// カスタムヘッダー add_theme_support( 'custom-header' );

WowAppで稼ぐには長文、スタンプが有効?検証結果を大公開

今WowAppの話題で持ちきりだと思います。

テレビなどでは紹介されていないですが、
FaceBook上では有名人が取り上げたりと、
益々反響は広がりそうです。

WowAppが日本に上陸してから約1ヶ月、、、

色々な事が分かってきましたが、一番気に
なるのはやっぱり「どうやったらより
稼げるか?」ですよね。

あなたも試行錯誤しているかと思いますが、
中々収益が上がらない人も多いはず・・・

そんなあなたに少しでも収益がプラスに
なるように、気づいた点を紹介しますね!

基本的な事は以下の記事を参考にしてください!

WowAppで積極的に収益を上げる方法まとめ!2016年

スポンサーリンク


WowAppで収益をあげる為のポイントって?

WowApp とは

早速ですが、私がWowAppで重要だと
思う点は次のとおりです。

 

① ネットワークの数

② メッセージのやり取りの量

③ 広告表示時間

 

ネットワークの数については基本中の
基本だと思うのでここでは割愛しますね。

私が気になったのは
「メッセージの量が収益に反映するのか?」
「広告の表示時間が長ければ、
収益に反応するのか?」という点です。

今回の記事ではメッセージ量について
少し細く見ていきましょう。

 

メッセージ量が収益に反映する?

いわゆる「長文かどうか?」という事です。

やり取りしている文字数が、いつも10
文字程度のユーザーよりも、40文字、
50文字でやり取りをしている方が、
よりアクティブなユーザーだと認識されるかと思います。

短文は流し読みされる事が多いですし、
文字を打つ時間が短いですからね。

この事を考えると、いつも短文の
ユーザーよりも長文で書く方が収益が
上がる可能性があります。

では、実際にどうだったのでしょうか?

結論から言うと、
「収益が上がる可能性は大いにある」
という事が言えます。

まぁどっちつかずな言い方なのですが、、、笑

実際に試してみたのですが、それまでの
やり取りより多少は収益をあげる事が出来ました。

ただ、問題点がいくつか、、、

一つ目が
長文を打つのが面倒くさい!
という点です。笑

まぁそうですよね。

対面で喋っている時も、そこまで長々と
喋りません。

それが文字となると、打つ面倒も伴って、
そんなやり取りしないですね。笑
「じゃあ適当な文でやり取りしたら?」
という意見もありますが、そこが2つ目の
問題点です。

スポンサーリンク



 

2つ目の問題

「収益を故意的にあげると目を付けられる?」
ここはきちっとした定義がないので、
抽象的な表現になるのですが、大体
広告収入が発生する物は、故意的に
操作を行うと、アカウント削除などの対策を取られます。

WowAppも例外ではないような、、、

まぁ管理者がどこまでユーザーを見て
いるのかわかりませんが、コピペなどで
メッセージのやり取りが、平均より早く
なると、エラーとして分かるので、そう
いった所で目を付けられるかもしれません。

あくまでも普通のやり取りの中で、
「長文であれば収益があがるかも、、、」
という事を意識しておくくらいが、
良いかもしれませんね。

この事を踏まえてWowAppの活用法は
「友達や部活動関係などでグループを組んで、
連絡掲示板のような使い方をする」と
収益を効率よく上げる事ができるでしょう。

 

まとめ

 

まだまだ試行段階ですが、今回は
メッセージ量について紹介しました。

収益があがる可能性はあると思うので、
気になる人は少し意識してみてください!

 

WowApp とは

WowApp ダウンロードサイト

 

私と繋がることができるので、
ちょっとしたことでも気軽に
質問することができます!

wowappのような新しい事で成功する為には、
疑問点を次々と潰していく事が重要です。

もちろんネットで検索しても良いですが、
とにかく聞いてみる事も必要!

その為の環境は整えていますので、
どんどん活用してくださいね!

 

スポンサーリンク

2 Responses to “WowAppで稼ぐには長文、スタンプが有効?検証結果を大公開”

  1. shinshin より:

    WowAppのことを調べてこちらにたどり着きました。
    今の時点でWowAppはどんな感じですか?

    • phc92922 より:

      ネットワークはどんどん広がっています。

      実際に出金が確認されていますし、
      アプリ自体もどんどん整備されているので、
      しっかりと作り込まれている印象です。

      ただまだまだ日本でのシェアは低いので、
      これから更に本部が力を入れていく必要性は感じています。

      LINEが強いですね・・・

コメントを残す

サブコンテンツ