// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

春分の日は「おはぎ」より「ぼた餅」?お彼岸に用意する理由

春分の日 ぼた餅

 

もうすぐ春分の日ですね。

 

日曜日に被っていると

振替休日が設けられるので、

プチ旅行が楽しみになりますが、

春分の日といえばお彼岸です。

 

お彼岸の日はお墓参りが

慣習となっていますが、

あなたはきちっと行っていますか?

 

私は単純に休みの日ということで、

楽しんでいます。笑

 

きちっと行く方ならお供え物に

ぼた餅を用意する人が多いと思いますが、

あなたはなぜぼた餅を用意するのか

ご存知でしょうか?

 

正直私は分からなかったですね。

 

また秋分の日もお彼岸になりますが、

このは「おはぎ」を用意するみたいです。

 

なぜ春分の日はぼた餅を用意するのか?

なぜ春分の日と秋分の日は違うのか?

 

今回はこの疑問について

一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク



 

春分の日は「おはぎ」より「ぼた餅」?お彼岸に用意する理由

そもそもお彼岸っていつなの?
 

お彼岸という言葉は

聞く機会は多いですが、

実際にいつ頃かを知っている人は

少ないかもしれません。

 

事実私は知りませんでした。笑

 

調べてみるとお彼岸の定義は

以下の通りになっています。

 

 
お彼岸
 

春のお彼岸と秋のお彼岸の

年に2回のお彼岸が設定されている。

 

 
春のお彼岸

春分の日(3月20日〜21日頃)の

祝日を真ん中にした前後3日間、

計7日間の期間。

 

秋のお彼岸

秋分の日(9月22日〜24日頃)の

祝日を真ん中にした前後3日間、

計7日間の期間。
 

秋分の日もお彼岸の中日として

設定されているのですね。

 

7日間もあるなんて知りませんでした。

 

祝日となる日は固定されていないので、

お彼岸の日は毎年少しズレていきますが、

だいたい3月と9月の下旬を

お彼岸として過ごすことになります。

 

 

お彼岸の日は分かりましたが、

なぜこの時期がお彼岸として

設定されているのでしょうか?

 

次の項目で確認しましょう。

 

春分の日は「おはぎ」より「ぼた餅」?お彼岸に用意する理由

お彼岸が決められた理由は?
 

お彼岸の言葉に使われている「彼岸(ひがん)」

仏教用語で「極楽」を意味しています。

 

いわゆる「あの世」ですね。

 

そして私たち生きている人間がいる世界を

「此岸(しがん)」と呼んでいます。

 

いわゆる「この世」です。

 

仏教の世界では

「彼岸(ひがん)」は西に位置し、

「此岸(しがん)」は東に位置している、

と考えられているのです。

 

春分の日と秋分の日は太陽の動きが

真東から昇り、真西に沈むので、

「彼岸(ひがん)」と「此岸(しがん)」が

最も通じやすいと考えられています。

 

いわゆるご先祖様と

会いやすい日ということですね。

 

ご先祖様と会いやすくなるので、

この時期にお墓参りを行い、

改めて供養するという目的で、

春分の日と秋分の日を中日とした

計7日間をお彼岸として設定したのです。

 

ちなみに春分の日と秋分の日は

昼と夜に時間がほぼ同じです。

 

こういう日はスピリチュアル的にも

エネルギーが均等になるので、

始まりの日でもあると言われています。

 

参考:

春分の日は実はスタートの日?意味やスピリチュアルを大紹介

 

以上がお彼岸が決められた理由です。

 

では春分の日の行事食として

なぜ、ぼた餅が用意されるのでしょうか?

 

次の項目から確認していきましょう。

 

スポンサーリンク


 

春分の日は「おはぎ」より「ぼた餅」?お彼岸に用意する理由

ぼた餅は邪気を払う食べ物?
 

春分の日になると

ぼた餅がお供え物として

使われることが多いですね。

 

なぜぼた餅が使われるのか?

 

それは小豆の赤い色には

邪気を払う効果があると

信じられていたからです。

 

小豆の歴史は非常に古く、

「古事記」や「日本書紀」にも

その名前が登場していました。

 

中国などでも昔から

赤い色というのは生命の色であり、

魔除けの効果があると

言われていたのですね。

 

その為、宮廷行事などでも小豆が出され、

一般庶民にも言い伝えと同時に

小豆が広まってったのです。

 

お彼岸の日には先祖が極楽へ行けるように、

その邪魔者となる邪気を払う目的で、

小豆を用いたぼた餅が使われているのです。

 

ちなみに秋分の日では

「おはぎ」が用意されますが、

ぼた餅とほぼ同じみたいですね。

 

 

春分の日は「おはぎ」より「ぼた餅」?お彼岸に用意する理由

「ぼた餅」と「おはぎ」の違いは?
 

ぼた餅もおはぎも

小豆ともち米を用いている

同じような食べ物になります。

 

違いと言えば以下の通りですかね。

 

ぼた餅・・・こしあん

おはぎ・・・粒あん

 

ほぼ同じようですね。

 

 

ただ呼び名に違いがあるのは

それなりの理由があります。

 

春には「ぼた餅」を用意しますが、

ぼた餅と呼ばれる由来には

春に咲く「牡丹」

関係していると言われています。

 

春にお供えする物だから

春にちなんだ形と名前にしているのです。

 

対して秋分の日に用意する「おはぎ」ですが、

こちらは秋の花である「萩(はぎ)」

関係しています。

 

なので厳密な違いをまとめると、

「粒あんorこしあん」

「牡丹に似てるor萩に似てる」

ということになります。

 

最近売られている物ですと、

「おはぎ」という表記が多いですが、

実はこんな違いがあったのですね。

 

まとめ

 

お墓まいりと言えば

お盆のイメージが強いのですが、

実は春分の日もお墓まいりの

時期だったのですね。

 

何気なく過ごしていた祝日も

いろいろな意味があってびっくりします。

 

他の行事の意味も調べてみると、

色んな発見はあるかもしれませんね!


スポンサーリンク


 

あなたのオススメ記事はこちら!

アルコールを一番早く抜く飲み物とは?【この差って何ですか?】

新社会人の貯金は意味が無い?今から考えたいお金の賢い使い方(前編)

ゴボウは便秘改善だけじゃない?食物繊維に期待できる様々な効果

雛人形の相場ってあるの?雛人形の価格や選ぶポイントを徹底確認

コメントを残す

サブコンテンツ