくりしながら

食べる・・・

 

そのお正月の後

体重を測って

びっくり?!

 

そんな経験ありませんか?

 

調査によると

4人のうち3人が

正月太りの経験があり

その増加体重は

平均2.2kgというデータも

あるそうです。

 

私も

そんな経験が

幾度となくあります(´;ω;`)

 

そんな正月太りにならないために

予防できる対策

調べてみました。

 

スポンサーリンク


正月太りの原因とは

4d0e198bd24003d274003c5c6b21de0e_s

 

 

年末年始になると

目白押しなのが

「忘年会」

「クリスマス料理」

「おせち料理」

「お雑煮」

など たくさんの行事があって

美味しい料理が

たくさんありますよね。

 

そんな中でも

特に注意しなければならないのが

この3つです。

 

『忘年会時のアルコール』や

『塩分の多量摂取』

『おせち料理の食い溜め』

 

これらには特に気を付けてください。

 

これらに共通するもの…

 

それは

『糖質』

なんです!!!

 

特におもちは

半分が糖質…

恐ろしいですよね…

 

また、摂取するものだけでなく

休みでだらだら動かない生活も

関係してきます!

 

では、どうしたらいいのでしょうか。

 

太りにくいお雑煮の具材とは

 

93f9ee8a93cdde1e69042bb7d2a47f59_s

 

お雑煮のお餅は

固めの方が好きですか?

それとも

やわらかくなるまで

煮込んだ方が

好きですか?

 

お雑煮を食べても

太りにくくするためには

固めのお餅のお雑煮の方が

いいそうです。

 

理由は

お餅は糖質が多く、

やわらかくなると

吸収が

速くなってしまいます。

 

消化吸収のスピードが速い

ということは

血糖値が急激に上がる

ことにつながります。

 

血糖値が急激に上がると

インスリンというホルモンが出て

血糖値を下げる働きをします。

 

ですが、

インスリンが

脂肪細胞に働きかけてしまうと

栄養を入れて

太ってしまいます。

 

結果

 

固めのお餅のお雑煮の方が

やわらかく煮込んだお餅のお雑煮より

太りにくい

 

です。

 

 

GI値というのがあります。

 

これは

食後血糖値の上昇度を

示す値です。

 

カロリーが高い食品でも

GI値がひくいものであれば

太りにくい

ということになります。

 

そんなGI値が高いお餅が入った

お雑煮を太りにくくする具材は

ネバネバ食材です。

 

ネバネバ食材とは

「とろろ」

「オクラ」

「メカブ」

「ナメコ」

など

ご想像の通り

ネバネバした食材です。

 

これらは

このネバネバで

糖質を包み

消化吸収を

抑えてくれます。

 

とろろは

おいしくて

おススメです。

 

他の具材としては

血糖値を押さえてくれる

食物繊維がたくさん入っている

カブ

784db9afc58d1d1e3ce629e766811448_s

 

GI値が低い

鶏もも肉

b756765e465042894b34f5d11f0310be_s

 

炭水化物の代謝を高めてくれる

栄養素がはいっている

ねぎ

73b86e591dba21090402753decf7b265_s

 

などが

おススメです。

 

スポンサーリンク



 

お雑煮を食べるタイミング

朝食で

低GIの食品を食べるようにして

昼食で

お雑煮を食べると

インスリンの分泌が

抑えられるそうです。

 

お餅の食べ合わせ

きなこ

あんこ

海苔

大根おろし・・・

 

焼いたお餅などを

食べるときに

いろいろなものを

一緒に食べると思います。

 

きなことあんこは

高GIです。

 

ですので

太りやすいため

注意が必要です。

 

海苔と

大根おろしは

食物繊維が豊富なので

血糖値の上昇を

緩やかにしてくれます。

 

海苔と大根おろしは

お餅との食べ合わせに

おススメです。(^▽^)/

 

肥満予防にもなるおせち料理とは

おせち料理に

食べ方の順番を注意することによって

肥満予防になります。

 

食べる順番としては

食物繊維が多く含まれる料理



タンパク質が多く含まれる料理



糖質が多い料理

 

という順番に食べるのが

おススメです。

 

食物繊維が多く含まれる料理

竹の子煮

しいたけの含め煮

なます

 

タンパク質が多く含まれる料理

さわらの西京焼き

八幡巻き

数の子

 

糖質が多い料理

栗きんとん

黒豆

伊達巻き

 

正月太りを抑えてくれる調味料とは

正月太りを抑えてくれる調味料は



です。

 

酢が使われている

代表的なおせち料理は

なます

ですね。

 

お酢の中に含まれている

酢酸やクエン酸が

代謝を活性化し、

血糖値を下げてくれる

働きをしてくれます。

 

高GIの食品を食べる前に

ぜひ

お酢を使った料理を

食べていただくのが

いいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

せっかくのお正月です。

 

少し注意することで

正月太りを

防げます。

 

暴飲暴食はいけませんが、

楽しいお正月過ごしませんか?

 

スポンサーリンク



 

あなたにおすすめの記事

・ 初詣に行くならココ!東海で行きたいおすすめ縁結びスポット5選

・ タリーズの2016年の福袋中身公開!ドリンクチケットがお得

・ ドトールの福袋は予約可能!お得なコーヒーセットを並ばずゲット

コメントを残す

サブコンテンツ