雛人形 供養 方法 時期

 

雛祭りといえば、雛人形を飾る習慣が日本には伝統的に存在します。女の子が主役になるこの3月3日を、待ち遠しくしている人も多いのではないでしょうか?立派な雛人形を少しだけしか出さないのは、もったいない気がしますね。

そんな雛人形を長年愛用している人も、いつかは別れの日がやってきます。そんな時あなたはどのように雛人形を処分しているでしょうか?

雛人形の処分する時期や方法は、以外と知られていないですね。

今回はこの疑問について、確認していきましょう。

スポンサーリンク


雛人形は女の子が成人するまで役目を果たす?

そもそも雛人形を飾る意味は何なのでしょうか?

雛人形は元々女児のお祭りです。女児が健康や幸せを願うために、3月3日に雛人形を飾る習慣が根付いていきました。

どうして成長などを願うために人形を飾るのか?それは日本では古来から、人形はある種の身代わりになると信じられていました。丑の刻参りの藁人形も、そのうちの一つですね。雛人形では女児に降りかかる不幸を身代わりとなって受けてもらい、女児が健康で幸せに育つために、飾られるようになったのです。

 

雛人形の歴史は約1000年前

雛人形の歴史を遡ってみると、かなり昔の時代にルーツがある事がわかります。諸説ありますが、平安時代中期に起源があると言われています。

当時の人々は3月始めになると、陰陽師を呼んで無病息災を祓う行事を行っていました。その時に自分の災厄などを人形に託して海や川に流していたのです。

また同時期に女の子の間で流行っていた遊びがあります。その遊びは「ひいな遊び」と言われるものです。「ひいな」とは人形の事で、今でいう「おままごと」みたいなものですね。人形は無明息災を願う行事と共通している点です。

この共通点が長い年月を経て、重なり合うようになったと言われています。そして雛祭りが現在のように女性のお祭りとなったのは江戸時代です。それまではあくまで祓いの行事だったのですが、1629年に幕府の大奥でも雛祭りを行うようになり、一般の人々にも広がっていったのです。

 

身代わりとなった人形はきちっと供養するべき?

そんな雛人形ですが、身代わりとなった物はいつしか処分する必要があります。少し後ろめたい気持ちもありますが、そのまま置いていると本来の役目をきちっと果たしていない事になるのです。身代わりとなった人形は供養される事で、役目を果たす存在なのです。

代々引き継いでいく家庭もありますが、従来では一人の女児に一つの雛人形が形式だと言われていますね。もったいない気もしますが、しっかり感謝する事で人形も安心して眠る事ができるでしょう。

では、いつ頃が供養するタイミングなのか?

スポンサーリンク


雛人形は処分よりも感謝を込めて供養する?方法や時期を大紹介

雛人形の役目は良縁に恵まれるまで?

雛人形は女の子の不幸を身代わりとなって受け続ける存在なので、知るまでは役目があると言われています。ですが、現在では「無事に成長して、良縁に恵まれるまで」が一般的です。つまり、処分する時期は「お嫁に行った時」ですね。

処分する方法は人それぞれです。そのままゴミに出す事も可能ですが、やはり感謝の気持ちを込めてきちっと供養したほうが良いでしょう。今まで頑張って身代わりになってきたのですからね。

では実際に供養するには、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

雛人形の供養方法とは?

お寺の中には、人形の供養を受けてもらえる所も幾つかあります。有名な所ですと、千葉県の長福寿寺ですね。ただ、千葉県にわざわざ出かけるのも大変ですね。

探してみると全国各地に人形供養を受け付けているお寺もありましたので、一度お住いの近くで探してみるのも良いでしょう。人形供養を行っているお寺の一覧は下記のページに記載されています。

http://www.kougetsu.co.jp/kuyou.html こちらを参考にしてみてください。

お寺によっては郵送で受け付けてくれる先もあります。雛人形を供養するタイミングは特に決まっておりません。女性がお嫁にいく事になり、雛人形に感謝を込めて供養したい時に、各お寺に問い合わせてみても良いでしょう。

 

まとめ

たかが雛人形、されど雛人形です。

どうしても保管に困った時もあると思います。そんな時は捨てるのではなく、雛人形に込められた意味を考え直し、感謝を込めて供養してみてくださいね。

スポンサーリンク



オススメ記事はこちら!

記憶力アップのトレーニングは日常生活でできる?心配な人も必見!

みかんの皮の驚くべき再利用法!あなたはどれだけ知ってる?