// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

虫歯になりやすい人の原因と対策とは?【この差って何ですか?】

 

虫歯 なり易い人 原因 対策

 

「歯をちゃんと磨きなさい!」

 

子供の時はこんなことで

怒られたりもしましたね。

 

むしろ大人になった今でも、

怒られることはあるでしょうか?笑

 

それだけ歯の健康は

大事だと言うことですね。

 

歯の健康といえば、

気になるのは「虫歯」です。

 

どれだけ歯を磨いても

虫歯になる人もいれば、

歯を磨いていなくても

虫歯にならない人もいますね。

 

この差とは一体何なのでしょうか?

 

そして虫歯になりにくい対策はあるのか?

 

今回はTBSテレビ「この差って何ですか?」

で紹介されていた虫歯になりやすい人、

なりにくい人の差を見ながら、

その原因と対策を確認しましょう!

 

スポンサーリンク



 

虫歯になりやすい人の原因と対策とは?

虫歯になりやすい人となりにくい人の差とは?
 

あなたは虫歯予防の為に、

一生懸命歯磨きをしていますか?

 

私は結構サボり気味だったりします・・・笑

 

でも不思議な事に虫歯には

なったことがありません!

 

何か特別な事をしているのか?

 

いいえ、そういう訳でもありません。

 

不思議ですね。

 

逆に色々と頑張っていても、

虫歯になってしまう人もいます。

 

この差は一体何なのか?

 

前回TBSテレビ「この差って何ですか?」では

次の2つによって差が生まれると

紹介していました。

 

 
① 3歳までの家族との接し方

② 普段の食事のしかた
 

一体どういうことなのでしょう?

 

次の項目から詳しく説明していきます!

 

虫歯 なり易い人 原因 対策

 

虫歯になりやすい人の原因と対策とは?

① 3歳までの口の中の環境が将来を決定する?
 

虫歯の原因となる菌は

俗に「ミュータンス菌」

呼ばれています。

 

このミュータンス菌ですが、

実は私たちが生まれたばかりの時には

口の中に存在していないのです!

 

ではどのように生まれてくるのか?

 

その原因は大人にあると言われています。

 
ミュータンス菌は家族から子供にうつる?
 

実はこのミュータンス菌が

子供の口の中に存在するようになる

感染経路は主に家族です。

 

子供が小さい時って、

もう可愛くて可愛くて

たまらないですよね!

 

そんな時ついついチューーー!っと

してしまう事もあるかと思います。

 

そう、あなたは気付きましたか?

 

 

このチュー!をする行為が、

大人から子供へミュータンス菌を

うつす行為になる訳です。

 

他にも食事を冷ます為にフーフーしたり、

同じ箸やスプーンでご飯をあげる事も

ミュータンス菌をうつす原因となります。

 

どれも子供が可愛くてしてしまう行為ですが、

この行為が将来的に虫歯になりやすいか

なりにくいか、といった差になる訳です。

 

あなたに子供がいなければ

気にする事もないですが、

もし、子供がいた場合は、

意識したほうが良いでしょう。

 

虫歯になりやすい原因として、

この原因はもうどうしようもありません。

 

虫歯になりにくい人は親に感謝しましょう。笑

 

もし虫歯になりやすいと感じても大丈夫です。

 

次の虫歯になりやすい原因は

意識する事で改善する事ができます。

 

スポンサーリンク



 

虫歯になりやすい人の原因と対策とは?

② 食事はよく噛んで行おう!
 

虫歯 なり易い人 原因 対策

 

もう一つの虫歯になりやすい原因として、

食事をあまり噛まずに行う

という事が挙げられます。

 

私たちの口の中は

食事をすると唾液を

分泌するようにできていますね。

 

実はこの唾液の中には、

抗菌作用があるのです。

 

この抗菌作用は虫歯の原因となる

ミュータンス菌に対しても、

しっかりと効果を発揮してくれます。

 

なので噛む回数が少ない食事の仕方は、

抗菌作用が足りていないので、

虫歯になりやすい行為だと言えるのです。

 

もしあなたが虫歯になりやすいと

感じているならば、

普段の食事の時の噛む回数を

意識するようにしてください。

 

一般的には30回ほどが

良いと言われていますね。

 

でも30回って中々大変です・・・

 

私もそんなに噛む事はできません。笑

 

なので食事の時はできるだけ

「噛む」という行為を

意識するようにしてください。

 

それだけで動かし方などが変わってくるので、

自然と噛む回数も増やす事ができ、

唾液の分泌量も変わってきます。

 

またキシリトール入りのガムも効果的です。

 

参考:

健康で居たいならガムを噛め!意外と凄いガムを噛む効果とは

 

キシリトール自体に

虫歯予防効果がありますし、

噛む回数も普段よりは多くなるので、

唾液の分泌量も十分出す事ができます。

 

まとめ

 

子供の時の行為は、

あなた自身がコントロール

できる事ではないので、

あまり気にしないようにしましょう。

 

ただ、後半で話した、

噛む回数を増やすという事は、

今からでもできる事です。

 

もしあなたが虫歯になり易いと

感じているならば、

明日から噛む回数は

意識するようにして下さいね!

スポンサーリンク



 

あなたへのオススメ記事はこちら!

清原和博も悩まされている?若い人でも危ない糖尿病の実態

にんにくの臭いを消す事ができる飲み物No1は?【この差って何ですか?】

ロキソニンの副作用で重大なリスク?安易に使うのは危険なの?

あなたは大丈夫?不眠になるかもしれない5つの悪習慣とは?

コメントを残す

サブコンテンツ