アルコール 測定

お酒を飲んだ次の日の仕事ほど、辛いものはありませんね。できればアルコールには早く抜けてほしいものです。

あなたは飲み会がある日はアルコールを抜くために、何か工夫している事はあるでしょうか?ウコンを飲む人が多いかもしれないですが、ちょっとした飲み物で工夫をしている人も多いかもしれないですね。

今回は「この差って何ですか?」でアルコールを早く抜くための飲み物は、何が一番優れていたのか?を検証していたので、改めて確認していきましょう!

スポンサーリンク


アルコールを一番早く抜く方法とは?

100人にアンケートを取った結果は?
まずは一般的にどんな飲み物を意識して取っているのか、一般の人100人にアンケートを取った結果です。

 
3位 トマトジュース
 

伊藤園 理想のトマト (紙パック) 200ml×24本
伊藤園 理想のトマト (紙パック) 200ml×24本

 

お酒を飲んだ後にトマトジュースを飲む人が、100人中17人ほど居ましたね。トマトに含まれるリコピンがアルコールの分解を早めてくれるとの事です。どうやらそういった研究も報告されているみたいですね!

正直私は知らなかったのですが、実際はどうなのでしょうかね?

結果が楽しみです!

 
2位 しじみの味噌汁
 

永谷園 1杯でしじみ70個分のちから みそ汁 赤だし 3食入×10個
永谷園 1杯でしじみ70個分のちから みそ汁 赤だし 3食入×10個

 

アルコールは肝臓で分解されますが、しじみに含まれている「オルニチン」はその肝臓の働きを高めてくれます!

参考:

必見!お酒の二日酔いを防ぐ方法とは?飲み会前に効果抜群な方法

オルニチンの効果は結構有名ですよね!

実際にしじみの味噌汁は効果があるのでしょうか?

 
1位 飲む前に牛乳
 

南日本酪農協同(株) デーリィ 霧島山麓牛乳200ml紙パック×24本入
南日本酪農協同(株) デーリィ 霧島山麓牛乳200ml紙パック×24本入

 

こちらはお酒を飲む前の方法ですね。

牛乳は脂肪分が豊富なので、その脂肪分が胃に膜を張ってくれるとの事です。その結果、アルコールの吸収を抑えると言われているみたいですね!

確かにお酒に弱い人は、ミルク系を飲むようにと言われます。話を聞いていると、効果があるように思えますが・・・

ちなみに私の予想順位は以下の通りです!

ーーーーーーーーーーー

1位 しじみの味噌汁

2位 牛乳

3位 トマトジュース

ーーーーーーーーーーー

次の項目で実際の検証結果を確認していきましょう!

 

アルコールを一番早く抜く方法とは?

アルコールが一番早く抜ける方法は?
結果を確認する前に、まずは実験方法の説明をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・20代30代40代のそれぞれ男女1名ずつ、計6人に試してもらいます。

・飲むビールの量は500ml

・飲んだ後に15分おきに呼気のアルコール濃度を確認。

・飲み始めのアルコール濃度は全員0.35

・アルコール濃度が0.05以下になった時点で抜けたと判断。

・0.05以下になるまでの時間が一番短い方法が、アルコールを抜く為の一番早い方法と判断します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに・・・

何の方法を用いなかった時の0.05以下になるまで時間は、3時間15分でした。

それぞれどんな結果になったのでしょうか?

次の項目で確認していきましょう!

 

アルコールを一番早く抜く方法とは?

3位人気のトマトジュースは?
 

伊藤園 理想のトマト (紙パック) 200ml×24本
伊藤園 理想のトマト (紙パック) 200ml×24本

私の予想も3番目なのですが、実際の結果はどうでしょうか?

ーーーーーーーーーーー

スタート 0.35

15分後 0.22

60分後 0.17

1時間30分後 0.12

2時間15分後 0.05以下

ーーーーーーーーーーー

15分後のアルコール濃度はしっかり下がっていますが、そこからは穏やかになり、最終的に2時間15分でフィニッシュです。

何もしなかったよりは早かったですね!やはりリコピンの効果は大きいのでしょうか?

次は2番目のしじみの味噌汁です!

スポンサーリンク


アルコールを一番早く抜く方法とは?

2位人気のしじみの味噌汁は?
 

永谷園 1杯でしじみ70個分のちから みそ汁 赤だし 3食入×10個
永谷園 1杯でしじみ70個分のちから みそ汁 赤だし 3食入×10個

 

オルニチンがどれだけ効果があるのか楽しみですね!

早速確認しましょう。

ーーーーーーーーーーー

スタート 0.35

15分後 0.16

30分後 0.15

1時間30分後 0.11

2時間後 0.05以下

ーーーーーーーーーーー

15分後にはスタート時の半分と好スタートを切りました!

そこからはトマトジュース同様穏やかになりましたが、最終的には15分早くフィニッシュです。トマトジュースよりは早くアルコールが抜けましたね。

やはりオルニチンの効果でしょうか?

最後に牛乳を確認していきましょう!

 

アルコールを一番早く抜く方法とは?

1位人気の牛乳は?
 

南日本酪農協同(株) デーリィ 霧島山麓牛乳200ml紙パック×24本入
南日本酪農協同(株) デーリィ 霧島山麓牛乳200ml紙パック×24本入

いよいよ1位人気の牛乳です!

膜がアルコールの吸収を抑えてくれそうですが・・・

ーーーーーーーーーーーー

スタート 0.35

15分 0.15

1時間30分後 0.12

2時間30分後 0.05以下

ーーーーーーーーーーーー

15分後はしじみと並ぶ好スタートですが、そのあとは一気に低空飛行し、最終的には一番遅い2時間半後でフィニッシュです。

こちらは予想と反して、一番効果のない方法でしたね。

これで3つが出揃いました!

最終結果は以下の通りです!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

1位 2時間 しじみの味噌汁

2位 2時間15分 トマトジュース

3位 2時間30分 牛乳

ーーーーーーーーーーーーーーーー

結果はしじみの味噌汁が1位でしたね!

私の予想は合っていたみたいです!やはりオルニチンが効果ありなのでしょうか?

しじみの味噌汁が一番だった理由を、次の項目で確認しましょう!

 

アルコールを一番早く抜く方法とは?

しじみの味噌汁が一番の理由は◯◯?
 

しじみの味噌汁が一番の理由ですが、実はオルニチンが理由ではないみたいです!

その理由とは・・・

ズバリ塩分です!

アルコールを飲むと血管内の水分が血管外に流れ出てしまい、血液のアルコール濃度が上がります。しかし、塩分を取る事で、血管内に塩分が水分を引き寄せ、結果的にアルコール濃度が下がる効果があるのです。

とても意外な理由でしたね!

塩分が必要との事なので、しじみの味噌汁でなくても大丈夫です。ワカメや豆腐の味噌汁でも、同様の効果が期待できるみたいですよ!

なのでアルコールを早く抜くためには、お酒を飲んだ後に味噌汁を飲むようにしましょう!

ちなみに・・・・

肝臓の働きを助けてくれるオルニチンですが、効果を期待するためには、しじみを3500個ほど食べないと意味がないみたいです。笑

しじみに夢を見すぎてもダメだという事ですね。

 

 

まとめ

今回は3種類の方法のみの比較でした。

この中では一番味噌汁が効果的なので、お酒を飲んだ後は味噌汁も飲むようにしましょう!

他の方法も一緒に試してみても良いかもしれませんね!

スポンサーリンク



オススメ記事はこちら!

必見!お酒の二日酔いを防ぐ方法とは?飲み会前に効果抜群な方法

にんにくの臭いを消す事ができる飲み物No1は?【この差って何ですか?】