職場

会社員にとってはある種のご褒美でもある「有給休暇」。自分の好きなタイミングで休みを取れるって、本当に素晴らしい制度ですよね!

法律によって認められた制度なので、声高々に「有給休暇頂きます!」といって、取得したいところです。

ただ口頭で伝える分には良いのですが、メールで申請が必要な会社も、少なくないかと思います。実際私もメールで上長に送らなければいけません。

そんな時ふと疑問に抱くのが、「有給休暇」を略語として書く時、「有給」「有休」のどちらが、正しいのかという事です。文字にして伝えなければいけない時は、こういった事に迷ってしまいますね。

一体、どちらの書き方が正しいのでしょうか?また、意味に違いはあるのか?

今回は有給休暇の略語の書き方や意味について確認していきましょう!

スポンサーリンク

「有給」と「有休」は同じ意味?

普段何気なく使っていたので、特に疑問に感じていなかったですが、有給と有休って読み方は同じなのに、漢字は違っていますね。ここに意味としての違いはあるのでしょうか?

結論から言うと特に大きな違いはありません。

どちらも有給休暇を略した言葉として認識されています。まぁ強引に言うならば、前の二文字をとって有給としているか最初と間の文字をとって有休としているかという違いだけですね。

どちらも新聞やテレビなどで使われることのある略語ですし、辞書で調べてみても、「有給休暇」を指す言葉として載っていますからね。

ただ、人によっては意味の捉え方が変わってくるので、「有休」を使った方が良いとの意見もあります。

 

できるなら「有休」を使うべき?

「有給」という言葉を使ってしまうと、単純に「給料がある」という意味で、考えている人も中にはいます。滅多に無いことなのですが、社会に出ると様々な人が居ますからね・・・

確かに有給休暇を構成している単語は「有給+休暇」になるので、この捉え方も間違っていません。なので略して使うのであれば「有休」が無難かもしれませんね。

ただほとんどの会社では、同じような意味で捉えられます。「有給」と「有休」の違いで休みが取れないとか、給料が発生しない、という事はまずないでしょう。

もしあったら大問題になるので安心してくださいね。

ただ口うるさい上司に有給休暇を申請する時もあるかと思います。

もし普段の仕事を見て上司が細かい事にうるさいと思うのならば、「有休」を使えば問題ないでしょう。この辺りに関しては、あなた自身で判断するか、先輩とかに聞いてみましょう!

せっかく有休を取ったのなら、充実した一日を過ごしたいですね。

私がオススメする有給休暇の過ごし方は、こちらの記事をチェックしてみて下さい!

平日の有給はどう過ごす?有意義な過ごし方オススメ6選を大紹介!

他に似たような言葉に「年休」という言葉もあるのですが、この言葉は意味が違うのでしょうか?

次の項目で確認していきましょう。

スポンサーリンク

年休も同じような意味?

実は「有休」も「有給」も「年休」も全て同じ意味だと言われています。

なぜなら「有給休暇」が「年次有給休暇」の略語だからです。この単語を見ても分かる通り、全ての文字が含まれていますね。なので、年休も言ってしまえば「有給休暇」と同じ意味になるのです。

ただし、年休という言葉は会社によっては「有給」「有休」と違って、使い分ける可能性が高い単語です。実際私の会社でも「年休」という単語は、少しニュアンスが違っていましたね。

その意味とは「会社が保証する一年間の休暇」になります。私の前の会社では「年休を最低2日間取得するように」という指示が流れていました。会社からの指示だったので「有休」とはちょっと意味が違うのかな?と感じてしまいましたね。

ただ、あくまで意味は一緒です。

自分自身で休む日は決めないといけないですし、年休だからといって、給料が発生しないなんて事は絶対にありえません。何だか色々な言葉があって、少し戸惑ってしまいますね・・・笑

結局一番無難なのは、そのまま使う事かもしれません。

 

結局は「有給休暇」が一番無難?

口頭で伝える時は、略して使う事が多いですが、文面で申請する場合は、変に略さずに「有給休暇」と正式名称で書くのが一番かもしれません。(一番の正式名称は年次有給休暇ですが・・・)

略してしまうと人によって捉え方が変わってしまいますからね。

文面だと書き終わってから一度読み直す事もできます。

読み直した時に「誤解が発生しないか、分かりやすいか」という事を念頭に置いて確認しましょう。

それだけで、伝わり方が変わってきますよ!

 

まとめ

日本語ってやっぱり難しいですね・・・

変な誤解を生まない為にも、略語はできるだけ避けたほうが良いかもしれません。

どうすれば良いか迷った時は、正式名称で書くようにしましょう。

最後に・・・

LINE@を完全無料で運営中です♫
記事の内容をみて「もっと知りたい!」「こんな記事を見たい!」と思った人は、
個別にやり取りさせてもらいますので、友だち追加をして下さい♪
また、恋愛相談なども受付中です。
顔が見えない存在だからこそ言える本音を、全てぶちまけて下さい!

お陰様で1500人突破!!

友だち追加

スポンサーリンク

あなたへのオススメ記事はこちら!

【社会人必見】上司とのカラオケで失敗しない最低限のマナー

カラオケで今でも歌う90年代ソング!ベスト10!