スキンケア

秋もそろそろ深まってくるころ、お肌の対策はどうしてますか?朝起きて、しっとりしていない肌はきっと乾燥しているはず!そして顔を触るとパサパサ感が・・・

夏の潤いを取り戻した~い!(*´Д`)

そんな貴方に今回は肌の潤いを取り戻す最強のスキンケアをご紹介しますっ!

スポンサーリンク


そもそも乾燥肌ってどんな状態?

「乾燥している肌」とはズバリ、「水分」と「油分」が足りない状態のこと。湿度が低くなるこの季節は、

外へドンドン水分、油分が出て行ってしまいます。それらを逃がさないために最も大事なことは、表皮の外側を覆っている「角質層」を壊さず、(ラップと同じ0.02mmの薄さ)水分、油分をキープすることなんです!

肌が乾燥するということは、その角質層が壊れやすい状態になるということなのですね~。そのことを頭に入れて、まずは肌にとってしてはいけないことから見てみましょう。

 

肌に良くないことって?

①刺激の強いスキンケア用品を避ける

肌に良くないこと、それは直接肌に刺激をあたえることです。強い洗浄成分の入ったクレンジングやアルコール成分などの刺激の強い成分の入った化粧水や美容液はなるべく避けて、天然素材のものを選ぶようにしましょう。

 

シャボン玉 ビューティーソープ 100g 3個入り
シャボン玉 ビューティーソープ 100g 3個入り

 

そして必ず適量を肌に使用するようにしましょう。

②スキンケア時の「摩擦」に注意!

洗顔や、スキンケアを行う際にも力を入れずに、優しく行うのが肌にとって有効です。クレンジング化粧水をコットンに含ませてゴシゴシ・・なんていうのはもってのほか!

クレンジングはクリームかジェルタイプを選んで優しく肌を引っ張らない程度にマッサージしながらメイクや汚れを落としていってください。

クレンジング

③水圧の強いシャワーを浴びない

シャワーのお湯も勢いよく体にあてていませんか?それって案外刺激が強いんです!顔に直接・・なんてぜ~ったいにやめてくださいね。

できればシャワーヘッドをなるべく温水の出る穴が小さく、やわらかいお湯がでるものに変えられるといいですね。

 

カクダイ 低水圧用マッサージストップシャワヘッド 356-705
カクダイ 低水圧用マッサージストップシャワヘッド 356-705

 

お湯の温度にも気を付けてください。37℃~39℃くらいにするようにしてくださいね。(・ω・)ノ

 

潤いを取り戻す洗顔方法とは?

①クレンジングにはコレ!

オイルクレンジングは、強い洗浄成分が含まれていて、肌の弱い人や乾燥肌にはあまりおススメできません。成分表示を気にして、刺激の少なそうなクリームタイプやジェルタイプのものを選べば大丈夫だけれど、できればミルクタイプが一番おススメです。

でも、目元のメイクが落ちにくい時など部分的にオイルクレンジングを使うことはアリです。

ママバター クレンジングミルク 130g
ママバター クレンジングミルク 130g

 

②洗顔にはコレ!

まず洗顔とは、肌に付着した汚れをとることと、余分な油分をおとすこと、が目的です。そのためには、「洗顔石鹸」を使いましょう。

通常の洗顔料より洗浄成分が低く、天然由来の成分で作られている為肌への刺激が小さく済みます。

③乾燥肌への洗顔にはコレ!

さらに乾燥肌や敏感肌の人には、ぬるま湯だけで顔を洗うことを強くおススメします!別に敏感肌でなくても、ぬるま湯洗顔は、顔の汚れを落とし余分な油分だけをとってくれるのでまたとない洗顔方法です。洗浄成分を使わないので、角質層にダメージを与えません。

あとは、自分でゴシゴシ顔をこすって洗わなければOKです!

私も朝はコレを実践してます。洗顔料みたいに洗った後の爽快感は今一つだけど、日中の乾燥は以前より感じなくなりました。(^-^)

 

スキンケア3

 

では、次の項目から、洗顔後のスキンケアなどを見ていきましょう!

スポンサーリンク


乾燥肌のスキンケアその4 入浴時のポイント!

①お風呂の温度は体温よりやや高めで

体温より5℃以上高めのお風呂だと、潤いに必要な皮脂まで徐々に落としてしまいます。

これを防ぐ為に、温度はだいたい37℃~39℃までに設定しましょう。寒く感じるときはお風呂場を暖める工夫をしてね。

 

②湯船に保湿剤を入れて浸かる

湯船に浸かるときは、保湿剤を入れて39℃以下の湯船に10分~20分程度入るようにしてください。

乾燥肌、敏感肌の人は、湯船に粗塩や米ぬかなどを入れて浸かれば同じような保湿効果を得ることができます!

コラージュ Dメディパワー 保湿入浴剤 500mL (医薬部外品)
コラージュ Dメディパワー 保湿入浴剤 500mL (医薬部外品)

 

③体を洗うときは固形せっけんで!

ボディソープは多くのものに石油系合成化学物質が含まれていて、肌に刺激を与えてしまいます。なので、特に乾燥肌の人は固形せっけんを使用して体を洗うようにしてください。

低刺激でなおかつ過剰に皮脂を洗い落とす心配もありません。
純植物性シャボン玉 浴用 3個入り
純植物性シャボン玉 浴用 3個入り
だけど、体を洗うものは、肌に優しい手ぬぐいなどを使用してくださいね。肌の弱い人はせっけんを泡立てて、自分の手で洗うこともおススメです。

さらにかゆみなども伴っているような人は、せっけんも使わず、お湯で流すだけでも体の汚れはとれます。皮脂の多い背中や胸のあたりは1日おきに、すねや足の甲など油分の少ないところは、1週間に1度程度の割合で軽くせっけんで洗い流すといいでしょう!

泡立てた石けん

 

乾燥肌のスキンケアその5  洗顔・入浴後のお手入れ

①入浴後のお手入れは?

お風呂から上がって、30分もたつとなんとお肌は、お風呂に入る前よりも乾燥した状態になっています。そのまま放っておくと、ドンドン水分が奪われて行ってしまいます!

そうならないために、お風呂上りの15分までにはスキンケアを行いましょう。体には、ボディミルクで手足を中心に塗りこみます。この時必要以上に揉みこんだり、さすったりする必要はありません。やさしく、包み込むように塗ってください。

乾燥が特に気になる部分には、重ね塗りもしていってください!

タン ボディミルクAW(Aromatic Wood) 320ml
タン ボディミルクAW(Aromatic Wood) 320ml

 

②洗顔後のお手入れは?

【化粧水】

まず第1に化粧水です。でも、化粧水自体に保湿を期待するのではなく、あくまでも保湿の手助けをするものと考えてください。

乾いたスポンジに、洗剤を付けてもなかなか浸透しないのとおなじで、顔も水分を含ませた状態で、はじめてその上につける保湿成分が浸透するようになります。そこで化粧水を手のひらにとり、顔一面にまんべんなく塗った後、浸透をうながすように軽くポンポンと包み込むように叩いてみましょう。

顔をポンポンたたく

【乳液・クリーム】

こちらは、化粧水で水分が整った肌の上に、油分を補ってくれるものです。乳液は、さらに水分を与えるとともに油分が含まれているため、その水分を逃さない膜のような働きをします。適量を指にとり、優しくスーッと顔全体になじませましょう!

クリームは、乳液を塗った後、まだ乾燥が気になるという部分に少量塗りましょう。こちらは乳液に比べ、さらに厚いベールで保湿効果を高めます。

スポンサーリンク



【美容液】

さて、いよいよ乾燥肌にとって救世主の出番です!って、そもそも美容液の働きはどんなものなのでしょう?

美容液はもともと、肌に必要な有効成分を凝縮した形で肌に届ける役割を持っています。乾燥肌の「保湿」に最もよいとされる「セラミド」配合の保湿美容液は乾燥肌にとって最強のアイテムです!

成分が凝縮されているため大量に使う必要はなく、適量を顔全体に塗り、乾燥が気になる部分には、重ね塗りをしてもいいでしょう。
肌をうるおす保湿美容液
肌をうるおす保湿美容液

これら紹介したアイテムは化粧水をベースに、
化粧水 + 乳液(クリーム)→普通肌
化粧水 + 美容液→乾燥肌
化粧水 + 乳液 +美容液→1年中乾燥が気になる肌、のように使い分けましょう。

乾燥肌のスキンケア  まとめ

いかがだったでしょうか?

顔や体を洗った後のお手入れも気が抜けませんねっ!でも、正しいスキンケアを歯をみがくことくらい習慣化すれば、木枯らしの舞う真冬にも乾燥肌とは無縁のプルプルのお肌できっといられるハズ。

さぁ、さっそくこの季節からスキンケア習慣を始めましょう!ヽ(^o^)丿

スキンケア2

スポンサーリンク


【美容に関する記事はこちら!】

女性の永遠の悩み!ダメージヘアを解決する4つの習慣【前編】
女性の永遠の悩み!ダメージヘアを解決する4つの習慣【後編】

爪を健康に保つお手入れ方法とは?家で簡単にできるネイルケア1
爪を健康に保つお手入れ方法とは?家で簡単にできるネイルケア2