今年も早いものでもう3月ですね。

これまでも様々な行事が通り過ぎて行きましたが、3月はホワイトデーが有名ですね。後もう一つ国民の休日として、春分の日があります。どうしてもホワイトデーに話題を持って行かれがちなので、春分の日の意味を知っている人は少ないのではないでしょうか?

雑学は知れば知るほど人をあっと言わせることができます。いざという時の為に、今回は春分の日がどんな日なのか確認しましょう。

 

スポンサーリンク


春分の日の意味やスピリチュアルを大紹介!

春分の日っていつ?

春分の日は毎年3月に訪れる国民の祝日です。

一年を通して昼と夜の時間が同じになる日が春と秋にありますが、その内の春に当たる日が、春分の日と言われています。

秋には秋分の日がありますよね。

春分の日は法律で定められており、通例では3月の20日か21日のどちらか1日が春分の日と決定されます。毎年毎年昼と夜の長さが同じになる日は変わるので、実は具体的な日付は決まっていないのですね。

そんな春分の日ですが、一体なぜ国民の休日として設定されているのでしょうか?

春分の日の意味について見ていきましょう。

 

春分の日の意味やスピリチュアルを大紹介!

春分の日の意味は?

春分の日は元々、明治11年の太政官布告23号で定められた春季皇霊祭に由来しております。

この日は「皇」という文字がある通り、皇族の儀式が行われた日でした。どんな儀式だったかというと、ご先祖様を祀る為の儀式です。現在の法律では「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」と定められていますね。

この意味がついた理由に、実は春分の日はお彼岸の中日にあたることが関係しています。お彼岸といえばお墓まいりです。春分の日と秋分の日はお日様が真西に沈む時期で、極楽浄土が一番近くなると言われています。なのでこの時期に先祖を供養すると、極楽に行けると思われているのです。

お墓参りはほとんどの人が野外で行うものです。先祖を供養する為に野外に出ると、春めいてきた気温や湿度、お花の匂いや色など、無意識でも自然の変化を感じることができますね。なので春分の日の意味として、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という言葉が用いられているのです。

春分の日にこのような意味が有るなんて、これまで考えたこともなかったです。国が定めている祝日には、それぞれの意味が存在しているのですね。

では、このような行事が有るのなら、それに則した食事も有るのでしょうか?

次の項目で確認しましょう。

スポンサーリンク


春分の日の意味やスピリチュアルを大紹介!

春分の日にも行事食がある?

行事食ですぐに思い浮かぶものは、「お正月のお餅や七草粥」ですね。

実は春分の日にも行事食は存在します。それは「ぼた餅」です。

 

was0015-049

なぜぼた餅なのか?

ぼた餅に使われる小豆の赤色には、災難から身を守る効果が有るとされています。昔の人はこの事を「邪気を払う」と表現していました。なので供養の時にも安全に極楽に行けるようにと、ぼた餅をお供え物として使われていたのです。この風習は江戸時代から続くものです。かなり長い歴史があるのですね。

ちなみに、ぼた餅とおはぎは基本的に同じものとされています。秋分の日にも先祖の供養を行いますが、その時に使うものは「おはぎ」と言われているのです。ほとんど同じものなのですが、「ぼた餅は牡丹に見立てている」「おはぎは萩に見立てている」というように意味合いが異なります。なので違うように呼ばれているのです。

詳しいことはこちらをチェックして下さい!

春分の日は「おはぎ」より「ぼた餅」?お彼岸に用意する理由

そんな春分の日ですが、スピリチュアル的には新しい事を始めるのには最適の日と言われています。

一体どういう事でしょうか?

次の項目で確認していきましょう。

 

春分の日の意味やスピリチュアルを大紹介!

春分の日はスピリチュアル的にスタートの日?
春分の日は、赤道と太陽の通り道である黄道が交わる「太陽黄経0度」を、太陽が通過した日の事を言います。太陽のエネルギーが北と南に平等に降り注いでいますね。春分の日は実は西洋占星術では一年の始まりとされており、マヤ暦でも春分の日を起点にお正月が算出されています。

なので世界の東西を問わずに、始まりや区切りのエネルギーが大きい日と言われているのです。昼と夜の長さがほぼ同じになる春分は、世界各国でも祈りやお祝いの行事が行われています。

日本では「お彼岸でお墓まいり」というイメージが強いですが、これまでの活動を一旦リセットし、新しい事をスタートすると、物事が上手く行くとも考えられているのですね。

 

まとめ

これまで何気なく過ごしてきた春分の日ですが、実は色々な意味があったのですね。今年の春分の日は、何か小さな事でもよいので、新しく始めてみてはどうでしょうか?

意外と上手く行くかもしれないですよ!

スポンサーリンク