// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

静電気を簡単に除去する方法 !「バチッ」とならない予防と対策とは

イメージ3

日中はまだ暑くても夜になると急に寒く
なってきて、空気のベトベト感が一気に
サラっと乾燥し始めます。

そうなると、とたんに「バチッ」という
あの嫌な音と感覚が蘇りますね。

そう、あのいまいましい静電気です!

今回は、静電気がなぜ起こるのか?
どうすれば起こらなくなるのか?
予防ってできるのか?
といったお悩みに、回答します!

スポンサーリンク


1.静電気の起こる仕組み

静電気を除去するためにはまず、静電気
とは何か?から知る必要があります。

①摩擦帯電(まさつたいでん)

なんか小難しい漢字が並びました。

これは物をこすり合わせたときに発生する
静電気のことです。

簡単に言うと子供のころ、髪の毛を下敷き
にこすりつけて髪をびゃ~って持ち上げて
遊んだアレです。

これは何となく感覚でわかりますね。

スリッパでずるずる床を歩いたりしても、
静電気がたまっていきますよ!

 

②剥離帯電(はくりたいでん)

これまた難しい感じのオンパレード。

でも意味は簡単。

剥離、つまり元のある状態から何かを剥が
そうとすると、静電気が帯びるということ。

これは、マフラーや服を脱ぐ時「バチッ」
っていうアレです。

これもドンドン体に静電気がたまって行きます。

そしてこのたまった静電気が人の手等を通
じて電気を通しやすいドアノブや取っ手に
触ると「バチッ」と静電気が放電されるのです。

 

イメージ4

 

2.静電気の除去方法

 

①地面や木のドアなどを触る

たまった静電気は外に放出しないといつも
通電しやすい金属などに触るたび嫌な思いをします。

そこで静電気を放電するために、外出時に
は壁のコンクリや、地面、木といったもの
を触るといいでしょう。

室内では、ドアの木の部分やクロスを触ってもOKです。

 

②なぜ除去されるのか?

ではなぜ、ドアの金属部分を触ると痛い
思いをするのに、その周りの木を触っても
大丈夫なのでしょうか?

それは単純に、その物質が持つ通電のしや
すさ
によるのです。

つまり、電気を通しやすい金属は大量の電気
を通すので、瞬間的に私たちから静電気が
放出されます。

その衝撃があまりに大きいので、あの
「バチッ」という音とともに激しい痛みも
感じるのです。

逆に、土や木などの自然物は徐々に電気を
流すため、刺激を伴わずに放電されるのです。

 

3.静電気の除去グッズ

 

①放電効果のあるキーホルダー

これは、ガソリンスタンドによくある静電気
除去パッドと同じような原料で作られています。

 

ぺんてる 静電気除去グッズ ビーシェイプ ホワイトパール パール&ブルー EASB3-9
ぺんてる 静電気除去グッズ ビーシェイプ ホワイトパール パール&ブルー EASB3-9

これは電気を流しにくい樹脂の中に、導電
性のある物質を混ぜて作られています。

これを自分がドアノブを握る前にタッチ
させると、そこから静電気が放出され、
その後自分が握っても大丈夫なようになります。

静電気防止

②静電気防止スプレー

これは主に衣服にかけるものが主流ですね。

 

静電気防止スプレー 無香料 160ml
静電気防止スプレー 無香料 160ml

リンスのような保水成分が主原料で、水分
を逃しにくくして帯電を抑えます。

後は、同じような原理でハンドクリームも有効です。

クリームを塗ることで静電気の帯電が抑え
られ、手指からの静電気の放出を和らいで
くれます。

 

スポンサーリンク



 

4.身近でできる静電気の予防・注意事項

 

①湿度を高くする

湿度を高くすることで、空気中の水分に電
気が放出されます。

すると体に静電気がたまらなくなるので、
静電気放出の恐怖から解放されます!

湿度は50%~60%を目安に
加湿器をうまく使いましょう!

外気の湿度が40%を切ってくると静電気が
起こりやすくなります。

その時期は大体毎年10月頃です。

 

②近い素材のものを重ね着する

衣服の素材には、「+」に帯電しやすいもの
と「-」に帯電しやすいものがあります。

つまり、「+」と「-」はくっつき易いので
素材がかけ離れているもの同士だと、どう
しても静電気が発生しやすくなります。

それを防ぐためには、なるべく同じ素材の
服を重ね着するか、天然素材100%のものを
着れば静電気は貯まりにくくなります。

 

静電気イメージ

 

③静電気防止の注意事項

乾燥しているときに、不意にドアノブなど
触る際には、必ず指先ではなく手のひら全
体で握る
ようにしましょう。

指先は敏感な部位なので、放電のショックが
大きくなります。

手のひらは指に比べて湿気も含み、全体の
面積も広くなるので、放電してもそのショ
ックは指に比べて穏やかなものとなります。

また、ゴムやガラスなどは電気を通さない為、
金属類を触る前に触っても効果はありません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

とにかく、静電気のショックを和らぎたけ
れば、土や木、紙など自然素材のものに触る
ことを心がけましょう!

また、服を脱ぐ前に手を洗い体に水分を付
着させておくことなども大事です。

静電気防止キーホルダーをいつも身につけ
ておくのもいいでしょう。

これから本格的な乾燥を迎える季節を前に、
ちょっと頭の片隅に静電気防止の予防と対策
を入れておくと便利だと思います!

静電気女の子

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ