// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

ベッドが寒い人必見!冬でもスヤスヤ眠る為の安眠対策3選!

「うぅ~寒い。」

口を開けば思わずこの言葉が出るほど

最近の冬は特に寒い気がします。

 

もう外に出る気なんて

全く起きません(笑)

 

そんな厳しい寒さは

布団に入っても、

勿論変わりません。

 

布団の中が寒いと

なかなか寝付けませんよね?

 

せっかく寝付けても

寒くて途中で目覚める事も・・・

 

そこで今回は、

そんな厳しい冬でもぐっすり眠る

安眠方法をご紹介!

 

これで冬の寒さも怖くありません!

スポンサーリンク


そもそも何故冬は安眠できないのか?

ダウンロード

画像参照元:http://qq4q.biz/pOT5

 

冬は何故安眠できないんでしょう?

 

それは実は体の眠りのメカニズムと

深い関係があるんです!

 

安眠する為には2つの条件を

クリアしなければなりません。

 

1.布団に入る前の体温は高い

2.布団に入ってから適度に体温が下がる

 

この2つです。

 

冬は室温が下がりがちです。

なので布団に入ってしまう前に、

体温が下がってしまう事があります。

 

その結果、1の条件が満たされません。

 

1の条件を満たそうと、

厚着をしてしまうと逆効果。

 

寝ている途中に上手く体温が下がらないので、

2の条件が満たされなくなるんです。

 

どちらか一方を満たそうとすれば、

どちらもダメになる。

 

なんだか人生の哲学のようです(笑)

 

要するに冬はこの2つの条件が

非常に満たされにくい時期なんです。

 

なので、上手く寝付けなかったり、

安眠ができなくなってしまうんです。

 

逆に言えば、

この2つの条件を満たせば安眠できるんです!

 

今回はこの2つの条件にまとを絞って、

安眠方法を紹介していきたいと思います。

 
寒い冬でもぐっすり眠る為の安眠対策その①

布団に入る前に暖かい飲み物を飲む

ee7496957f86ddafeb33b22dc76c5c7c

画像参照元:http://macaro-ni.jp/6878

 

寒い冬でもぐっすり眠る為の

安眠対策その①は、

「布団に入る前に暖かい飲み物を飲む」

です。

 

暖かい飲み物を飲んで、

体を芯から暖めましょう。

 

芯から体を暖める事で、

布団に入る前に体温が下がる事を

防いでくれます。

 

オススメなのはホットミルクです。

tea3

画像参照元:http://qq4q.biz/pOT7

 

ホットミルクは体を芯から

暖めてくれるだけじゃありません。

 

牛乳に含まれる成分が作用して、

より睡眠効果を高めてくれるんです!

 

お家に牛乳がある方は、

就寝前にホットミルクを飲む事をオススメします!

 

できるだけ体温を高めて、

布団の中に入って下さい。

 

と、その前に布団に入る時は

どんな恰好をしていますか?

 

部屋が寒いからって、

厚着していませんか?

 

厚着は実は安眠の大敵なんです!

スポンサーリンク


寒い冬でもぐっすり眠る為の安眠対策その②

パジャマは厚着しない

jamelah-e.-640x395_R

画像参照元:http://qq4q.biz/pOTa

 

寒い冬でもぐっすり眠る為の

安眠対策その②は、

「パジャマは厚着しない」

です。

 

冒頭でもお伝えしましたが、

パジャマの厚着してしまうと

体温が下がりにくくなります。

 

お部屋が寒いからと言って、

パジャマの厚着は

絶対にやめましょう

 

折角暖かい飲み物を飲んで体温を高めても、

体温を下げれないと意味がありません。

 

どうしても寒さが気になるようでしたら、

靴下を履くようにしましょう。

 

靴下を履くだけで、

寒さはかなり軽減されます。

 

また、厚着している訳ではないので、

体温もキチンと下がってくれます。

 

とにかく厚着はやめましょう。

 
寒い冬でもぐっすり眠る為の安眠対策その③

毛布は掛け布団の上に敷く

028-e1417161485223_R

画像参照元:http://qq4q.biz/pOTc

 

寒い冬でもぐっすり眠る為の

安眠対策その③は、

「毛布は掛け布団の上に敷く」

です。

 

毛布の素材はとても

熱がこもりやすいんです。

 

毛布を掛け布団の下に敷いていませんか?

それをしてしまうと、

なかなか体温は下がりません。

 

毛布は掛け布団の上に敷きましょう。

 

「掛け布団の上だと意味ないじゃん!」

と、思われるかも知れません。

 

しかし、

充分効果はあります!

 

掛け布団の上でも十分暖かくなります。

嘘だと思ってやってみて下さい。

 

きっと予想以上の暖かさに驚く筈です。

 

そして、毛布に直接肌が触れる事が無いので、

熱がずっとこもってしまう事はありません。

 

なので、適度に体温が下がっていきます。

 

安眠において体温を下げるのは

とにかく重要なんです!

 

毛布に肌は触れないようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上が冬でもぐっすり眠る為の

安眠対策方法になります!

 

とにかく

布団に入る前はできるだけ暖かく!

そして

布団に入ったら体温を適度に下げる

この2つをしっかりと守れば、

必ず安眠できます。

 

この2つをしっかり守って、

冬でもぐっすりと眠りましょう!

スポンサーリンク



【あなたにオススメの記事】

睡眠の質をグっと高めてくれるグッズをまとめてみた!

眠れない時はこれで安眠!?ぐっすり眠れるツボ対処法

睡眠不足もこれでバッチリ解消!?睡眠の質を上げる5の方法

ストレスと上手に付き合おう方法!思考チェックで回避方法を知る

冬にマスクをつけた時の保湿効果は?マスクにまつわる疑問を解明

コメントを残す

サブコンテンツ